L型定規

L型定規

中央線を描くとき、横の長さと縦の長さ(X,Y座標)を出して描画するため、定規でこれを測るのは少々手間がかかります。
そこで、この計算をしょっちゅう繰り返す場合、L型定規があると便利です。

 

画像:L型定規(差し金)
L型定規(差し金)
L型定規は三角定規などと違い、金属の角の部分が0になっており、「ある点から横へ何センチ、縦へ何センチ」というのが一発で出せます。

 

L型定規は正式には「差し金」「指矩(さしがね)」と呼びます。ホームセンターなどで売られています。
大工道具の一つで、500円程度で売られています。

関連ページ

BOX理論で縦回転
BOX理論を使って、BOXを縦横と2回回転させたときの描画をしてみます。計算が複雑なので、実際に使う場合は短縮法を使って法がいいかもしれません。
回転の理屈
BOXを1回回転させたときは三角関数を1回掛け算しました。2回回転させたときの長さを求めるには、2回掛け算する必要があります。
複雑な角度のBOX理論の実践
理屈がわかったので、2回回転させるBOXを実践投入して試してみます。今回はかなり急な角度で回転させてみましょう。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会