協力者・支援者という関係

治療者は「先生」?

このサイトの方法は、心理療法の手法を参考にしています。
勉強の習慣を身に着けるには、最も近い分野です。

 

さて、普通病院では治療する側の人は「先生」と呼ばれます。
予備校でも学校でも、勉強を教える人は「先生」と呼ばれます。

 

しかし心理療法の世界では、治療者が自分から名乗る場合は「先生」と名乗らないほうがいい、という人もいます。

 

なぜかというと、この「先生」という自称をつけると、まるで一方的にアドバイスされて、教えられている側はすべていうことを聞かなければならないような感じがするからです。

 

相手が「先生」だと、いかにも頼れる人のように聞こえるかもしれませんが、変わるのは本人です。
先生に頼り切って、「先生が何とかしてくれる」と思っているとうまくいきません。

 

 

あなたの協力者・支援者

そこで、先生ではなく「協力者」「支援者」と名乗ったほうがいい、という意見があります。

 

心理療法では、あくまで変わるのは自分自身で、治療者はそれに協力する、支援しますよ、という意味があります。

 

なのでこのサイト自体も、あなたに協力する、あなたを支援をするものだと思ってください。
このサイトを読むとあなたに魔法がかかり、次の瞬間突然勉強ができるようになる、とは思わないでください。

 

変わるのは「自分自身の力」によってです。

 

あなたの力を引き出すために、このサイトを利用してください。

 

 

心理療法では「クライエント」と「セラピスト」

本当の心理療法ではいろいろな呼び方があるのですが、代表的なものでは、相談しに来る人を「クライエント(依頼者、相談者)」相談に乗る人を「セラピスト(治療者)」と呼びます。

 

さらにこの呼び方も一般的なもので、人によっては「コンサルタント」とか「ヘルパー」と名乗っている人もいます。
一般には「心理カウンセラー」という呼び方が分かりやすいかと思います。

 

それでも実際に心理療法をやっているとき、治療側のことを相談者が何と呼ぶのかは、その時の雰囲気だそうです。
別に強制するようなものではなく、ふつうに「先生」と呼んでいるところも多いようです。
治療者が自分のことをヘルパーとかコンサルタントとか名乗っている、ということです。

 

ここでは別に人の呼び方などどうでもいいのですが、「自分は努力しなくても、先生(このサイト)が何とかしてくれる、奇跡を起こしてくれる」というような考え方だけはやめるように注意してください。

関連ページ

3章のまとめ
このサイトの方法をいろいろ片っ端から試してみてください。そして必ずその効果を数字で測定しましょう。ある程度勉強の習慣が身に着いたら次に長期的な計画を立てましょう。
自力で変わる
心理療法というのは、自分が本気で変わろうとする気がなければ、効果はありません。
心理療法には個人差がある
習慣を身に着けるための方法は個人差があります。とにかくいろいろ試してみて、うまくいったものを使い続けるといいでしょう。
うまくいかない場合にどうするか
このサイトの方法をそのまま試してみうまくいかないかもしれません。そんな時に自分に合うやり方で工夫して使ってみましょう。
続けていれば100%成功するのか?
あらゆる心理療法は必ず100%成功する(問題が解決する)という保証がありません。このサイトも同じです。また塾や予備校なども同じです。
常にいい方向にいくとは限らない
このサイトの方法を試すとき、必ず数字で効果を測定してください。うまくいけば継続、変化がなければほかの方法を追加、勉強時間が減れば中止します。
成功しても永久には続かない
もし勉強の習慣を身に着けることに成功しても、そのうちだらけて元に戻るかもしれません。そのときはまた初めに戻って習慣をつけなおせばいいのです。
必要なこと
まずは勉強する習慣を身につけましょう。ある程度勉強する習慣が身に着いたら、長期的な計画を立てていきましょう。
あきらめたほうがいい場合があるか
勉強の習慣を身に着けるときに、自分が変わる気がない、真剣でない、努力がいやなどという気持ちがある場合は、まずうまくいく可能性がありません。その考え方を改めるべきです。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会