数値計測と等分

5分割・7分割……

2分割や3分割の連続で4分割、6分割など出せますが、5分割や7分割はこのような方法では出せません。
なので分割するとなると、いきなり5分割することになりますが、このあたりになってくると、直感で正確に分割するのはかなり難しくなります。

 

 

あまり大きな値は使わない

5分割、7分割程度ならありうる値ですが、13分割や17分割などになると、分割後の長さも非常に小さな値になるため、近くの割りやすい値とほとんど変わらなくなってきます。
たとえば13分割なら12分割と同じ扱いにしても、ほとんど位置は変わりません。

 

これがもっと大きくなり、37分割とか79分割とか、仮に人間の体にそんな割合の部分があったとしても、そんな値はまず使いません。
なので相当に長さの正確さを追求しても、せいぜい13分割程度が限界です。

 

 

数字を出して定規を使う

では5分割や7分割程度の場合、どのようにして分割すればいいでしょうか?
これは私が試行錯誤した結果なのですが、素直に割り算をして、定規を当てて測ったほうがいいと思います。

 

たとえば100センチの長さに対して7分の5の場所を出したいときは、まず100を7で割り、その値に5をかけます。
すると71.4センチになるので、定規で71.4センチのところをチェックすればいいだけです。

 

 

実測値はややこしい値になることがある

私は割合という言葉をよく使いますが、これらは写真などを見て、実際に自分で測定した結果を使っているということです。
なのでもちろん、あなたがほかの写真を見ながら測定し、自分で割合を出してもいいわけです。

 

そういう場合に、ややこしい割合がよく出てきます。
たとえば仮にある写真の人物を測定したとき、頭部の縦の長さが4.5センチで、肩からへその長さが11.7センチだったとします。
すると11.7÷4.5で2.6、つまり5分の13になります。

 

こういう場合、わざわざ5分割して13の位置を直感で出すより、定規で5分の13の長さを出して、素直に定規を当てて線を引いたほうが速いです。

 

 

短い線はあまり細かくなくてもいい

短い線は直感で引いても誤差も小さくなるので、あまり長さに神経質になる必要はありません。
あまり短い線まですべて定規で測っていると、効率が悪くなってきます。

 

たとえば計算上で、ある線の78%の位置をチェックしたいとしましょう。
この場合、78という数字は等分割では出しにくい数値ですが、「4分の3(75%)より少し長い」というようなやり方でもいいのです。

 

ただしこれはあくまで短い線の場合で、非常に長い線を引くときにはわずかなパーセンテージでも大きな誤差になることがあるので注意してください。

 

 

L型定規

話を進めていくと、よく「右に○センチ、そこから上に△センチ」というような表現が出てきます。
紙面上である位置を正確に言い表すためには、このような言い方をすると速くて楽です。ほかに「○○度の方向へ△センチ」という表し方もありますが、こちらは分度器を使わなくてはならないので面倒です。

 

このようなとき、まず定規で真右へ○センチのところを測ってチェックし、そこから真上に△センチのところをチェックするという二度手間ですが、L型定規があると一発ですむので作業が早くてすみます。

 

L型定規はホームセンターで売られていますので、作業に慣れてきて時間を節約したいと思い出したら、これを使うといいでしょう。

 

画像:L型定規(さしがね)
L型定規(さしがね)
三角定規でこれをやろうとすると、ちょうど直角の角のところがゼロ目盛りになっていないため、使いにくいです。
このL型定規なら、角の部分がちょうどゼロになっているので、一発で目的の位置を出せます。

 

このL型定規は大工・製図用の道具の一つで、正式には「さしがね」という道具です。

関連ページ

基礎スキル
美術の基本的スキルの中に、測定と描画の2つの能力が必要です。
等分の感覚
計算して描画するときは線を何等分かにすることが多いので、等分したときに線のどの位置で分割するかがすぐにわかったほうが有利です。
倍数の感覚
等分の感覚と逆に、ある線が別のある線の何倍か、というのがすぐにわかったほうが何かと便利です。
3分割・4分割
2分割以上の分割、3分割、4分割などもやってみましょう。
背景画像の中の比率
分割するときには常に線だけが表示されているとは限りません。後ろにさまざまな画像や線が表示されていると、目の錯覚が起こって長さを取り違えてしまうこともあるので注意しましょう。
異なる角度の測定と描画
2つの線の長さを比較するとき、常に2つの線が同じ方向に伸びているとは限りません。異なる方向に伸びた線の長さの比を出したいことがあります。直感でわからなかったら定規を使いましょう。
曲線の測定と描画
人体の大半は曲線で成り立っているため、実際に描画するのはほとんどが曲線です。長さは直線で測定し、それら直線に従って曲線を描くことになります。
最低限の模写スキル
人体描画に模写は必須のスキルではないのですが、模写のスキルがまったくないと創作描画も難しくなります。最低限必要と思われるレベルの模写の練習をしてみましょう。
全体の基準点・基準線を描く
模写をするときのコツとして、基準となる点や線を先に測定し、紙面上に取っておく方法があります。
全体から描いていく
模写でも創作でも、まずは全体の長さを紙面に取り、それから少しずつ詳細に入っていきましょう。いきなり詳細から細かく描画すると、長さを誤りやすいです。
二重に計測する
長さの計測をするとき、別の基準から二重に計測する方法があります。
詳細を描いていく
概形ができたら次は詳細の描画に入っていきましょう。最初は長い線から描き、次に短い線を描いていくようにします。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会