なぜ芸術の「技術」は普及しにくいのか

レオナルド・ダ・ヴィンチの科学的手法

ルネサンス時代で有名なレオナルド・ダ・ヴィンチは、自身の著で「科学と芸術の融合」を唱えていました。
どうやら彼は、科学的な手法を芸術分野に持ち込むことに熱心だったようです。ダ・ヴィンチは長い間、本職が画家ではなく、建築や土木の設計、工事監督をやっていたことがありました。

 

また設計だけでなく、数学にも非常に強く、ほかに天文学や音楽なども得意だったようです。
画家というのはいつの時代でも生計を立てるのが難しいようで、ダ・ヴィンチも例外ではありませんでした。彼は一時、戦争の参謀として自身を売り込んだこともあるくらいです。彼は非常に多彩な能力を持っていたことで知られています。

 

ところで科学的手法とはどういう意味でしょうか?

 

 

科学は再現性を重視する

科学と芸術の大きな違いに、再現性という問題があります。
再現性というのは、簡単にいうと「この方法をほかの人が真似すればまったく同じことができる」というものです。

 

2014年に、ある科学分野の博士がSTAP(スタップ)細胞という特殊な細胞を発明したことで話題を呼びました。
しかし後に、この細胞は存在しなかったことが明らかになり、これもマスコミその他が大きく取り上げ、大きく話題を呼びました。

 

何が問題だったのかというと、スタップ細胞を発明したら、まずは論文でスタップ細胞の作り方を詳細に解説します。
次にそれを読んだ世界中の科学者たちが、その論文に書いてあるとおりに実験を行い、同じようにスタップ細胞が完成すれば「この論文は正しい」となるのです。完成しなければ「間違い」です。

 

当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、実はこれこそが多くの人が「科学」の意味を暗黙のうちに理解している証拠なのです。同様のことを芸術分野で発表しても、意味がありません。
たとえば有名なピアニストが、ピアノの弾き方を解説して「このようにすればみんな私と同じように弾けますよ」といったところで、誰も真似できないでしょう。

 

科学というのは「何かを行うプロセス」が最も重視され、基本的には「同じことをやればみんな真似できる」こととなります。

 

一方、芸術というのは真似できないスキルに価値を置くことが多いです。つまり「天才のあの人にしかできない」からこそ、彼は芸術家だと呼ばれるのです。
誰にでも真似できるようであれば、それはたいした能力じゃない、という考え方です。
たった一人にしかできないからこそ価値があります。科学の再現性とは対極にある概念です。

 

 

再現性のある美術スキル

美術や音楽なども芸術分野に関しては、再現性のあるスキルや教育法を、多くの人は知りません。そもそも学校でそういった教育を受ける機会がないからです。
美術の学校や美術教室に行けばそういう教育が受けられるかもしれませんが、数学や英語のスキルはふつうの学校で十分身につくのに、なぜか芸術分野は、なすがままにしているとほとんど身につかないのは困ったものです。

 

科学の論文と同じように、「誰もがそのようにやったらうまくなれる」というような手法が、芸術分野にもあります。これを習得するのがこのウェブサイトの目的です。
このウェブサイトでは「ただたくさん練習すればうまくなる」とか「うまくならないのはお前に才能がないからだ。どうしようもない」というようなことは絶対にいいません。
数学の教育と同じく「これを身につければこのスキルが身に付く」というだけです。もちろん勉強をサボれば身につかないのは、数学と同じですが。

 

 

楽しいかどうかは考えない

なぜか学校で行われる芸術分野の勉強は「楽しむこと」を重視しているようです。しかしこれはほんとうにそのようにすべきでしょうか?
数学のスキルを身につけるのに、数学が楽しいかどうかなどとは考えません。私たちは小学校や中学校で、「数学の勉強を楽しむべきだ」とは教えられてきませんでした。
楽しいかどうかではなく、ただスキルを身につけさせるのが目的なのです。試験ではただ、スキルが身に付いたかどうかだけを見ます。数学の勉強は苦痛だったという人のほうが多いのではないでしょうか。

 

しかしながら「勉強は苦痛でも将来役に立つ」というのが数学や英語の勉強なのです。そしてこれは将来、実際に役に立ちます。

 

ところで美術や音楽に関しては、「好きなものを描け」「好きな歌を歌え」といいますが、これは数学などの勉強の指針とは明らかに異なっています。
もし芸術分野の教育が数学や英語と同じように重視され、必ず身につけるべきで将来役に立つと思われているなら、まず生徒に好きなことなどやらせずに、ひたすらスキルの習得のみやらせるでしょう。生徒が楽しいかどうかなど考えもせずにです。

 

そしてそれは多くの人が望んでいることではないでしょうか。
私は小学生の頃、絵がとても下手でした。写生大会などで、廊下にみんなの絵が貼りだされたりすると、皆が私の絵を指して「こいつの絵が一番下手だ」などといわれたりしたものでした。

 

うまくならないと、楽しくないのです。私は絵が苦手だったので、美術の時間は苦痛でした。

 

正直言えば当時、好きなものを描くかどうかなどどうでもよくて、とにかく絵がうまくなる方法を教えてほしかったのを覚えています。
その練習が苦痛だったとしても、もしそのやり方で絵がとてもうまくなれるのであれば、私は美術の時間に満足していたでしょう。

 

これからこのウェブサイトで述べることは、難しいこともたくさんあります。
そしてこれを読んでいる人たちが「楽しいかどうか」というのはまったく考えていません。正直、勉強自体はかなり苦痛かもしれません。
しかしとにかく上達することだけを考えています。楽しいかどうかではなく、絵がうまくなればそれでいいとお考えなら、きっとこれからの解説はあなたを満足させるでしょう。

お知らせ

2017/7/29(土)「関西創作系オフ会」を開催いたします。ご参加お待ちしています。

関連ページ

絵を描くための「技術」を学ぶ
絵が上手くなるためには特殊な才能が必要だと思われがちですが、教育・学習しだいで誰でもある程度まで上手くなれます。ここではそういった技術を「誰でも身につけられる」ことを目標にします。
このサイトの目的
このサイトでは何も見ずに正確に人体を描くことを目的とします。何かを見ながら正確に写す「模写」とはまったく目的が異なり、必要とされるスキルも全然違います。
要求されるスキル
この講座では何も見ずに人物が描けるようになること、つまり創作を目的としています。創作に必要な能力は、模写の能力とは少し異なります。
正しい線を追求する
この講座で最初に目指すべきことは、正しい輪郭線を描くことです。ただし紙の上に正確に輪郭線を描くためには、立体的に物体の構造を把握できたほうがいいでしょう。
理論で線を描画する
デッサンの腕を上げるために、大量にポーズ集を暗記する方法がありますが、時間がかかるので、数値で計算する方法をやっていきます。必ず必要な手法ではありませんが、知っていると便利です。
正確な線は1本しかない
輪郭線は現実に存在しない架空の線ですが、理屈上は、正しい輪郭線は1本しかありません。時間の短縮も目的にあり、可能であれば最初から正確な線を1本だけ描けるようになってください。
正確さの精度
正確に描くためには、その目的に合った手法を選ぶ必要があります。正確さと速度は反比例する傾向があるため、自分の目的に応じて技術の使い方を調整してください。
キャラクターの描き方を学ぶ
この講座ではキャラクターの描画を目標にしています。本当にリアルな人物画を描こうとする場合は、物足りないかもしれません。
勘に頼らずに描く方法
人物画の模写や創作をするためには、さまざまな理論や知識があったほうが有利になります。直感以外の部分に多く頼るようにすれば、生まれつきの才能やカンがなくてもうまく描けるようになります。
サンプリング法と数値計測法
サンプリング法と数値計測法とは、私が勝手に名づけた美術の手法です。それぞれ長所や欠点がありますので、目的に応じて参考にしてください。
サンプリング法
実際に何かを見ながら描く方法を、私は「サンプリング法」と呼んでいます。
数値計測法
このサイトで主に扱っている方法で、定規を使ったり、スキルと根性があれば3DCGなどを使い、人体統計などを参考にし、計算して描いていく方法です。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会