社会人は体感的に必要性を習得している

報酬や苦しみの体感

社会人の資格試験というのは、自分が携わっている仕事に直接関係する内容です。
すでに仕事をしているので、試験の内容も仕事にどう役に立つかが分かっています。

 

どう役に立つかわかっているということは勉強しないとどうなるか、どんなひどい目に合うかもわかっています。
「ひどい目」というのは、金銭的なもの(売り上げが上がらず給料が減る)や精神的なもの(上司から怒られる、取引先から馬鹿にされる)です。
だから生活レベルが落ちないように必死になります。
実際に痛い目を見ているので、危機感が強いのです。

 

これに対し学生の場合、学歴が低いために就職や会社選びでどうひどい目に合うか、というのが体感できません。
学生が仕入れることのできる社会の情報は、基本的にはすべて人から教わったものです。実体験ではありません。

 

だから「いい会社に入れないぞ!」「給料が減るぞ!」などといっても、それが体感的にどんな感じが分からないので、結果としてやる気が出ません。
成績が悪くても生活レベルが落ちたりはしないし、学校から追放されるようなこともありません。

 

さらにこれら生活水準などは、自分でコントロールできる範囲でないことも、やる気が出ない原因です。
わかりやすい例を挙げると、たとえば「成績が良ければ100万円もらえる」とか「成績が悪ければ退学」などとなれば、今よりも必死で勉強するでしょう。

 

社会人は実際、そういう環境なのです。
成績が良ければ給料が増えるし、悪ければ解雇されたりします。

 

自分の力や努力次第で、大きな報酬がもらえたり、大きく苦しい目にあったりと、そういう状況だったらもっと必死になれます。

 

学生のほうが社会人よりも危機感が足りません。
しかしそれは状況的に無理のないことです。そういう仕組みなのだから、しょうがないのです。

 

 

積極的に社会の情報を仕入れる

それではどうやったら学生たちがやる気を得られるか、という話です。
危機感というか、今自分がやっている勉強が、将来具体的にどういう結果をもたらすのか、ということをできるだけ知ったほうがいいでしょう。

 

そもそも自分のしていることが、未来でどう役に立つのかわからないままやらされているのかというのは、不愉快なものです。
普通何かをやるときには、動機の順番が逆です。仕事をしていて「これはまずい、勉強しないと仕事ができない」と思うから、勉強するようになるのです。
仕事もしていないのに勉強させられ、後になって「ああ、こういうところで役に立つんだ」というのでは、最初勉強している時点でやる気が出ないのは当然です。

 

なのでまずは、自分たちのやっていることがどう将来役に立つのか、それも漠然と「いい会社に入れるから」というのではなく

 

  • いい会社に入れないとどうなるのか
  • 会社で成績が上がらないとどうなるのか
  • 給料が低いとどう苦しいのか
  • 職が安定しないとどう苦しいのか

 

などの情報を、できるだけ仕入れるようにしましょう。

 

そんな暇があったら勉強したほうがいいんじゃないかと思われるかもしれませんが、明日試験日ならともかく、長い目で見ればまず時間をかけてでも社会の情報を仕入れ、やる気を出せるようにしたほうがいいです。

 

とはいっても、学生にとって大人や社会との接点は、親か教師くらいしかいません。
それで私は、社会人の基本というのを、後のページでたくさん書いておくことにしました。

 

またこれだけでなく、もっとたくさん周囲の大人たちから社会の情報を仕入れるよう、普段から努力しておきましょう。

 

別に受験に限ったことではなく、行く先の情報は、たくさんあればあるほど有利です。
就職活動でも、会社情報をたくさん仕入れておいたほうが有利に進みます。

 

親が死んだ時にどうするかとか、結婚したときにどうするかとか、そういう情報は「なったときに考える」のではなく、「事前から十分な情報を集めて備える」ほうが、ずっとダメージが少なく済みます。

 

関連ページ

2章のまとめ
勉強する必要性を知ったうえで、自分で計画を立てて、自分だけの力で勉強を続けられるように努力しましょう。
長期的視野で考える
塾に行けば強制的に勉強させられますが、自分で時間を調整して勉強時間を作り、勉強する能力は身に付きません。しかしこれこそ最も重要な能力です。
自力で勉強することの利点
自分で勉強する時間を取って勉強することができると、非常にストレスが少ないです。また自制心が身に付き、無駄なく勉強することができます。
最終目標は受験
あなたの最終目標は最後の受験や資格試験です。目先の小テストや中間試験の点数は、進級や卒業などに差支えなければ、はっきりいってどうでもいいです。割り切りましょう。
社会人の勉強の必要性
大学受験が終わってもその後試験を受ける機会はたくさんあります。早いうちに勉強する習慣を身に着けておいたほうが後々有利です。
資格試験と受験勉強の違い
資格試験は落ちたら何も得られませんが、何度でも再チャレンジできます。受験は再チャレンジできませんが、実質落ちるということはありません。
計画に大量の時間を使ってもよい
勉強する前には必ず計画を立ててから始めましょう。計画を立てないとどんな結果が出るか予想できないからです。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会