平面回転のみで描く

前章まででBOXの大きさや関節点について勉強したので、一度これらの値を用いて簡単な人体を描いてみましょう。

 

奥行き回転なしでBOXを描く

まずこの図の箱を見てください。BOXを真正面から見た図です。

 

画像:BOXの正面図
BOXの正面図
真正面から見た場合、BOXの各辺の長さがわかっていれば、そのままの長さを描けばいいわけです。
しかしこれを横にいくらか回転させるとどう見えるでしょうか。

 

画像:BOX正面図とBOXが横に30度回転した図を比較。縦の辺をA,横の辺をB,奥行き辺をCとする
BOX正面図とBOXが横に30度回転した図を比較。縦の辺をA,横の辺をB,奥行き辺をCとする
このようにBOXを回転させると、各辺の長さがわかっていても、見た目の長さは変わってしまいます。
横に回転させても縦の辺Aの長さは変わりませんが、横の辺Bは先ほどよりも短く見えます。さらに正面図では見えなかった奥行きの辺Cが新しく見えてきました。

 

実際に絵を描くときは、絶対的な辺の長さではなく、このような「見た目の長さ」を描かなければならないわけです。

 

しかしこの見た目の長さを計算で求める方法は、少しややこしいので後に回しましょう。
一度にいろいろ説明すると理解しにくくなりますので、今はとりあえず、このような回転のない状態で描くことにします。

 

ところでこのような方向に回転させた場合はどうでしょうか。

 

画像:BOXの正面図と平面回転した図
BOXの正面図と平面回転した図
先ほどは「奥行きを伴う回転」だったので、辺の見た目の長さも変わってしまいましたが、このように「平面的に回転」させた場合は、各辺の見た目の長さは変わりません。
なのでまずは、このような平面回転のみ扱って描いてみます。

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

BOXの描画
最初にBOXの大きさを出します。次にこれらを関節点でつなぎ、ポーズをとらせます。後はそれに沿って輪郭線を描くだけです。
関節点の位置について
関節点はたいてい肉体の中心にありますが、中心にないこともあります。この場合は骨の関節部分と実際の関節点が異なります。自分で関節を曲げて確かめましょう。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会