奥行きの拡大縮小率を求める

奥行きの拡大縮小率を求める

奥行きのある物体の場合、実測値が同じでも、奥と手前では見た目の長さは異なります。
手前になるほど拡大されて見え、奥に行くほど縮小されて見えます。

 

この「拡大縮小具合」がどれくらいか、直感的に見てみます。

 

何か長さの同じ四角形の物体を用意し、これを奥行き回転させ、手前と奥の長さを測ります。手っ取り早いのは、定規を二つ使うやり方です。

 

画像:定規を二つ使って拡大縮小率を測定。
定規を二つ使って拡大縮小率を測定。
こんな感じで、手前の太さと奥の太さを測り、どれくらい割合的な差があるかを見ます。

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

BOX理論の簡易作図法(短縮法)
美術でいちいち数字を計算するのは面倒なこともあります。そこで数字を使わず、あるいは簡単な計算で長さが出せるような方法を考えてみます。
BOXの中央線のみ描画
BOXの辺を全部描画するのは大変なので、骨の部分に相当する中央線だけ描き、これを参考にして全体の輪郭を描画してみましょう。
数字を一切使わない方法
今までの理論を、数字を使わずにやる方法を考えてみます。
模写で物体の長さを求める
模写するときに鉛筆を持ち、腕をまっすぐに伸ばして対称物体の長さをはかる方法がありますが、定規を使ったほうが正確に測れます。
模写で物体の角度を測定する
実写の風景のどこかの線の角度を求めるときは、水平や鉛直の基準があると便利です。L型定規といっしょに普通の定規で角度を測るとやりやすいでしょう。
奥行き回転後のBOXの長さを求める
BOXの回転後の見た目の長さを求める計算は非常に煩雑でした。これを数字を使わず、直感的に求める方法を考えてみます。
消失点の位置を求める
今見ている風景の中の、どの位置に消失点が来るかを知りたいことがあります。その見当のつけ方をみてみます。
構図を変更する
BOXを縦横と2回回すと、計算が煩雑で面倒になります。計算が面倒なので、いっそ構図を変更し、1回回すだけですむようにするという方法もあります。
さらなる短縮法
短縮法にはいろいろな方法があり、ここで紹介したものも私が考え出したもので、たくさんあるうちの一つに過ぎません。工夫して、自分に合った作図法を考えてみてください。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会