何でも試す意欲

完全にマニュアル通りにする必要はない

習慣の変え方にはいろいろな方法がありますが、最初はとにかく慎重になりがちです。
あなたは最初たぶん、ここに書いてあることを一語一語すべて間違いなくチェックし、完全にその通りにしようとするでしょう。

 

でも基本的なことさえ押さえていれば、自分なりに改良してもいいのです。
手順をいくつか飛ばしてもいいし、別の自分で考えた手順を入れても構いません。
「こっちのほうがうまくいくかな?」と思ったら、そうすればいいのです。

 

 

心理療法自体がマニュアル的でない

ここに書いてある情報は心理療法の技法をもとにしていますが、心理療法というのがもともと、あまり決まった方法がないのです。
人間というのがかなり不確定なもので、機械のように「こうすれば必ずこうなる」というものではありません。

 

治療の方針やどうなりたいかなども、治療者が決めるのではなく、相談者と話し合って決めていったりします。
特に相談者の希望、セラピー自体をどんなふうにしたいかとか、どれくらいの間隔でセラピーに来たらいいのかとか、相談者側の意見を尊重しながら決めていきます。

 

病院のように「この病気だからこの薬を飲んで」というような、一方的なアドバイスはあまりしません。

 

 

何でも試し・失敗しても気にしない

失敗を恐れずに何でも試してみようとする心境がベストです。

 

うまくいかなくても、気にすることはありません。
そのうちできるだろう、くらい気楽なほうがうまくいきます。

 

 

技法にこだわりすぎない

習慣を変える技法、のようなものがいくつかあるのですが、あまり「技法」だけにこだわりすぎないようにしてください。
何度も言っているように、あなたを変えてくれるような魔法のような方法ではないのです。
あくまで変わるのは自分自身の力によって、です。

 

技法はそのままではあなたに合わないかもしれませんし、使いやすいように少し変えてもいいのです。
自分に合うように改良すると、とたんに効果が出ることもあります。

 

それより問題なのは、一つの技法にこだわりすぎて、そればかりやっているけどちっともうまくいかない、という場合です。
その方法は多分あなたに合っていない可能性が高いです。
そして自分に合わない方法は、何度やってもうまくいきません。

 

何度かやってみてうまくいかない場合は、さっさと別の方法を試しましょう。

 

関連ページ

第4章のまとめ
勉強する習慣を身に着けることは学力を上げるための最も重要なことといっても過言ではありません。この章ではどうやって勉強の習慣を身に着けるのかを考えていきます。
習慣を変える
その人の習慣は人生に絶大な影響を及ぼします。習慣が人生の質を決めるといってもいいでしょう。
1か月根性で耐えてみろ?「無理」
しんどい習慣でも1か月程度継続すると慣れてきて苦痛でなくなるといいます。1か月耐え、習慣として身に着けるためにはどうすればいいでしょうか?
気合・根性という要素は必要か?
習慣を身に着けるには忍耐力が必要ですが、忍耐だけではうまく身に付きません。正しいやり方があるので、それを知り、身につけましょう。
一瞬の感動は無意味
カリスマ講師の講演や勉強本を読んでも、感動するだけでは何も変わりません。あなたに必要なのは、感動ではなく行動です。
頭のいい人の言うことを聞けばうまくいくか?
最初から頭のいい人の勉強法を教わっても意味がありません。成績の悪い人がこれをやったら成績が上がった、という人のアドバイスを聞くべきです。
耐えられない理由
無理をすると心理的な負担(ストレス)がたまり、発散の欲望が出てきて失敗します。ストレスがなるべくたまらないよう、毎日少しずつ変化させていきましょう。
反動が起きないようにするには?
ストレス自体があまりたまらないよう、ストレスを解消でき、なおかつ目標を達成できるような代替案(代わりの方法)考えておくと、より確実に目標を達成できるようになります。
習慣は環境に左右される
私たちの習慣は周囲の影響を強く受けています。しかし周囲の責任にしても何も変わりません。他人のせいにせず、今ここで自分に何ができるか考えましょう。
変化するタイミング
勉強の習慣の変化はうまくいくときは苦労せずにすぐできるようになることが多いです。うまくいかないときは苦労した割にまったく効果が出ません。
変化を維持する
習慣を身に着けたときにその時のやり方を忘れないようにしてください。忘れてもまたそれをすればできるようになります。
習慣を変えるのは大人でも難しい
年齢にかかわらず習慣を変えるのは難しいものです。また若いうちは自制するのが少し難しいのですが、大人とそんなに違うものではありません。
自分の経験が最も重要である
心理学の法則よりも自分の経験によるカンやアイデア、のほうが役に立ちます。法則にとらわれてずっとその通りにする必要はありません。
最初は抵抗の少ない方法を使う
心理的に抵抗の強いやり方は後回しにしましょう。まずは抵抗の少ない確実にできると思われるものから始めてください。
技法は日常生活に溶け込んでいる
失敗したら多くの時間を無駄にするようなやり方は使わないようにしましょう。習慣はできるだけ日常生活に溶け込ませるのがコツです。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会