BOXの中央線のみ描画

BOXの中央線のみ描画

BOXを全部描くのは面倒なので、BOXの中心線のみ描き、いわば「骨格のおよその位置」のみ紙面に描きます。
この中心線の位置や長さだけ数字で計算し、定規を使って紙に描きます。

 

言葉で説明してもわかりにくいので、とりあえず作図してみましょう。
BOXの中央線だけ描いてみます。

 

画像:中央線だけ描いたもの。奥行き回転なし。
中央線だけ描いたもの。奥行き回転なし。
奥行き回転のないものなら、計算せずに長さをそのまま描いていけばいいだけです。
頭部だけは縦横比率を少しでも間違うとおかしくなるので、横の線も描いておきました。

 

これらの中央線は、主に骨の長さを示しています。

 

各部の「太さ」は少々間違えてもあまり不自然には見えません。太さは筋肉や脂肪の量で変化するため、個人差が認められる範囲だからです。
しかし骨の比率的な長さは個人差の少ない部分なので、間違うと非常に不自然に見えてしまいます。ここだけは定規で測って、後はカンでやる、という方法です。

 

 

回転後の中央線の見た目の長さ

回転後の中央線の見た目の長さは、計算で出すことができます。

 

やり方は今まで述べたのと同様です。

 

画像:中央線の回転後の長さの計算のしかた
中央線の回転後の長さの計算のしかた
たとえば最初に、回転前に10センチの横線があるとします。
これを横方向へ30度、奥行き回転させた場合、長さはcos30度を掛け算して0.86倍になります。したがって横方向の見た目の長さは8.6センチです。

 

そしてこの時点で、奥行き方向への見た目の長さは、10センチにsin30度を掛け算するので、5センチとなります。
これを縦方向へさらに45度回転させると、奥行き長さをさらにcos45度掛け算することになるので、約3.5センチ程度となります。

 

これで中央線だけ、とりあえず描くことができました。