背景のパースを作る方法

パース(遠近の計算)を3DCGでやる

さまざまな物体が背景画像に置かれていて、いちいちすべての物体についてパースの計算をするのは手間がかかります。
3DCGでパースを作れるようになると、これらの計算の手間が省けて非常に楽で、しかも正確です。
漫画家でも3Dソフトを使って、背景のパースだけ計算させているような人もいるくらいです。

 

やり方ですが、ポリゴンで背景となる物体を制作し、バーチャル空間に配置します。
後は先述のBOX理論と同じで、ワイヤーフレーム・レンダリングし、透明度を調整して印刷します。
輪郭などを描き、スキャナで取り込み、ソフト上でワイヤーフレームを消します。

 

別に背景の物体を、すべてしっかりポリゴンで作る必要はありません。
たとえば樹木を描きたいとき、樹木のおよその輪郭を、直方体や三角錐で表現してもいいのです。

 

背景ポリゴンをそのまま最終的な背景画像をとして用いるなら別ですが、およそ位置や大きさだけわかればいいというだけなら、だいたいの形でもかまいません。
後はワイヤーフレームレンダリングし、紙に印刷、下書きしてスキャナで取り込みます。
あるいは紙に印刷しなくても、目的によっては直接ペイントソフトで描いてもいいかもしれません。

 

遠近法はカメラのズーム率やカメラと物体の距離で見え方がかなり変わるので、この辺はいろいろ試してみてください。

 

また背景を3DCGで作り、そのまま背景画像をして使う場合、ライトやマテリアル(物体の表面の質感)などの設定を細かく設定する必要があります。
これはかなり難しいのですが、慣れている人ならかなり作業が速くなるので、やってみる価値はあると思います。

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

3DCGを使う方法
人間の大まかな輪郭を3DCGソフトで計算させてしまえば、創作人物画に必要な外郭の計算などはまったく必要ありません。試行錯誤もないため、下書きが非常に速くなります。
ソフトの選び方
3DCGソフトは一般的に、イラストソフトに比べて習得難易度が非常に高いです。人物の外郭取りや背景パースの計算をさせるだけが目的なら、安価で習得しやすいソフトを選んだほうがいいでしょう。
3DCGソフトの使い方
3DCGソフトはいくつか種類がありますが、基本的な操作や概念はどのソフトでも変わりません。私はLightwave3Dというソフトで説明しますが、ほかのソフトでもやることは大差ありません。
BOX理論の計算に必要な3DCGのスキル
外郭をとりたいだけの場合、ポリゴンのつなぎ目であるワイヤーフレームだけレンダリングさせると、手間が少なくて楽です。
BOX理論を3DCGソフトでやる
これまでに話したBOX理論を、3DCGソフトでやってみます。ポリゴンで箱を作り、骨組みを入れて関節のように動かすだけです。ソフトの使い方の詳細は各ソフトのマニュアルを参考にしてください。
テンプレートデータの配布
BOX理論で使えるデータを用意しましたので、必要であればダウンロードして使ってください。あるいはこれを改造して自分用に作り変えてください。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会