変化するタイミング

変化はすぐに起きる

習慣の変化、というより心理療法による変化というのは、うまくいった場合、すぐに起きます。

 

たとえば「明日はゲームしないで勉強しよう」という目標を立てた場合で、それがうまく機能したときは、本当にその日にゲームせずに勉強できたりします。
1週間かけて少しずつゲームの時間が減るとか、そういうことはあまりありません(少しずつ時間を減らすという目標を立てればそうなりますが)

 

逆にうまくいかないときは、まったくうまくいきません。
どうしてもゲームがしたくなって、してしまいます。

 

誘惑を断ち切る方法や目標の立て方というのは、これ自体が技術なので練習が必要なのですが、そんなにめちゃくちゃ時間をかけて練習しないといけない、というほどのものではありません。
何度かやっているとそのうちできるようになる、くらいの難易度だと思ってください。

 

ちっともうまくいかない場合は、計画の立て方に無理があるとか(変化が大きすぎるなど)、できないという思い込みや情報不足、想像力がなさすぎる場合などです(人間は行動を起こすときにその行動をまず想像してから起こすため)

 

気合や根性というものは、あったほうがないよりはいいのですが、それだけが問題だと思わないでください。

 

また自分にぴったりの方法は、なかなか見つからないかもしれません。
見つかるまでいろいろ試しましょう。うまくいかなかったからといって、とにかく気合だけで無理やり乗り切ろうとすると、やはりリバウンドが起きたりして後で元に戻ってしまいがちです。

 

 

うまくいくと苦労しない

習慣の変化は、うまくいく場合はほとんどストレスなしにやることができます。
というより、勉強の習慣をつけるためには、ストレスができるだけかからないように少しずつ変化させたほうがいいので、うまくいってもほとんど苦労した感じがしないものです。

 

あまり苦労した感じがしないので、なにかの間違いかまぐれかと思ってしまいそうになりますが、そうではありません。
それこそが「うまくいく」ということなのです。

 

そしてそのやり方こそ自分にぴったり合った方法ですので、その時の計画の立て方や誘惑の断ち切り方などは絶対に忘れないようにしてください。
その能力はあなたの生涯にわたって役に立つということです。

 

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

第4章のまとめ
勉強する習慣を身に着けることは学力を上げるための最も重要なことといっても過言ではありません。この章ではどうやって勉強の習慣を身に着けるのかを考えていきます。
習慣を変える
その人の習慣は人生に絶大な影響を及ぼします。習慣が人生の質を決めるといってもいいでしょう。
1か月根性で耐えてみろ?「無理」
しんどい習慣でも1か月程度継続すると慣れてきて苦痛でなくなるといいます。1か月耐え、習慣として身に着けるためにはどうすればいいでしょうか?
気合・根性という要素は必要か?
習慣を身に着けるには忍耐力が必要ですが、忍耐だけではうまく身に付きません。正しいやり方があるので、それを知り、身につけましょう。
一瞬の感動は無意味
カリスマ講師の講演や勉強本を読んでも、感動するだけでは何も変わりません。あなたに必要なのは、感動ではなく行動です。
頭のいい人の言うことを聞けばうまくいくか?
最初から頭のいい人の勉強法を教わっても意味がありません。成績の悪い人がこれをやったら成績が上がった、という人のアドバイスを聞くべきです。
耐えられない理由
無理をすると心理的な負担(ストレス)がたまり、発散の欲望が出てきて失敗します。ストレスがなるべくたまらないよう、毎日少しずつ変化させていきましょう。
反動が起きないようにするには?
ストレス自体があまりたまらないよう、ストレスを解消でき、なおかつ目標を達成できるような代替案(代わりの方法)考えておくと、より確実に目標を達成できるようになります。
習慣は環境に左右される
私たちの習慣は周囲の影響を強く受けています。しかし周囲の責任にしても何も変わりません。他人のせいにせず、今ここで自分に何ができるか考えましょう。
何でも試す意欲
習慣を変えるために「技法」にこだわりすぎないように気を付けてください。要点を押さえて自分なりに使いやすいように使ってください。
変化を維持する
習慣を身に着けたときにその時のやり方を忘れないようにしてください。忘れてもまたそれをすればできるようになります。
習慣を変えるのは大人でも難しい
年齢にかかわらず習慣を変えるのは難しいものです。また若いうちは自制するのが少し難しいのですが、大人とそんなに違うものではありません。
自分の経験が最も重要である
心理学の法則よりも自分の経験によるカンやアイデア、のほうが役に立ちます。法則にとらわれてずっとその通りにする必要はありません。
最初は抵抗の少ない方法を使う
心理的に抵抗の強いやり方は後回しにしましょう。まずは抵抗の少ない確実にできると思われるものから始めてください。
技法は日常生活に溶け込んでいる
失敗したら多くの時間を無駄にするようなやり方は使わないようにしましょう。習慣はできるだけ日常生活に溶け込ませるのがコツです。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会