各BOXを見るときの注意・用語説明

さて、いよいよ体の各部分のBOXと、そこに実際の形がどう入るのかを見ていきましょう。

 

データの精度

これらの長さはすべて人体寸法データベースや、ポーズ写真集などから私が測定し、かつ使いやすいようにデータ化したものです。

 

使いやすいようにというのはどういうことかというと、覚えやすいような比率にしています。
たとえばある部分とそれにつながっている別の部分の長さが6.2センチと12.1センチだとしましょう。
このような細かい値では記憶しにくいので、もう少し覚えやすくするために「6センチと12センチで1:2」というようにみなしています。

 

平均値をあまり細かい精度で記憶するのは簡単ではありませんし、実際紙の上に書く場合はそのままの大きさで描くわけではなく、何分の1かに縮小するわけです。
元の値があまり細かい値だと、縮小するときにも割り算が大変です。それで覚えやすいような値で、しかしできるだけ元の精度を失わないように気をつけた値にしています。

 

 

比率と「モジュール」という概念

これから身体各部の長さについてみていきますが、長さをすべてセンチメートルやミリメートルで全部覚えるのは難しいことです。
細かい値をすべて覚えるのは困難です。

 

そこで実際の長さそのものを覚えるのではなく、比率で覚えることにします。そのほうが覚えやすいです。
とりあえず私が測定してみたところ、およそ6センチメートルを基準に各部の比率出すと、割と誤差もなく各部の長さを出すことができました。
なのでこれからは6センチメートルを一つの単位として説明していくことにします。

 

6センチメートルを「1モジュール」として、長さを説明していきます。
モジュールというのは建築などで使われる基礎単位のことです。たとえば90センチメートルを1モジュールとすると、270センチメートルなら3モジュール、などという呼び方をします。

 

このウェブサイトでは、6センチメートルを1モジュールとします。
なのでたとえば、24センチメートルは「4モジュール」で、21センチメートルは「3.5モジュール」と呼ぶことにします。

 

 

縦・横・奥行きは正面図を基準に

どの方向かを示すとき、たとえば「横の長さ」といっても、どの視点から見て「横」なのかわかりません。
正面から見た「横」と側面から見た「横」は異なります。

 

なのでとりあえず、正面から見た場合の「縦(高さ)、横、奥行き」として説明します。
3DCGソフトではよく「Height(高さ),Width(幅),Depth(奥行き)」などと記述されています。

 

ただ、図の中に長さも記述するので、言葉で説明しなくてもすぐにどこの長さのことかわかると思います。

お知らせ

2017/7/29(土)「関西創作系オフ会」を開催いたします。ご参加お待ちしています。

関連ページ

関節点とは?
骨の位置を把握するためには、関節点の把握が重要です。関節点の位置、回転方向の限界角度などを知っておかなければなりません。
各BOXの特徴
人体の各部分の長さ把握し、関節を回したら、それを元に輪郭線を描きます。輪郭線を描画するときは、三次元的な補助線を描いていくとどこが輪郭線になるか把握しやすくなります。
頭部
頭部は特殊な部分で、マンガやアニメでは特に現実の姿とかけ離れていることも少なくありません。しかしどんな描画をするにしても、目や口などのパーツの位置には一定の法則がありますので、それはしっかり把握しておきましょう。
首は短い部分ですが、実質的な関節点が2つあり、頭部を回転させる重要な部分です。動き自体はあまり複雑ではありません。
胴体(胸部・腹部・腰部)
胸、腹、腰を合わせて胴体を呼ぶことにします。この3つの部分は背骨でつながっているため、関節が回るときは一度に回転します。
腕と肩甲骨
上腕、下腕と腕には2つ関節がありますが、上腕のさらに付け根にもう一つ、実質関節点となる部分があります。これら3つの部分は連動して動きます。
手と指
手のひらと指は、体全体では小さな部分ですが、体の中で最も関節数の多い部分です。描画する機会も比較的多いため、おろそかにはできません。
脚の構造は腕と似ていますが、腕よりも長く太いです。また脚の付け根の関節点は股間の最下部より高い部分にあるので注意してください。
足は手に比べると描画機会が少ないです。人間はよく靴や靴下を履いたりするので、細かく描画することはあまりありません。脚の指自体もあまり複雑な動きはできません。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会