二重に計測する

二重に計測する

さらに正確に位置を取る方法として、ほかの点からも比較しておくというものがあります。

 

画像:模写用画像2。後方の山の右側すそ、中央あたりのへこみ。

 

このチェック点は、山すその全部の長さの5分の2ですが、これだけでは心配なので、全体の半分のさらに半分(4分の1)ではないかと推測を立てました。

 

画像:5分の3をチェック。
5分の3をチェック。
画像:4分の1をチェック。
画像:4分の1をチェック。
計測なしの直感だけだと、4分の1か5分の1かわかりません(4分の1は25%で5分の1は20%)
なので、この中間の値を取ることにしました。

 

画像:2つのチェック点の中間点をチェック
2つのチェック点の中間点をチェック

 

座標系を変える

同じ写真で、山すその左端の位置を測るのに、縦は下から3分の2、横は左から3分の1としました。

 

画像:下から3分の2、左から3分の1。
下から3分の2、左から3分の1。
しかしこれだけでは不安なので、この位置を「画面の左上の端から45度の角度」という情報を入れてみます。

 

画像:45度へ向かって線を引く
45度へ向かって線を引く
縦横の長さのほか、角度の情報も入れることで、より精度が増します。

 

 

極座標とは?

平面状で1点を指し示すときの表示のしかたとして、一つ目に今までのように、縦と横の長さを測るやり方は「XY座標系」といいます。

 

画像:XY座標の概念
XY座標の概念
これに対し、ある場所からの角度とその長さを出すことで位置を特定する方法を「極座標系」といいます。
下の図では、原点から3の長さで45度の位置を示します。

 

画像:極座標の概念
極座標の概念
情報を増やすとより正確さが増します。
画面端からの縦と横の長さに加え、同じく画面端からの直線距離と角度によっても一点を表すことができます。

 

縦と横の長さだけで自身がないときは、たとえば角度が正しいかどうか見てみることで、さらに精度を上げることができます。
角度といっても分度器で計る必要はありません。およそ目で見た感じでも十分です。明らかにおかしいと思ったらやり直したほうがいいでしょう。

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

基礎スキル
美術の基本的スキルの中に、測定と描画の2つの能力が必要です。
等分の感覚
計算して描画するときは線を何等分かにすることが多いので、等分したときに線のどの位置で分割するかがすぐにわかったほうが有利です。
倍数の感覚
等分の感覚と逆に、ある線が別のある線の何倍か、というのがすぐにわかったほうが何かと便利です。
3分割・4分割
2分割以上の分割、3分割、4分割などもやってみましょう。
数値計測と等分
分割数が5や7となると、直感で分けるのが難しくなってきます。直感でわからなかったら定規を使ってもいいでしょう。
背景画像の中の比率
分割するときには常に線だけが表示されているとは限りません。後ろにさまざまな画像や線が表示されていると、目の錯覚が起こって長さを取り違えてしまうこともあるので注意しましょう。
異なる角度の測定と描画
2つの線の長さを比較するとき、常に2つの線が同じ方向に伸びているとは限りません。異なる方向に伸びた線の長さの比を出したいことがあります。直感でわからなかったら定規を使いましょう。
曲線の測定と描画
人体の大半は曲線で成り立っているため、実際に描画するのはほとんどが曲線です。長さは直線で測定し、それら直線に従って曲線を描くことになります。
最低限の模写スキル
人体描画に模写は必須のスキルではないのですが、模写のスキルがまったくないと創作描画も難しくなります。最低限必要と思われるレベルの模写の練習をしてみましょう。
全体の基準点・基準線を描く
模写をするときのコツとして、基準となる点や線を先に測定し、紙面上に取っておく方法があります。
全体から描いていく
模写でも創作でも、まずは全体の長さを紙面に取り、それから少しずつ詳細に入っていきましょう。いきなり詳細から細かく描画すると、長さを誤りやすいです。
詳細を描いていく
概形ができたら次は詳細の描画に入っていきましょう。最初は長い線から描き、次に短い線を描いていくようにします。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会