正確な線は1本しかない

正しい線とは?

よく美術の授業などで、友達が鉛筆で下書きをするとき、同じ場所を何度もなぞり、たくさんの重なった線を描いているのを見たことがありませんか?あるいはあなたもいつもそのようにして描いているかも知れません。
これはプロの画家も使う方法で、何かといいますと、近くにたくさんの線を描画することで、「この中のどれが正しい線か」を探るのに役に立つのです。

 

まったく何も書かれていない白紙をにらめつけて「どこが正しい線だろう」と想像するのは困難ですが、「たぶんこのあたりだろう」という所に何本も線を引き「この中からどれが正しい線だろう」と選択するのは容易です。

 

たくさん下書き線を引き、その中の1本もっとも正しいと思われる線を見つけ、最終的にはその線だけ残してほかは消すわけです。

 

しかし最終的には1本の線だけ残すのであって、要するに本当に正しい線は1本しかないのです。
このやり方はほかにも何本も線を描きますが、それは正しい線がどこなのかわからないからそうするのであって、最初の一発目から正しい線の位置がわかっていれば、何本も線を引く必要はありません。最初から本線を1本描けばそれで終わりです。無駄な時間を費やす必要はありません。

 

漫画のページなどの上に薄い紙を載せると、紙に透けて下の漫画のページが紙にうっすらと見えます。この状態で下の漫画の線を丸写しすることを「トレース」などといいますが、こうやって丸写しするときは何本も線を描いて下書きしたりはしません。最初から完全に正しい線がわかっているからです。

 

これから解説する方法は、計算によって最初から正しい線を見つけられるようにします。なので何本も線を引いて下書きをする必要はありません。
2,3本くらいは引いてもいいのですが、あまりたくさん引き過ぎないようにしてください。時間の無駄です。計算にそこそこ時間をかけるので、線を引くときにも時間を使う必要はありません。

 

線そのものは太くても細くてもかまわないのですが、線自体は1本しかありません。これは「正しい位置、輪郭部分は一つしかない」ということを意味します。

関連ページ

絵を描くための「技術」を学ぶ
絵が上手くなるためには特殊な才能が必要だと思われがちですが、教育・学習しだいで誰でもある程度まで上手くなれます。ここではそういった技術を「誰でも身につけられる」ことを目標にします。
なぜ芸術の「技術」は普及しにくいのか
科学の論文は、誰でも同じことをやれば同じ結果が出せることが期待されます。それと同じように、誰がそれをやっても同じくらいのクオリティが出せるような美術手法を目指していきます。
このサイトの目的
このサイトでは何も見ずに正確に人体を描くことを目的とします。何かを見ながら正確に写す「模写」とはまったく目的が異なり、必要とされるスキルも全然違います。
要求されるスキル
この講座では何も見ずに人物が描けるようになること、つまり創作を目的としています。創作に必要な能力は、模写の能力とは少し異なります。
正しい線を追求する
この講座で最初に目指すべきことは、正しい輪郭線を描くことです。ただし紙の上に正確に輪郭線を描くためには、立体的に物体の構造を把握できたほうがいいでしょう。
理論で線を描画する
デッサンの腕を上げるために、大量にポーズ集を暗記する方法がありますが、時間がかかるので、数値で計算する方法をやっていきます。必ず必要な手法ではありませんが、知っていると便利です。
正確さの精度
正確に描くためには、その目的に合った手法を選ぶ必要があります。正確さと速度は反比例する傾向があるため、自分の目的に応じて技術の使い方を調整してください。
キャラクターの描き方を学ぶ
この講座ではキャラクターの描画を目標にしています。本当にリアルな人物画を描こうとする場合は、物足りないかもしれません。
勘に頼らずに描く方法
人物画の模写や創作をするためには、さまざまな理論や知識があったほうが有利になります。直感以外の部分に多く頼るようにすれば、生まれつきの才能やカンがなくてもうまく描けるようになります。
サンプリング法と数値計測法
サンプリング法と数値計測法とは、私が勝手に名づけた美術の手法です。それぞれ長所や欠点がありますので、目的に応じて参考にしてください。
サンプリング法
実際に何かを見ながら描く方法を、私は「サンプリング法」と呼んでいます。
数値計測法
このサイトで主に扱っている方法で、定規を使ったり、スキルと根性があれば3DCGなどを使い、人体統計などを参考にし、計算して描いていく方法です。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会