BOX理論の計算に必要な3DCGのスキル

ポリゴンとは?

話をする前に用語の説明をしておきます。

 

空間上に配置される一つ一つの面のことを「ポリゴン」と呼びます。ビデオゲームなどでよく使われる言葉なので、聞いたことのある人も多いと思います。
3DCGに出てくる物体は、ほとんどはポリゴンの組み合わせです。一つの立体に見えるようなものでも、多数のポリゴンを組み合わせた形になっています。

 

画像:ポリゴン
ポリゴン

 

ワイヤーフレームとは?

次に「ワイヤーフレーム」という言葉もあります。これはポリゴンの各辺を見えるようにした状態です。
通常、レンダリング(作ったデータから実際の画像を作る作業)する場合、ライトやカメラの設定をして物体を写しだしますが、その物体のポリゴンの形状、つまりワイヤーフレームだけ写し出す機能があるソフトもあります。

 

画像:通常のレンダリング画像
通常のレンダリング画像
画像:ワイヤーフレームレンダリングの画像
ワイヤーフレームレンダリングの画像
BOX理論を使う場合、3DCGで作った画像を紙に印刷して、上から輪郭線を描いていきます。
このときリアルな形状で画像を出してしまうと、紙面に印刷しても上からは描きにくいです。できればBOXの辺だけ、しかもある程度の薄さで印刷したほうがやりやすいです。

 

なのでポリゴンでBOXを作って画像を作るときは、ワイヤーフレームで画像を出します。
ソフトによってはワイヤーフレームで画像を出せない場合がありますが、この場合はワイヤーフレームが見えるパース画面にし、パソコンのPrint Screen機能を使って画像ソフトにコピーして印刷します。

 

 

基本的な使い方

BOX理論をやるときに必要なスキルは、「ポリゴン(直方体)を作る」「ボーンを入れる」「ワイヤーフレーム画像を印刷する」です。
ソフトのマニュアルを読み、これらのやり方を調べておいてください。どれも非常に基本的な操作なので、初心者マニュアルがあれば載っていると思います。

お知らせ

2017/7/29(土)「関西創作系オフ会」を開催いたします。ご参加お待ちしています。

関連ページ

3DCGを使う方法
人間の大まかな輪郭を3DCGソフトで計算させてしまえば、創作人物画に必要な外郭の計算などはまったく必要ありません。試行錯誤もないため、下書きが非常に速くなります。
ソフトの選び方
3DCGソフトは一般的に、イラストソフトに比べて習得難易度が非常に高いです。人物の外郭取りや背景パースの計算をさせるだけが目的なら、安価で習得しやすいソフトを選んだほうがいいでしょう。
3DCGソフトの使い方
3DCGソフトはいくつか種類がありますが、基本的な操作や概念はどのソフトでも変わりません。私はLightwave3Dというソフトで説明しますが、ほかのソフトでもやることは大差ありません。
BOX理論を3DCGソフトでやる
これまでに話したBOX理論を、3DCGソフトでやってみます。ポリゴンで箱を作り、骨組みを入れて関節のように動かすだけです。ソフトの使い方の詳細は各ソフトのマニュアルを参考にしてください。
背景のパースを作る方法
人間だけでなく、特に背景物体の輪郭を3DCGで印刷してしまえば、パースの面倒な計算を大きく省くことができ、作業時間を大きく減らせます。そのための3DCGの使い方を説明します。
テンプレートデータの配布
BOX理論で使えるデータを用意しましたので、必要であればダウンロードして使ってください。あるいはこれを改造して自分用に作り変えてください。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会