信頼関係がないと協力してもうまくいかない

人間関係の信頼がないということを聞いてくれない

習慣を変えるための段階の2段階目である

 

2.アドバイザーあるいは周囲の人々との関係が適切である

 

ですが、この段階は、まったく一人で頑張っている場合にはあまり関係ありません。
ただし私たちのものの考え方や行動の基準は、実は周囲の人たちの影響を強く受けており、周囲の人たちの影響を全く無視することはできません。

 

たとえばあなたの周りで、自分と同じように勉強している人が全くいないのと、みんな一緒に勉強しているのでは、自分のやる気に大きく影響してきます。

 

また誰かほかの人を巻き込んでいる場合には非常に重要になることです。その人との信頼関係に関することです。

 

たとえばあなたが誰かに「勉強しなさい」といわれたとします。
子供のころ、あるいは今でも言われているかもしれませんが、親に「遊んでいないで勉強しなさい!」と誰でもいわれたことがあるでしょう。

 

このとき親と自分が、仲が良ければいいほどよくいうことを聞くし、仲が悪ければ悪いほどいうことを聞きません。
そしてこれは親でなくても、誰でも同じです。仲が悪いとその人のいうことは聞かないし、仲がいいということを聞きます。

 

 

アドバイザーとの関係が良好であることの重要性

アドバイザーというのは、アドバイスする人のことです。
あなたに勉強するようにアドバイスする人はたくさんいます。
親だったり教師だったり、あるいはこのサイトもそうです。相手は何も人であるとは限りません。

 

もしあなたが彼らを信頼していなければ、あなたは彼らのいうことを聞かないでしょう。
このサイトでいえば、あなたがこのサイトの内容を信用していなければ、数ページ読んでみて「これはだめだな」と思い、ページを閉じるでしょう。
その場合、効果はないのです。

 

あなたがもし管理人である私と対面し、私があなたにアドバイスしても、あなたが私のこと(実力や人柄など)を信用していなければ、あなたは私のいうことを聞かないのでアドバイスも効果がないでしょう。

 

もしあなたが勉強をしない子供の親で、何とか子供に勉強させようとしているとき、子供があなたのことを信用していなければ、あなたのいうことは聞きません。

 

アドバイザーや協力者は、実力ややる気、人柄が信頼できる人でないといけません。

 

アドバイザーだけでなく、たとえばあなたが友人と一緒に勉強するとします。
その友人は性格がいいし、仲もいいけど、ちっとも勉強する気がない場合はどうでしょうか?

 

当然、勉強もできないでしょう。
世間一般的にいう「信用できる」というだけではだめなのです。

 

 

人間関係と習慣への影響

この章では、あなたを取り囲む人間関係についてみていきます。

 

もし協力者を得ようと思ったら、誰に頼めばいいのか?
そして自分はどのような態度で頼むべきなのか?

 

またもしあなたが誰かに勉強をさせようとしている場合、彼とどのような態度で接したらいいのか、などを説明していきます。

 

受験や試験勉強はまったく一人でやるので、他人は関係ないと思うかもしれませんが、実はあなたが周囲の人たちから受けている影響は絶大です。

 

あなたが周囲の人たちから非常に悪い影響を受けていると、勉強しようと思ってもできない状態にあるかもしれません。
その場合は周囲との人間関係の改善が必要なこともあります。

 

またあなたの周囲の人たちがとても勉強熱心なら、彼らと協力することで絶大な「勉強する力」を得られるかもしれません。
一人で悶々とできる、できないを繰り返しているより、周りの人にちょっと頼んでみるとあっという間に勉強できるようになるかもしれないのです。

お知らせ

2017/7/29(土)「関西創作系オフ会」を開催いたします。ご参加お待ちしています。

関連ページ

7章のまとめ
勉強するのに他人は関係なさそうな気がしますが、自分のものの考え方や行動も周囲の人たちとの影響を強く受けています。人間関係についてみていきましょう。
人間関係は私たちの価値観に絶大な影響を及ぼす
私たちの価値観(物事の良しあしを判断する基準)は周囲の人々から強い影響を受けており、自分から人々に働きかけることである程度自分の価値観をコントロールできます。
家庭内では性格は補い合うが価値観は同じ
家庭環境は人の価値観を形成するもっとも重要な環境要因です。子供は親を選べませんが、親の影響が強く子供に作用することは覚えておいて損はないでしょう。
周囲の人間が変わると自分も変化する
家族や友人関係では、メンバーの変更(追加されたりいなくなったり)があるとほかのメンバーも全体の均衡を取るために性格が変わったりします。
家庭環境の影響とその有利不利について
自分の周囲で勉強熱心な人がいない場合、もっと勉強熱心な人たちの輪に入ることでその「やる気」をもらうことができます。自分で有利な環境を選んでいきましょう。
人間は信頼している人からより強く影響を受ける
人は信頼している人から最も影響を受けます。信頼は誠実さや優しさだけでなく、強さや優秀さも必要です。
心理療法家は信頼できる人でないとできない
あなたが誰かと一緒に勉強するときは自分が信頼に値する人間であり、相手も信頼できる人でなければなりません。心理療法でも同じです。
人間関係のストレスはいろいろな問題を生み出す
普段からあまりストレスの強い生活をしていると勉強に集中できないことがあります。自分のストレスがどこにあるか探ってみましょう。
健全な人間関係を持っている人は心理的な病気にかからない
普段から良好な人間関係に恵まれている人は心理的な病気にかからず、ストレスが低いです。勉強に集中できる環境を作るため、周囲との人間関係を大切にしましょう。
伝統的な心理療法のやり方
伝統的な心理療法は相談者の話を聴くことを最重要視していますが、勉強や中毒の治療ではそれだけでなく、行動を促すためのアドバイスが必要です。
心理カウンセラーとしてふさわしい態度
心理カウンセラーの理想の態度は、普通の仕事のできる人と同じです。優しさだけでなく、強さと厳しさも必要です。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会