要求されるスキル

要求されるスキル

見たものをそのままそっくりに紙に描写することを「模写(もしゃ)」と呼びますが、ここでは模写のスキルは重視しません。
そうではなく、「何も見ずに人体を描けるようになる」ことを目標とします。理由はいくつかありますが、現在需要が多いと思われるキャラクターの描写においては、ふつう私達はいちいち目標とするキャラクターのポーズをしている人の写真を用意したりしないと思われるからです。

 

キャラクターを描く場合、多くの人は何も見ずに白い紙にササッと下書きを始めます。
絵の初心者にとってはなぜこんなことができるのか不思議に見えるかもしれません。しかしこれらは練習で身につけることができますし、計算で求めることもできます。ここで解説するのはこのようなスキルです。

 

ここでは「何かを見ながらそれを写し取る」ということは目標にはしません。
しかしながら、キャラクターを描くときでも、目標とするキャラクターのポーズと同じポーズの人物の写真をどうにかして用意して、それを写し取るという方法もあるのです。
面倒そうですが、実は現在はそれほど難しくはありません。自分でそのキャラクターと同じポーズをして、スマホなどのカメラ機能で写真を撮り、それを見ながら描けばいいだけです。
現在は高度なペイントソフトもあり、写真を裏に敷いてそれを上からなぞって絵を仕上げることもできます。
このように模写によって絵を書いていく方法を私は「サンプリング法」と呼んでいます。これについてはまた別のところで解説します。

 

(サンプリングというのは「サンプルを取る」という意味で、コンピューター音楽などで現実の楽器の音を録音し、それをパソコン上で再現して作曲するなどの意味で使われます。いずれにしても想像で作るのではなく、現存するものをそのまま取って仕上げるという意味です)

 

また模写のスキル(あるものをそのまま写し取る技術)と、想像や計算で描写するスキルはかなり違うもので、大部分は共通点がありません。
なので今から解説する技術は、模写の技術がなくてもできるのです。

 

多くの人は小学校の美術で、目で見た風景画をそのまま写し取ろうとして、何度も失敗した経験があるでしょう。
長さが狂ってしまい、そのために配置もおかしくなってしまったり、よくあることです。

 

しかし想像や計算で描く方法は、何か見たものをそのまま写し取るのとはやっていることが違います。
模写で重要な能力は、一度目で見たものを紙に投影し、それを忠実に再現すること、いわば視覚的記憶能力に依存します。

 

これに対し、想像、特に計算を用いて描く場合、視覚的記憶よりも物体の構造や、それぞれの関係性などの理解が重視されます。
構造や仕組みを理解することで、視覚的な記憶力に不足があっても補うことができます。

 

また構造や働きを理解することで、最終的には表現の幅が増えます。後半の章で解説しますが、身体機能をよく理解することでその肉体は何をしようとしているのかとか、どんな感情でそのポーズをしているのかとか、高度な表現に必要な知識でもあります。

 

まったく模写スキルがゼロでは上手く描けないのですが、あまり上手く模写ができなくても心配しないでください。

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

絵を描くための「技術」を学ぶ
絵が上手くなるためには特殊な才能が必要だと思われがちですが、教育・学習しだいで誰でもある程度まで上手くなれます。ここではそういった技術を「誰でも身につけられる」ことを目標にします。
なぜ芸術の「技術」は普及しにくいのか
科学の論文は、誰でも同じことをやれば同じ結果が出せることが期待されます。それと同じように、誰がそれをやっても同じくらいのクオリティが出せるような美術手法を目指していきます。
このサイトの目的
このサイトでは何も見ずに正確に人体を描くことを目的とします。何かを見ながら正確に写す「模写」とはまったく目的が異なり、必要とされるスキルも全然違います。
正しい線を追求する
この講座で最初に目指すべきことは、正しい輪郭線を描くことです。ただし紙の上に正確に輪郭線を描くためには、立体的に物体の構造を把握できたほうがいいでしょう。
理論で線を描画する
デッサンの腕を上げるために、大量にポーズ集を暗記する方法がありますが、時間がかかるので、数値で計算する方法をやっていきます。必ず必要な手法ではありませんが、知っていると便利です。
正確な線は1本しかない
輪郭線は現実に存在しない架空の線ですが、理屈上は、正しい輪郭線は1本しかありません。時間の短縮も目的にあり、可能であれば最初から正確な線を1本だけ描けるようになってください。
正確さの精度
正確に描くためには、その目的に合った手法を選ぶ必要があります。正確さと速度は反比例する傾向があるため、自分の目的に応じて技術の使い方を調整してください。
キャラクターの描き方を学ぶ
この講座ではキャラクターの描画を目標にしています。本当にリアルな人物画を描こうとする場合は、物足りないかもしれません。
勘に頼らずに描く方法
人物画の模写や創作をするためには、さまざまな理論や知識があったほうが有利になります。直感以外の部分に多く頼るようにすれば、生まれつきの才能やカンがなくてもうまく描けるようになります。
サンプリング法と数値計測法
サンプリング法と数値計測法とは、私が勝手に名づけた美術の手法です。それぞれ長所や欠点がありますので、目的に応じて参考にしてください。
サンプリング法
実際に何かを見ながら描く方法を、私は「サンプリング法」と呼んでいます。
数値計測法
このサイトで主に扱っている方法で、定規を使ったり、スキルと根性があれば3DCGなどを使い、人体統計などを参考にし、計算して描いていく方法です。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会