人種の差

よく「日本人は胴長短足、西欧人は脚が長くて胴が短い」などといわれます。どうやら人種によってプロポーションの平均差があるようです。
たまたまロシア人、フィリピン人、日本人のモデル3人の正面写真が手に入ったので、それを元にプロポーションの計測を行ってみました。
これは女性モデルの方を一人ずつ測ってみただけなので、平均値とどれくらい関係付けられるかは疑問が残りますが、参考の一つにしてみてください。

 

 

胴の長さと脚の長さ

まずは胴体の長さ(胸部+腹部+腰部)と、脚の長さ(上脚+下脚+足)の比率を測定してみました。

 

脚の長さ÷胴体の長さ(脚の長さは胴体の長さの何倍か)を出してみたところ、

 

ロシア人女性モデルでは1.5倍
フィリピン人女性モデルでは1.16倍
日本人女性モデルでは1.2倍

 

となりました。ロシア人は、フィリピン人や日本人よりも、割合的に脚が胴体より長いようです。

 

さらに目立った点として、腰部の長さと胸部・腹部の長さに差があるように見えたので、

 

「(胸部+腹部)÷腰部」つまり胸部+腹部の長さは腰部の長さの何倍か、を出してみたところ、

 

ロシア人モデルでは1.47
フィリピン人モデルでは1.77
日本人モデルでは1.69

 

となりました。ロシア人はフィリピン人や日本人より、割合的に腰の縦幅が長く、胸部と腹部は短いようです。

 

こう見ると、日本人とフィリピン人は似たような体型をしているので、二人をまとめて東洋人あるいはアジア人とまとめてもよさそうです。もう少しいうと、黄色人種で一まとめにできそうです(確証はないのですが、体型の分類は、コーカソイド、モンゴロイド、ネグロイド、つまり白人、黄色人種、黒人という3種類に分けるとわかりやすいのかと思いました)

 

西欧人は明らかにアジア人よりもスタイルがいいようです。
どれくらいいいのかというと、胴体の長さが同じで仮に1の長さとすると、アジア人は脚が胴体の1.2倍で、西欧人は1.5倍程度。
また腰部(股間からへそまでの長さ)を1とした場合、西欧人では胸部+腹部の長さは1.5程度で、アジア人は1.7程度、となるようです。

 

この長さをBOXに反映させると、その人種に応じた体型に見えるかと思います。
たとえば西欧人のスタイルのいい人を描こうと思った場合、胸部の縦の長さを4モジュール、腹部を2、腰部を4、上脚を6.5、下脚を7.5といったところでしょうか。

 

ただこれらのデータは、私がスーパーモデルらしき人を計測したものなので、平均的な値ではありません。平均的な西欧人のデータはまた別になるでしょう。
しかし日本人とどれくらい離れているか、という指標にはなると思います。上のデータからすると、西欧人は東洋人よりも脚が1.25倍程度長いかな?という予想がつきます(1.5÷1.2=1.25)
なのでおよそ、日本人の平均の脚のBOX値を1.25倍すれば、およそ西欧人の体型になる、と思われます。

関連ページ

さまざまなプロポーション
今までは私の計測したデータを出していきましたが、これらは多くのデータの一つに過ぎません。自分に必要なデータを取り出す方法を知っておけば、自分でプロポーションを創作するときに役に立ちます。
美術のための人体計測
人体寸法を計測するための方法はいくつかあります。市販のポーズ集を使う方法から自分の体を測定して参考にするなど、いろいろあります。それぞれ特徴がありますので、必要に応じて使いこなしてください。
具体的な計測方法
具体的に計測を行ってみましょう。計測する写真を用意し、できればパソコンで取り込んで画面拡大して計測すると確実です。
プロポーションの創作
人体計測を行っても、それをそのまま使うことはあまりありません。必要に応じて長さを変えて使用しますが、そのときに気をつけるべきことがいくつかあります。
性差・年齢差・個人差
人体寸法においては、性差(男女差)、年齢差、さらに個人差があります。どれくらいの個人差があるか知っておくと便利です。
リアル成人女性のBOX
まずは日本人の成人女性の平均的と思われるデータを示しておきます。
性差
次に成人男性の寸法を示します。成人女性と比較することで、男女の差を明らかにすることができます。
年齢差
次に子供(6歳)の人体寸法を出してみます。年齢による差を把握しておきましょう。特に思春期までは男女でほとんど変化がないので、「子供」というカテゴリーで一括りにして覚えておくといいでしょう。
個人差・体格差
年齢、性別が同じでも、私たちには個人差というものがあります。これがどれくらいの範囲が知っておくと便利です。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会