等分の感覚

直線を2等分する

等分の感覚とは、一つの線を正確に等分することです。
簡単なものからやってみましょう。まず1本の線を引きます。

 

画像:1本の直線
1本の直線

 

そしてこれをちょうど2等分します。

 

画像:1本の直線を2等分する場所をチェック
1本の直線を2等分する場所をチェック
分割した点で、ちょうど2等分になっているでしょうか。定規で測ってみましょう。

 

 

なぜ等分なのか

なぜこのような練習をするのでしょうか。

 

正確に形状を描画するためには、線の長さを正確に描画する必要があります。
ところでこの「長さ」というのは、相対的なものです。相対的に正確であればいいのです。

 

たとえばこのような線があったとします。

 

画像:T字の線
T字の線
これを正確に写し取ろうとした場合、まったく同じ紙に同じ大きさで描く必要はありません。
大きさは違っても、形が同じであればいいのです。形が同じであるとは、この画像の場合、縦の線と横の線の「長さの割合」が同じであればいいということになります。

 

画像:T字の線をもう一つ、大きさの違うもの
T字の線をもう一つ、大きさの違うもの
このように「割合」というものの正確さを考える場合、片方の線がもう片方の線の何倍か、ということが正確さの指標となります。
横の線が縦の線の何倍くらいでしょうか。半分でしょうか。3分の2くらいでしょうか。4分の1くらいでしょうか。

 

 

等分はわかりやすい感覚

1本の線を2等分するというのはかなりわかりやすい指標です。
なぜなら、分割した後の2本の線が「同じ長さかどうか」だけを見ればいいからです。

 

これが「割合」になるととたんに難しくなります。
たとえば「この1本の直線を6対4に分割せよ」となると、正確に分割するのは非常に難しくなります。
6と4の長さがどれくらいかを見るのは、感覚的にわかりにくいものです。

 

もしかすると6対4や7対3などで分割するというのも、訓練すればできるようになるかもしれません。
しかしこれら分割というのは、可能な限り容易に行うことができ、かつ正確であるべきです。不正確になりそうなやり方は避けるべきです。

 

 

使う場所

等分の間隔を使う場所は非常に多いです。

 

たとえば頭部を「描画」するとき、最初に頭部全体の概形を描きます。
次に頭部の縦の長さ(頭頂から顎までの長さ)の半分を眉毛の場所とし、さらに顎と眉毛の半分の場所が口の位置となります。

 

描画だけでなく、たとえば何かの人物画を見たとき、ある部分が別の部分の何倍か、あるいは何割くらいか「測定」することは非常に重要です。その値を元に描画・再現することになるでしょう。

 

美術では通常、大きな部分を最初に描き、次第に詳細部分へ移っていきます。
最初から詳細部分を描き込んでいくと、全体の大きさを間違ってしまいがちで、詳細は正確に描けているのに全体の大きさがおかしい、ということになりがちです。

 

このような「最初は大きく描いて、次第に小さい部分を描いていく」という手順の都合により、長い線を分割するという作業が多く発生するのです。

 

比率を考える場合、等分はよく出てきます。正確に分割できるようにしておいてください。

関連ページ

基礎スキル
美術の基本的スキルの中に、測定と描画の2つの能力が必要です。
倍数の感覚
等分の感覚と逆に、ある線が別のある線の何倍か、というのがすぐにわかったほうが何かと便利です。
3分割・4分割
2分割以上の分割、3分割、4分割などもやってみましょう。
数値計測と等分
分割数が5や7となると、直感で分けるのが難しくなってきます。直感でわからなかったら定規を使ってもいいでしょう。
背景画像の中の比率
分割するときには常に線だけが表示されているとは限りません。後ろにさまざまな画像や線が表示されていると、目の錯覚が起こって長さを取り違えてしまうこともあるので注意しましょう。
異なる角度の測定と描画
2つの線の長さを比較するとき、常に2つの線が同じ方向に伸びているとは限りません。異なる方向に伸びた線の長さの比を出したいことがあります。直感でわからなかったら定規を使いましょう。
曲線の測定と描画
人体の大半は曲線で成り立っているため、実際に描画するのはほとんどが曲線です。長さは直線で測定し、それら直線に従って曲線を描くことになります。
最低限の模写スキル
人体描画に模写は必須のスキルではないのですが、模写のスキルがまったくないと創作描画も難しくなります。最低限必要と思われるレベルの模写の練習をしてみましょう。
全体の基準点・基準線を描く
模写をするときのコツとして、基準となる点や線を先に測定し、紙面上に取っておく方法があります。
全体から描いていく
模写でも創作でも、まずは全体の長さを紙面に取り、それから少しずつ詳細に入っていきましょう。いきなり詳細から細かく描画すると、長さを誤りやすいです。
二重に計測する
長さの計測をするとき、別の基準から二重に計測する方法があります。
詳細を描いていく
概形ができたら次は詳細の描画に入っていきましょう。最初は長い線から描き、次に短い線を描いていくようにします。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会