3章のまとめ

3章のまとめ

受験生であるあなたにとっては、目先の1問を解くことよりも、ずっと問題を解き続ける能力をつけることのほうが重要です。

 

自分の勉強の習慣を変えるのはあなた自身であり、ほかの誰かが変えてくれるわけではありません。
どんなにこのサイトを読み込んだところで、最終的にあなたが動かなければ効果は出ません。
自分の中の力を引き出すために、このサイトの知識を役に立ててください。

 

習慣をつけるためのいろいろな方法も、効果に個人差があります。
事前にどれくらい効果が出るかもわからないので、いろいろ試してみて効果のあるものを使い続けてください。

 

一つの方法にこだわりすぎないように注意してください。
もしそれがあなたに合わない方法だったら、時間の無駄になります。
「何度かやってみたけど依然と全然変わらない」というものは、切り捨ててほかの方法に移りましょう。

 

どの方法を試してみるかは、直感的にやれそうなもの、なんとなく効果がありそうなものを選ぶといいでしょう。
あまり難しく考えず、いろいろ試すのが一番です。

 

うまくいったかどうかは、すぐに判別できます。
勉強時間が以前より増えたら効果あり、減ったら効果なし、です。
必ず効果を数字(勉強時間)で測ってください。数字で測らないと効果があるかどうか正確に計れません。

 

その方法によって勉強時間が減ったら、その方法は中止しましょう。
何も変わらなければ、別の方法を追加して試します。しばらくしても効果がないなら、中止します。
勉強時間が増えれば、当然その方法を継続します。

 

本来の心理療法は、1対1でアドバイスしていきます。相手が違えばアドバイスも異なるためです。
習慣を変えるアドバイスも、これと同じようなものです。

 

勉強の習慣をつけること自体が一種の能力です。練習するとうまくなっていきます。
あなたが練習すればするほど、素早く、確実に思った習慣を身に着けることができるようになります。

 

ここに書いてある方法は、そのまま忠実にやる必要はありません。
自分に合った方法で改良してもいいのです。むしろ自分に合うように改良したほうが効果があるでしょう。

 

効果はすぐには出ません。少し時間がかかります。

 

これらの方法は、100%必ず成功するわけではありません。
これは心理療法でも、塾でも予備校でも同じです。それをやれば100%志望校に受かるわけではないのです。
しかしやらないよりはやったほうがいい結果が出ます。
このサイトの特徴は、いい結果が出る可能性がかなり高いということです。

 

自分の習慣を変化することができても、それが永久に続くとは限りません。
途中で「忘れて」しまうこともあります。
しかし忘れてしまったら、もう一度やり直せばいいだけです。
習慣を変えられた時のことをよく覚えておき、いつでも使えるようにしておきましょう。

 

何かの習慣を新しく身に着けるということは、生きている限りずっと必要になる能力です。

 

 

まとめると、あなたがすべきことは

 

1.勉強する習慣を身に着けること
これが最も重要で、このサイトで説明してあることです。
学校、塾、予備校ではほとんど教えてくれません。

 

2.勉強する内容を適切にすること
志望する学科や取るべき資格を決め、やるべきテキストや問題集を決める。
学校、塾、予備校などで教えてくれます。

 

3.勉強の効率を上げる
どうやったら忘れにくいか、などは、学校や塾、予備校ではあまり教えてくれません。
効率を上げる方法も知っておいたほうがいいでしょう。
ただし上の2つに比べるとそれほど重要ではありません。
効率が悪くても、時間をかけて勉強すれば成績は上がるからです。

 

勉強の習慣がある程度身に着いたら、長期的な計画を立てていきましょう。

 

以下の場合は、このサイトを読んでも無駄に終わります。

 

  • 自分が変わる気がない
  • 努力せずとも誰かが助けてくれると思っている
  • 問題が他人のせいだと思っている
  • 真剣にやろうとしていない
  • 他人にすすめられて、いやいやながら仕方なくこのサイトを読んでいる

 

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

自力で変わる
心理療法というのは、自分が本気で変わろうとする気がなければ、効果はありません。
協力者・支援者という関係
新しく習慣を身に着けるためには自分自身が変わらなければなりません。誰かが自分を変えてくれると期待してはいけません。
心理療法には個人差がある
習慣を身に着けるための方法は個人差があります。とにかくいろいろ試してみて、うまくいったものを使い続けるといいでしょう。
うまくいかない場合にどうするか
このサイトの方法をそのまま試してみうまくいかないかもしれません。そんな時に自分に合うやり方で工夫して使ってみましょう。
続けていれば100%成功するのか?
あらゆる心理療法は必ず100%成功する(問題が解決する)という保証がありません。このサイトも同じです。また塾や予備校なども同じです。
常にいい方向にいくとは限らない
このサイトの方法を試すとき、必ず数字で効果を測定してください。うまくいけば継続、変化がなければほかの方法を追加、勉強時間が減れば中止します。
成功しても永久には続かない
もし勉強の習慣を身に着けることに成功しても、そのうちだらけて元に戻るかもしれません。そのときはまた初めに戻って習慣をつけなおせばいいのです。
必要なこと
まずは勉強する習慣を身につけましょう。ある程度勉強する習慣が身に着いたら、長期的な計画を立てていきましょう。
あきらめたほうがいい場合があるか
勉強の習慣を身に着けるときに、自分が変わる気がない、真剣でない、努力がいやなどという気持ちがある場合は、まずうまくいく可能性がありません。その考え方を改めるべきです。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会