異なる角度の測定と描画

異なる角度の測定と描画

一つの直線をいくつかに等分割するのは簡単ですが、異なる角度の線が二つあり、これらが互いにどれくらいの割合か知りたいことがよくあります。

 

画像:T字型の線

 

このような場合、横の線は縦の線の何倍でしょうか。
こういう線を測定する場合、たとえば片方の線を図のように、コンパスのように交差点を基準にして回転させたところを想像する方法があります。

 

画像:横の線を、交差点を中心に回転させて縦の線へくっつけた図、くっついている線を強調。
横の線を、交差点を中心に回転させて縦の線へくっつけた図、くっついている線を強調。
人間、同じ長さかどうかを見るのは得意なので、このように交差点を基準に回すことで同じ方向に向け、長さが測れます。
しかしこれはコンパスで行えば正確ですが、人間の目で見当をつけても案外不正確なものです。

 

こういった場合、自信がなければやはり定規などで測定しましょう。
特に長い線を見る場合、直感でやると間違えてしまい、後で大きく狂うことに気づいたりします。
作業工程が進んだ状態で重大な間違いに気づいても、もはや手遅れです。そのようなことはあってはなりません。

 

 

間違ってもいい長さの限度

線というのは間違ってもいい長さの限度があります。
そして直感で線を引いた場合は、線の長さによって、誤差がどれくらい出るかが決まってきます。

 

たとえば1〜2センチ程度の短い線を間違っても、誤差はたいていは1〜2ミリ程度で、1ミリ以下の長さの誤差が出ても全体の形状にはさほど影響しません。

 

しかしたとえば30センチの線を、定規なしで直感だけで紙面上で引く場合、長さの誤差は、下手すれば数センチ程度の誤差が出ます。
これだけ誤差が出ると、全体の形状だけとっても元の形状とは見る影もなくなります。

 

 

遠慮なく定規を使おう!

つまり、直感だけでやると長い線ほど間違えやすく、短い線は間違ってもさほど深刻な事態になりにくいのです。
なので長い線を引く場合、それが後で消すような下書きや目印であっても、必ず定規で引くようにしましょう。

 

逆に、あまり短い線まですべて測定して引く必要はありません。
短い線ほど、直感で等分割したりして位置を決めてもいいのです。

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

基礎スキル
美術の基本的スキルの中に、測定と描画の2つの能力が必要です。
等分の感覚
計算して描画するときは線を何等分かにすることが多いので、等分したときに線のどの位置で分割するかがすぐにわかったほうが有利です。
倍数の感覚
等分の感覚と逆に、ある線が別のある線の何倍か、というのがすぐにわかったほうが何かと便利です。
3分割・4分割
2分割以上の分割、3分割、4分割などもやってみましょう。
数値計測と等分
分割数が5や7となると、直感で分けるのが難しくなってきます。直感でわからなかったら定規を使ってもいいでしょう。
背景画像の中の比率
分割するときには常に線だけが表示されているとは限りません。後ろにさまざまな画像や線が表示されていると、目の錯覚が起こって長さを取り違えてしまうこともあるので注意しましょう。
曲線の測定と描画
人体の大半は曲線で成り立っているため、実際に描画するのはほとんどが曲線です。長さは直線で測定し、それら直線に従って曲線を描くことになります。
最低限の模写スキル
人体描画に模写は必須のスキルではないのですが、模写のスキルがまったくないと創作描画も難しくなります。最低限必要と思われるレベルの模写の練習をしてみましょう。
全体の基準点・基準線を描く
模写をするときのコツとして、基準となる点や線を先に測定し、紙面上に取っておく方法があります。
全体から描いていく
模写でも創作でも、まずは全体の長さを紙面に取り、それから少しずつ詳細に入っていきましょう。いきなり詳細から細かく描画すると、長さを誤りやすいです。
二重に計測する
長さの計測をするとき、別の基準から二重に計測する方法があります。
詳細を描いていく
概形ができたら次は詳細の描画に入っていきましょう。最初は長い線から描き、次に短い線を描いていくようにします。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会