3DCGソフトの使い方

共通要素で説明する

3DCGソフトの選択は、好みや条件によって使っているソフトは人それぞれになりそうです。

 

しかし実は3DCGソフトは、機能の根本的な部分については、どれをとってもあまり変わりません。

 

たとえばポリゴンと呼ばれる「面」をバーチャル空間上に設置していき、これらの集まりで立体を造形していきます。
これらポリゴンの中に「ボーン」と呼ばれる骨組みを設定し、これらを現実の骨と同じように動かし、関節を回転させる、というような部分は、どの3Dソフトでも同じです。

 

特定のソフトにしかない機能はここでは扱わないことにし、ほとんどすべてのソフトに共通な部分のみ取り出し、説明していきます。
なので私と同じソフト(Lightwave3D)を使っていないからといって、説明の意味がわからなくなる、ということはありません。

 

ただし機能制限されているような場合は、自分で再現できないことがあります。
たとえば私がおすすめしている「メタセコイア」というソフトは、フリー版だと「ボーン」の機能はありません。ボーンの機能は有料版(2015年現在、5000円程度)が必要のようです(ボーンを使わなくても、「親子付け」の機能があればBOX理論に応用することはできます。私が試しに使ってみたところ、メタセコイアのフリー版に親子付けの機能は見つけられませんでした)

 

 

基本的な使い方

3DCGソフトを立ち上げ、まず最低限知っておかなければならないと思われることを説明していきます。
画像では私の使っているLightwaveというソフトを使って説明していきますが、ほかのソフトでもやることはほとんど同じです。
細かい操作方法については、お持ちのソフトのマニュアルを参照してください。

 

 

3DCGソフトの使い方を学ぶには?

3DCGソフトにはそれぞれオンラインマニュアルや、付属でリファレンスマニュアルがついていることが多いです。
これらはいわゆる「リファレンスマニュアル」で、ソフトの開発者・開発会社が作ったものです。たいていそのソフトを使うためのすべての機能が載っています。

 

しかしこれらのマニュアルは、すべての機能が載っているだけあって、ものすごい分量であることがほとんどです。
中級〜上級向けソフトだと、数千ページに及びます。
これだけ情報があると、自分の探している情報を探すだけで相当に苦労します。
慣れていれば自分の必要な情報だけ抜き出せますが、初めて使う場合などは非常に疲れるし、時間もかなりかかってしまいます。
こういう場合、初心者向けの実践マニュアルがほしいところです。

 

なので最初は、市販の初心者向けの書籍や、ネット上にある初心者向けのソフトの使い方などを見ながらやるといいと思います。
完成度の点から見ると、書籍のほうがマスターしやすいと思います。

お知らせ

2017/7/29(土)「関西創作系オフ会」を開催いたします。ご参加お待ちしています。

関連ページ

3DCGを使う方法
人間の大まかな輪郭を3DCGソフトで計算させてしまえば、創作人物画に必要な外郭の計算などはまったく必要ありません。試行錯誤もないため、下書きが非常に速くなります。
ソフトの選び方
3DCGソフトは一般的に、イラストソフトに比べて習得難易度が非常に高いです。人物の外郭取りや背景パースの計算をさせるだけが目的なら、安価で習得しやすいソフトを選んだほうがいいでしょう。
BOX理論の計算に必要な3DCGのスキル
外郭をとりたいだけの場合、ポリゴンのつなぎ目であるワイヤーフレームだけレンダリングさせると、手間が少なくて楽です。
BOX理論を3DCGソフトでやる
これまでに話したBOX理論を、3DCGソフトでやってみます。ポリゴンで箱を作り、骨組みを入れて関節のように動かすだけです。ソフトの使い方の詳細は各ソフトのマニュアルを参考にしてください。
背景のパースを作る方法
人間だけでなく、特に背景物体の輪郭を3DCGで印刷してしまえば、パースの面倒な計算を大きく省くことができ、作業時間を大きく減らせます。そのための3DCGの使い方を説明します。
テンプレートデータの配布
BOX理論で使えるデータを用意しましたので、必要であればダウンロードして使ってください。あるいはこれを改造して自分用に作り変えてください。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会