自分の経験が最も重要である

心理学の法則より自分の経験のほうが確か

心理学というのは、個人によって法則が異なるものです。
他人がうまくいったやり方でも、自分でうまくいくとは限りません。

 

心理学の本でもいろいろな「法則」のようなものが出てくるのですが、これがいつも自分にその通りに当てはまるわけではありません。
もし心理学の法則と自分の経験とで、まったく違うことが書いてあった場合、必ず自分の経験を優先してください。

 

たとえば「やせている人は神経質である」という心理学の理論があります。
これはクレッチマーの気質論というので、心理学の中で出てくる法則の一つなのですが、これはすべての人に当てはまるわけではありません。

 

やせている人でも神経質でない人はたくさんいます。心理学の本ではこんな内容がよく出てきます。

 

これらが信用ならない原因は、心理学が基本的に統計によって示されていることによります。

 

「たくさんの人がこんな傾向にあるよ」というような意味なので、当然例外もたくさんいるのです。
また統計の取り方も、昔はいい加減な部分が多くあったので、心理学でよく出される定説でも、驚くほどいい加減なものもあります。

 

こういう法則を片っ端から鵜呑みにしていくと、まったく人間というのを誤解してしまいます。
「○○な人は浮気しやすい」とかいう法則を信じ切り、自分の恋人が浮気していると、根拠もないのに信じきったりして、破局したりします。

 

心理学の法則より、自分の経験やカンのほうが信用できると思ってください。
心理学の法則は「参考程度」にしておきましょう。法則がすべて正しいと思ってはいけません。
中には先のクレッチマーの理論のような、まったくでたらめに近い理論もあります。

 

心理学というのは、「どれが自分の役に立つか」を見極めるのがかなり難しい学問です。
自分が惑わされる恐れがあるなら、むしろ心理学などまったくやらないほうがいいです。

 

 

自分の「やりたいこと」を利用する

人はそれぞれ個性があり、みな違っています。
そして「自分にしかない何か」があった場合、それを強みとして利用することができます。

 

もしあなたが、勉強以外に何かやりたいことがある場合、それをうまく使いましょう。
自分の好きなことならストレス解消の効果が大きいはずです。
何か苦痛なことを続けるには、短時間でストレス解消する方法があったほうがいいです。

 

たとえばあなたが、走ることがすごく好きだったとします。
それなら勉強の合間、休憩時間に外を走ったりして息抜きするといいでしょう。

 

あるいはゲームや漫画を読むのが好きなら、報酬システムを使う手もあります。
ある程度勉強をやったら、ご褒美にゲームを少しだけします。
「問題を10問解くたびにゲームを10分」という感じで、ノルマに対して報酬をつけるとやる気を維持しやすいです。

 

こういうのを自分にしかないリソース(資源)を利用する、などという言い方をします。

 

もちろん勉強をほったらかしにして、走ることに夢中になりすぎてはいけません。
やりたいことに全力を注げないというのは不満かもしれませんが、社会は個人の情熱が治まるまで待ってはくれません。

 

何も考えずに、今ただやりたいことだけやり、肝心の仕事や勉強をほったらかしにしていると、後で大変痛い目を見ます。
瞬間的な快楽にのめりこみすぎないように注意してください。その先にあるのはたいてい破滅です。

 

もしどうしてもやりたいことがあるなら、とりあえず受験勉強を終えてからやることにしましょう。

 

 

「想像力」と「直感」

このサイトではたくさんの方法を紹介していますが、どれを選ぶかはあなたの「想像」と「直感」によるところが大きいです。

 

それにしても、想像力と直感という、なんだか信用しにくいもので勉強の方法を決めるのかと思われるかもしれませんが、私たちの生活を決める大部分はそのような想像力と直感でできています。
理屈ではあまり考えていません。

 

たとえば学校で、どのクラブ活動に入ろうかと決めるときは、そのクラブをやっていてどんな感じなのかと「想像」し、なんとなくこれはよさそうだという「直感」で決めることがほとんどです。
なぜこのクラブに入ったのかと聞かれたら「なんとなくおもしろそうだったから」とか「興味があった」というくらいです。

 

どのやり方がうまくいきそうなのかは、まずそれをやっているのを心の中で「想像」してみて、それが「うまくいきそう」「できそう」「続けられそう」と思ったら頑張ってやり続けてください。

 

 

アイデアをたくさん出す

ここに書いてある方法がすべてではなく、勉強に集中できる方法がほかに突然思いつくかもしれません。

 

たとえば人によっては、勉強する前にピアノを少し弾くと集中できる、という場合があるかもしれません。
勉強して疲れているとき、甘いものを食べるとすごくやる気が出る人もいるかもしれません。

 

そのようなものは積極的に利用していきましょう。ここに書いてあることだけがすべてではありません。
もっと勉強に集中できる何か、もっと長時間続けられるアイデアが思いついたら、どんどん試してみて、うまくいけば続けるようにしてください。

お知らせ

2017/7/29(土)「関西創作系オフ会」を開催いたします。ご参加お待ちしています。

関連ページ

第4章のまとめ
勉強する習慣を身に着けることは学力を上げるための最も重要なことといっても過言ではありません。この章ではどうやって勉強の習慣を身に着けるのかを考えていきます。
習慣を変える
その人の習慣は人生に絶大な影響を及ぼします。習慣が人生の質を決めるといってもいいでしょう。
1か月根性で耐えてみろ?「無理」
しんどい習慣でも1か月程度継続すると慣れてきて苦痛でなくなるといいます。1か月耐え、習慣として身に着けるためにはどうすればいいでしょうか?
気合・根性という要素は必要か?
習慣を身に着けるには忍耐力が必要ですが、忍耐だけではうまく身に付きません。正しいやり方があるので、それを知り、身につけましょう。
一瞬の感動は無意味
カリスマ講師の講演や勉強本を読んでも、感動するだけでは何も変わりません。あなたに必要なのは、感動ではなく行動です。
頭のいい人の言うことを聞けばうまくいくか?
最初から頭のいい人の勉強法を教わっても意味がありません。成績の悪い人がこれをやったら成績が上がった、という人のアドバイスを聞くべきです。
耐えられない理由
無理をすると心理的な負担(ストレス)がたまり、発散の欲望が出てきて失敗します。ストレスがなるべくたまらないよう、毎日少しずつ変化させていきましょう。
反動が起きないようにするには?
ストレス自体があまりたまらないよう、ストレスを解消でき、なおかつ目標を達成できるような代替案(代わりの方法)考えておくと、より確実に目標を達成できるようになります。
習慣は環境に左右される
私たちの習慣は周囲の影響を強く受けています。しかし周囲の責任にしても何も変わりません。他人のせいにせず、今ここで自分に何ができるか考えましょう。
変化するタイミング
勉強の習慣の変化はうまくいくときは苦労せずにすぐできるようになることが多いです。うまくいかないときは苦労した割にまったく効果が出ません。
何でも試す意欲
習慣を変えるために「技法」にこだわりすぎないように気を付けてください。要点を押さえて自分なりに使いやすいように使ってください。
変化を維持する
習慣を身に着けたときにその時のやり方を忘れないようにしてください。忘れてもまたそれをすればできるようになります。
習慣を変えるのは大人でも難しい
年齢にかかわらず習慣を変えるのは難しいものです。また若いうちは自制するのが少し難しいのですが、大人とそんなに違うものではありません。
最初は抵抗の少ない方法を使う
心理的に抵抗の強いやり方は後回しにしましょう。まずは抵抗の少ない確実にできると思われるものから始めてください。
技法は日常生活に溶け込んでいる
失敗したら多くの時間を無駄にするようなやり方は使わないようにしましょう。習慣はできるだけ日常生活に溶け込ませるのがコツです。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会