テンプレートデータの配布

テンプレートデータ配布

私が制作したテンプレートデータを配布します。
BOX理論で使えるBOXデータで、BOXの形をしたものです。

 

ファイル形式はいくつか用意しました。元がLightwaveというソフトなので、出せない形式もあります。

 

ダウンロード:同じデータだが異なる形式のいくつかのBOXファイル。zip圧縮。
データのダウンロード(zip圧縮)
データに関してですが、ボーンのデータが消えている場合があるようです。ボーンの位置は関節点の位置に相当します。ボーンのデータが消えていたら新たに入れなおしてください。

 

(2015年9月時点で、fbxファイルで出力したにもかかわらず、fbxファイルはなぜかLightwave3Dではファイルを開けませんでした。ほかのソフトでもfbxファイルは使えないかもしれません。)

 

BOXデータのBOXの長さは、一つの例です。
各自自分の画風があると思いますので、自分の画風に合わせてBOXを変形して使ってください。

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

3DCGを使う方法
人間の大まかな輪郭を3DCGソフトで計算させてしまえば、創作人物画に必要な外郭の計算などはまったく必要ありません。試行錯誤もないため、下書きが非常に速くなります。
ソフトの選び方
3DCGソフトは一般的に、イラストソフトに比べて習得難易度が非常に高いです。人物の外郭取りや背景パースの計算をさせるだけが目的なら、安価で習得しやすいソフトを選んだほうがいいでしょう。
3DCGソフトの使い方
3DCGソフトはいくつか種類がありますが、基本的な操作や概念はどのソフトでも変わりません。私はLightwave3Dというソフトで説明しますが、ほかのソフトでもやることは大差ありません。
BOX理論の計算に必要な3DCGのスキル
外郭をとりたいだけの場合、ポリゴンのつなぎ目であるワイヤーフレームだけレンダリングさせると、手間が少なくて楽です。
BOX理論を3DCGソフトでやる
これまでに話したBOX理論を、3DCGソフトでやってみます。ポリゴンで箱を作り、骨組みを入れて関節のように動かすだけです。ソフトの使い方の詳細は各ソフトのマニュアルを参考にしてください。
背景のパースを作る方法
人間だけでなく、特に背景物体の輪郭を3DCGで印刷してしまえば、パースの面倒な計算を大きく省くことができ、作業時間を大きく減らせます。そのための3DCGの使い方を説明します。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会