このサイトの目的

正確に人体を描く

このウェブサイトの主要な目的の一つは「正確に人体が描けるようになること」です。

 

ここで間違わないでほしいのですが、正確に描くのが目的であって、上手く描くこととは少し違います。
美術に限らず芸術というのはいろいろな表現のしかたがあって、必ずしも正確にそのまま写し取ることがうまいとは限りません。
あえて長さを実物よりも変えたり、大げさにゆがめたり、現実には存在しない色を使って表現の幅をふやすことが可能です。
そういった絵は、たとえばpixiv(ピクシブ)のようなイラストサイトを見てもよくわかります。

 

しかしながら、多くの美術の初心者は、まずは複雑な表現を試みる前に「正確に描く」という非常に基本的なところでつまずきます。
正確に描画するのが必ずしも最重要項目ではないのですが、多くの人は本能的にこの欲求を持っており、私達は多くの場合、正確に描画しようとしてそれがうまくできないと、不愉快になります。

 

正確さ以上の高度な表現はずっと後で学ぶことにして、まずはとにかく「正確に描画する」ことを目標にしましょう。
すでに正確に描画するスキルを持っている人は、このウェブサイトの前半は読み飛ばしてもいいでしょう。

 

 

人物画はごまかせないジャンルの一つ

風景画や抽象画など、美術にはさまざまなジャンルがありますが、ここではまず「人物画」を目指します。

 

理由の一つとして、人物画は非常に正確さが要求される分野であり、なかなかごまかしのききにくい分野でもあります。
風景画ですと、たとえば樹木や草などは自然物なので、割と自然界にはでたらめに配置されており、数ミリ単位での「正確さ」はあまり要求されません。
長さや配置、色などを少々「間違えて(参考にした風景と長さが違って)」も、おかしな絵とは見えません。

 

これに対し、人間の体というのはかなり精密に出来上がった物体であり、たとえば手の長さを紙面上で数ミリ長く描きすぎると、たちまち不自然な絵に見えてしまい、私たちは大変不快な思いをします。
特に顔面パーツに関しては私達は眼が肥えており、目を描く位置を数ミリ間違えるとおかしな絵になってしまいます。
このように寸分の間違いが許されないようなところにこそ、技術が必要だと思われます。

 

風景画などについてはこのサイトではあまり触れません。
ただし遠近法については徹底的に解説します。遠近法(パース)に関しては、自然物では間違ってもあまり不自然には見えませんが、建築物でこれを間違うとやはり不自然でおかしな絵になってしまいます。
建築物などをたくさん描画するときには遠近法のスキルについてはその章をお読みになるといいでしょう。

 

お知らせ

2017/7/29(土)「関西創作系オフ会」を開催いたします。ご参加お待ちしています。

関連ページ

絵を描くための「技術」を学ぶ
絵が上手くなるためには特殊な才能が必要だと思われがちですが、教育・学習しだいで誰でもある程度まで上手くなれます。ここではそういった技術を「誰でも身につけられる」ことを目標にします。
なぜ芸術の「技術」は普及しにくいのか
科学の論文は、誰でも同じことをやれば同じ結果が出せることが期待されます。それと同じように、誰がそれをやっても同じくらいのクオリティが出せるような美術手法を目指していきます。
要求されるスキル
この講座では何も見ずに人物が描けるようになること、つまり創作を目的としています。創作に必要な能力は、模写の能力とは少し異なります。
正しい線を追求する
この講座で最初に目指すべきことは、正しい輪郭線を描くことです。ただし紙の上に正確に輪郭線を描くためには、立体的に物体の構造を把握できたほうがいいでしょう。
理論で線を描画する
デッサンの腕を上げるために、大量にポーズ集を暗記する方法がありますが、時間がかかるので、数値で計算する方法をやっていきます。必ず必要な手法ではありませんが、知っていると便利です。
正確な線は1本しかない
輪郭線は現実に存在しない架空の線ですが、理屈上は、正しい輪郭線は1本しかありません。時間の短縮も目的にあり、可能であれば最初から正確な線を1本だけ描けるようになってください。
正確さの精度
正確に描くためには、その目的に合った手法を選ぶ必要があります。正確さと速度は反比例する傾向があるため、自分の目的に応じて技術の使い方を調整してください。
キャラクターの描き方を学ぶ
この講座ではキャラクターの描画を目標にしています。本当にリアルな人物画を描こうとする場合は、物足りないかもしれません。
勘に頼らずに描く方法
人物画の模写や創作をするためには、さまざまな理論や知識があったほうが有利になります。直感以外の部分に多く頼るようにすれば、生まれつきの才能やカンがなくてもうまく描けるようになります。
サンプリング法と数値計測法
サンプリング法と数値計測法とは、私が勝手に名づけた美術の手法です。それぞれ長所や欠点がありますので、目的に応じて参考にしてください。
サンプリング法
実際に何かを見ながら描く方法を、私は「サンプリング法」と呼んでいます。
数値計測法
このサイトで主に扱っている方法で、定規を使ったり、スキルと根性があれば3DCGなどを使い、人体統計などを参考にし、計算して描いていく方法です。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会