倍数の感覚

倍数の感覚とは?

等分と逆に、倍数を求めることもよくあります。
倍数とは何かというと、たとえば

 

画像:長い線と短い線
長い線と短い線
ここにある長い線は、短い線の何倍か、というような感覚です。
短い線は長い線の何倍か、を求めるのが「等分の感覚」ですが、その逆ですね。

 

これはたとえば、最初に頭部を描き、次に胴体を描くときに「胴体の長さは頭部の2.25倍」というふうにです。

 

ただしこの倍数の感覚は、正確に長さを出すのが困難な場合が多いです。
2倍ならわかりやすいかもしれませんが、3倍や4倍を定規を使わずに正確に出すのは困難です。

 

そしてまた、倍数を使う場合というのはたいてい、元の線よりもずっと長い線を描くために使用します。
長い線を描くとき、長さを間違って描いてしまうと、その線を基準にしたすべての部分の長さは狂ってしまいます。
正確に描くのが難しい割りに、いい加減に描いてしまうと致命的です。

 

長い線はあまり頻繁に描くものではなく、概形の基準点を取るくらいしか使いません。
なので倍数に関しては、感覚的にやるよりも素直に定規を使って正確に測定したほうがいいでしょう。

 

倍数の感覚については、ここでは練習しないことにします。
感覚に頼るより、定規やデジタルソフトウェアの力を使って、数字で正確に描画しましょう。

 

 

定規が使えない場合

倍数の感覚を求めるとき、定規が使えないことがあります。

 

紙に描画するときは定規を使えばいいのですが、たとえば人物の模写をするとき、元の人物の胴体の長さは頭の長さの何倍か、を知りたいことがよくあります。
直接モデルの人物に定規を当てることはできませんので、見た感じの感覚で倍率を求めることになります。

 

このような場合、倍数ができるだけ小さくなるように基準点を取ってください。

 

画像:人間の概形の線画。腰にベルトをつけている。
人間の概形の線画。腰にベルトをつけている。
このような画像の場合、「胴体が頭部の何倍か」とすぐに考えるより、まず胴体を2等分し、「2等分した部分と頭部の比率はいくらか」と考えます。
あるいはもう少し近い比率の部分を基準点にとります。せめて2対1くらいのところを基準に取りましょう。

 

画像:基準点の取りかた。胴体の2分割の部分と頭部を比較。
基準点の取りかた。胴体の2分割の部分と頭部を比較。
なぜかというと、倍率が大きいほど不正確になるからです。
ある線の2倍の長さを描くより、6倍の長さを正確に描くほうが難しいからです。

 

どうしても倍数の大きい線を描く場合は、写真に取ったりして何とかして定規で測れるようにしましょう。
指や鉛筆で長さの倍率を測る方法もありますが、たいてい正確に測れず、当てになりません。

 

画像:頭部と足の先までの倍率を測定。
頭部と足の先までの倍率を測定。

関連ページ

基礎スキル
美術の基本的スキルの中に、測定と描画の2つの能力が必要です。
等分の感覚
計算して描画するときは線を何等分かにすることが多いので、等分したときに線のどの位置で分割するかがすぐにわかったほうが有利です。
3分割・4分割
2分割以上の分割、3分割、4分割などもやってみましょう。
数値計測と等分
分割数が5や7となると、直感で分けるのが難しくなってきます。直感でわからなかったら定規を使ってもいいでしょう。
背景画像の中の比率
分割するときには常に線だけが表示されているとは限りません。後ろにさまざまな画像や線が表示されていると、目の錯覚が起こって長さを取り違えてしまうこともあるので注意しましょう。
異なる角度の測定と描画
2つの線の長さを比較するとき、常に2つの線が同じ方向に伸びているとは限りません。異なる方向に伸びた線の長さの比を出したいことがあります。直感でわからなかったら定規を使いましょう。
曲線の測定と描画
人体の大半は曲線で成り立っているため、実際に描画するのはほとんどが曲線です。長さは直線で測定し、それら直線に従って曲線を描くことになります。
最低限の模写スキル
人体描画に模写は必須のスキルではないのですが、模写のスキルがまったくないと創作描画も難しくなります。最低限必要と思われるレベルの模写の練習をしてみましょう。
全体の基準点・基準線を描く
模写をするときのコツとして、基準となる点や線を先に測定し、紙面上に取っておく方法があります。
全体から描いていく
模写でも創作でも、まずは全体の長さを紙面に取り、それから少しずつ詳細に入っていきましょう。いきなり詳細から細かく描画すると、長さを誤りやすいです。
二重に計測する
長さの計測をするとき、別の基準から二重に計測する方法があります。
詳細を描いていく
概形ができたら次は詳細の描画に入っていきましょう。最初は長い線から描き、次に短い線を描いていくようにします。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会