自力で変わる

心理療法は相談者が何かをしなければ何も変わらない

他人に強制させられていない状態で、自分の力で勉強できる習慣をつけられるようになりましょう。

 

心理療法では、病院と同じように相談者を見てくれる「治療者」がいます。
でも普通の病院と違うところがあります。
普通の病院では薬をもらったり注射を打ったり手術をしたり、患者は特に何かするわけではなく、されるがままです。
ところが心理療法では、薬も注射も手術もない代わりに、相談者が何かをしなければ何も変わりません。

 

 

臨床心理学と釣りの話

心理療法の世界でよく使われる作り話があります。

 

ある川のそばで、飢え死にしかけている人がいたとします。
そこを偶然、釣りをしに来たあなたが通りかかります。
その人にどうしてあげますか?という質問です。

 

普通の人なら、魚を釣ってあげてその人にあげるでしょう。そうすればその人は飢え死にせずに済みます。

 

しかしその後はどうなるでしょうか?その人は今度また同じ状況になったら、また同じように飢え死にしそうになるでしょう。

 

そのとき偶然釣りのできる人がそこを通りかかるかどうかはわかりません。
次は飢え死にするかもしれないのです。

 

心理学の世界では、このような問いかけに対し、こう答えます。

 

「その人に魚を釣ってあげるのではなく、釣りの仕方を教えてやればよい」

 

釣りの仕方を覚えさせれば、もう二度と飢え死にはしないというわけです。

 

 

自力で変わる

これから勉強する習慣を身に着けようというとき、その能力自体をあなたが身に着けなければなりません。

 

もし学校の先生や予備校の講師、あるいは勉強専門のカウンセラーがいないと勉強できないというなら、その先生たちがいなくなったらどうすればいいのでしょうか?

 

あなたは最終的には「魚を釣れる人」にならなければなりません。
つまり「自分で自分の問題を解決できる人」にならなければならないのです。

 

たとえばあなたがゲーム大好きで、ゲームに夢中になるあまり勉強しない人だったとしましょう。
誰かのアドバイスでゲームの誘惑を断ち切ることができ、その時は勉強に集中できたとします。
でも時間がたち、またゲームをするようになったとき、そのアドバイザーの人がいなければ、ゲームの誘惑に打ち勝つ方法が見つからないかもしれません。

 

もしあなたが、誰の力も借りずに自力でゲームの誘惑を断ち切る力があれば、もう永久に心配はいりません。
他人の力によらず、自分の力だけで習慣を変えられるようになるのがベストです。

関連ページ

3章のまとめ
このサイトの方法をいろいろ片っ端から試してみてください。そして必ずその効果を数字で測定しましょう。ある程度勉強の習慣が身に着いたら次に長期的な計画を立てましょう。
協力者・支援者という関係
新しく習慣を身に着けるためには自分自身が変わらなければなりません。誰かが自分を変えてくれると期待してはいけません。
心理療法には個人差がある
習慣を身に着けるための方法は個人差があります。とにかくいろいろ試してみて、うまくいったものを使い続けるといいでしょう。
うまくいかない場合にどうするか
このサイトの方法をそのまま試してみうまくいかないかもしれません。そんな時に自分に合うやり方で工夫して使ってみましょう。
続けていれば100%成功するのか?
あらゆる心理療法は必ず100%成功する(問題が解決する)という保証がありません。このサイトも同じです。また塾や予備校なども同じです。
常にいい方向にいくとは限らない
このサイトの方法を試すとき、必ず数字で効果を測定してください。うまくいけば継続、変化がなければほかの方法を追加、勉強時間が減れば中止します。
成功しても永久には続かない
もし勉強の習慣を身に着けることに成功しても、そのうちだらけて元に戻るかもしれません。そのときはまた初めに戻って習慣をつけなおせばいいのです。
必要なこと
まずは勉強する習慣を身につけましょう。ある程度勉強する習慣が身に着いたら、長期的な計画を立てていきましょう。
あきらめたほうがいい場合があるか
勉強の習慣を身に着けるときに、自分が変わる気がない、真剣でない、努力がいやなどという気持ちがある場合は、まずうまくいく可能性がありません。その考え方を改めるべきです。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会