関節による動きについて

関節による動きについて

関節についてですが、人間の体の大部分は、関節の「回転」によって動かされます。
つまり、関節部分を中心に、周辺の筋肉や脂肪は回転の動きをします。

 

ただしすべての筋肉や脂肪の部分が、関節中心に単純な回転をするわけではありません。
関節の内側部分は肉が集められる動きをしますし、外側は骨の形状によっては骨の形が現れ、単に回転、という動きにはならなくなります。

 

さらに回転運動ではない、一部例外があります。たとえば肩甲骨を動かした場合、腹部の筋肉と脂肪まで動きますが、これは回転の動きではありません。単に引っ張られているだけです。

 

第1章では関節の回転位置だけ説明しましたが、第2章ではそれら関節の回転によって、具体的に筋肉や脂肪がどのような動きをするか、というところまで見ていきます。

 

 

関節の回転方向について

関節の回転方向についてですが、第1章でも述べたとおり、3方向あります。
3DCGではピッチ(前屈と後屈)、ヘディング(側屈)、バンク(回旋)と呼びます。

 

画像:3DCGの画像。3方向の回転。
3DCGの画像。3方向の回転。
このうち周辺の筋肉と脂肪の動きについては、ピッチとヘディングは同じような動きになります。
関節の内側は肉が集められ、外側は肉が伸ばされます。

 

画像:ピッチとヘディングの関節の周辺の肉の動きの図。
ピッチとヘディングの関節の周辺の肉の動きの図。
しかしバンク(回旋、ひねり)だけは少し異なります。
たとえば自分の下腕を回旋させてみてください。肘の近くの肉はほとんど回りませんが、手首の近くはかなり回っているでしょう。手首に近づくにつれて、たくさん回っています。

 

画像:肘から手首の回旋時の肉の動き。
肘から手首の回旋時の肉の動き。
バンク(回旋)だけはこのような動きをするので注意してください。ほかの種類の回転とは肉の回り方が異なります。
骨の長さに応じて、外側へ向かって少しずつ回るようにできています。

 

部分によってはややこしい動きをするところがあり、たとえば太ももを回旋させると、ひざまで回りますが、ひざから下は回りません。
ほかにもたとえば腕の場合、回そうとすると最初は下腕だけ回りますが、もっと大きく回そうとした場合にだけ、上腕も回るようになります。
胴体はこれと異なり、胸部と腰部は動きませんが、腹部のみ回旋します。

 

このように関節は複雑な機構を持っている場合があるので、それらについてもすべて見ていきましょう。

 

 

自分で回してみる

関節の動きを把握するための最も簡単で確実な方法は、自分の体でやってみることです。
関節の動きについては、男女ではほとんど差はありません。なので自分でやってみた動きは、ほとんど全人類で共通の動きといっていいでしょう。

 

ただし自分があまり高齢の場合は、若い人と比べるとあまりまわらないかもしれません。

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

美術解剖学の必要性
BOXでは大まかな外郭を作ってきましたが、各部のそれぞれの詳細な形状についてはあまり詳しく触れていませんでした。この章では詳細な形状を学ぶため、美術解剖学をやっていきます。
絵を描くため、関節などの骨についての構造を学ぶほか、表面に出てくる骨の形状も覚えておくと便利です。
筋肉
人間の体表の多くは、筋肉と脂肪に覆われています。筋肉の形状や役割を知っておくと、体表の形状を間違いなく描くために役立ちます。
脂肪
体表は筋肉だけでなく、脂肪でも覆われています。脂肪は決まった形を持っていないので、筋肉の形状をまず覚え、その間を埋めるように描画すると上手く描けます。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会