習慣を変えるのは大人でも難しい

習慣を変えるのは大人でも難しい

もしあなたが中学生か高校生で、自分はまだ子供だから大人に比べて自制心が低い、だから習慣を身に着けられない、と思うかもしれません。

 

確かに社会人の大人たちは、学生に比べると試験に対する動機が違います。
資格試験は、まさに飯を食うためにやるものなので、危機感が非常に強く、みな必死で勉強します。

 

ですが実のところ、危機感のない状態ですと、習慣を変えるのは大人でも相当に難しいのです。

 

資格試験では危機感が大きいので必死になるのですが、やらなくてもそれほどリスクのないこと、たとえばダイエットをするために食生活や運動の習慣を変えるというのは、大人でもとても難しいのです。

 

なのでおそらく、社会人の大人たちに、もう一度受験勉強のチャンスを与えて勉強させてみたりすると、おそらく自身の昔の学生時代と同じくらいの勉強しかできないでしょう。

 

大人になったからといって、自制心などが急に成長するわけではありません。
逆にいうと、中学生くらいでも自制心を発揮して、自らを勉強に向かわせる、ということは十分可能です。
さすがに小学生の低学年や幼稚園児では難しいでしょうが・・・

 

 

大人たちは情熱が少ない

社会人の大人たちは、割とネガティブな動機で(勉強自体が好きなわけではなく、やらなければ飯が食えないという理由で)必死で勉強しますが、十代くらいの若者に比べると、情熱というものはあまりありません。

 

体の中のエネルギーというか「何かやりたいことを夢中でやる」ということが、歳を取るにつれてやりにくくなってきます。

 

まだ十代くらいの間は、勉強以外にもやりたいことがたくさんあり、夢中になれることがほかにあり、それに夢中になってしまって勉強をおろそかにしがちです。
友達との会話が楽しすぎるとか、漫画やゲームが面白すぎるとか、絵をかいたりスポーツをしたり、楽しいことがたくさんあります。

 

歳を取ると、あまりこういうことを楽しむことができなくなるのが普通です。
その代わりといってはなんですが、歳を取ると「やりたいこと」に流されることが少なくなる分、「やらないといけないこと」を割と続けやすくなってきます。

 

若い人にとって、ほかに何かすごくやりたいことがあるのに、それを我慢して自由時間の大半を勉強に費やすというのは、心理的にも抵抗があり、その主観的な苦痛は大人たちよりも強いかもしれません。

 

実際のところ、十代の若者でも「やりたいことは特にない」というような淡白な人もたくさんおり、そういう人のほうがすんなりと受験勉強をやりやすかったりします。

 

しかしそれは別に、好奇心や情熱が少ないほうがいい、といっているわけではありません。

 

次の章で説明しますが、自分に何かやりたいことや好きなことがある場合、それもうまく受験勉強に使えるようにしていくといいでしょう。

 

お知らせ

2017/7/29(土)「関西創作系オフ会」を開催いたします。ご参加お待ちしています。

関連ページ

第4章のまとめ
勉強する習慣を身に着けることは学力を上げるための最も重要なことといっても過言ではありません。この章ではどうやって勉強の習慣を身に着けるのかを考えていきます。
習慣を変える
その人の習慣は人生に絶大な影響を及ぼします。習慣が人生の質を決めるといってもいいでしょう。
1か月根性で耐えてみろ?「無理」
しんどい習慣でも1か月程度継続すると慣れてきて苦痛でなくなるといいます。1か月耐え、習慣として身に着けるためにはどうすればいいでしょうか?
気合・根性という要素は必要か?
習慣を身に着けるには忍耐力が必要ですが、忍耐だけではうまく身に付きません。正しいやり方があるので、それを知り、身につけましょう。
一瞬の感動は無意味
カリスマ講師の講演や勉強本を読んでも、感動するだけでは何も変わりません。あなたに必要なのは、感動ではなく行動です。
頭のいい人の言うことを聞けばうまくいくか?
最初から頭のいい人の勉強法を教わっても意味がありません。成績の悪い人がこれをやったら成績が上がった、という人のアドバイスを聞くべきです。
耐えられない理由
無理をすると心理的な負担(ストレス)がたまり、発散の欲望が出てきて失敗します。ストレスがなるべくたまらないよう、毎日少しずつ変化させていきましょう。
反動が起きないようにするには?
ストレス自体があまりたまらないよう、ストレスを解消でき、なおかつ目標を達成できるような代替案(代わりの方法)考えておくと、より確実に目標を達成できるようになります。
習慣は環境に左右される
私たちの習慣は周囲の影響を強く受けています。しかし周囲の責任にしても何も変わりません。他人のせいにせず、今ここで自分に何ができるか考えましょう。
変化するタイミング
勉強の習慣の変化はうまくいくときは苦労せずにすぐできるようになることが多いです。うまくいかないときは苦労した割にまったく効果が出ません。
何でも試す意欲
習慣を変えるために「技法」にこだわりすぎないように気を付けてください。要点を押さえて自分なりに使いやすいように使ってください。
変化を維持する
習慣を身に着けたときにその時のやり方を忘れないようにしてください。忘れてもまたそれをすればできるようになります。
自分の経験が最も重要である
心理学の法則よりも自分の経験によるカンやアイデア、のほうが役に立ちます。法則にとらわれてずっとその通りにする必要はありません。
最初は抵抗の少ない方法を使う
心理的に抵抗の強いやり方は後回しにしましょう。まずは抵抗の少ない確実にできると思われるものから始めてください。
技法は日常生活に溶け込んでいる
失敗したら多くの時間を無駄にするようなやり方は使わないようにしましょう。習慣はできるだけ日常生活に溶け込ませるのがコツです。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会