人間関係のストレスはいろいろな問題を生み出す

人間関係のストレスはいろいろな問題を生み出す

人間関係は新しいやる気を起こさせる可能性もありますが、逆にストレス原因になることもたくさんあります。
多くの人間関係、特に家族以外の人間関係は常にある程度のストレスのあるものです。

 

この人間関係のストレスというのは、私たちが自覚している以上に強いことが多いです。
単に嫌いな人が自分のストレスになることもありますが、誰にも相手にされない、つまり孤立というストレスもあります。

 

 

人間関係のストレスは最も強いストレスの一つ

ストレスにはいろいろな原因があります。人間関係の悩みだけでなく、勉強できないことに対する自信のなさとか、将来の不安とかもあります。
部活がきつすぎてつらいとか、給料が不安定でストレスになるとか、世の中にはいろいろなストレスがありますが、それでも人間関係というのは極めて深刻なストレスになる可能性を持っています。

 

実は重度の「中毒」の原因は、多くが人間関係にあるといわれています。
何らかの人間関係のストレスが解消されないために、ギャンブルやアルコールなどにハマってしまう人が、驚くほど多いのです。
もちろんほかの、人間以外の何か不安な原因があるのかもしれませんが、現実のところ多くの中毒の原因が人間関係のストレスにあるそうです。

 

 

ストレス解消

ストレスがたまると、何らかの方法で発散、解消するのが普通です。
それは人によって異なり、たとえばスポーツをやるとか芸術活動にいそしむとか、仲のいい友達とおしゃべりするとか食べたり飲んだりと、いろいろあります。

 

これらがうまくできないと、どんどんストレスがたまっていきます。
うまく発散できないと、別に時間を取って何らかの方法で発散させようとすることが少なくありません。
それは本人があまり意識せずに行われることが多くあります。

 

学校や職場から帰り、毎日2時間は勉強しようとしていても、なぜか遊んだり飲んだり食べたりしてしまう、しかもそれはずっと毎日続くことがあります。

 

普段の生活でかかっているストレスが強いと、家に帰ってからも発散する必要があり、その発散に時間をかけなければ気が済まなくなることが多いです。
職場や学校で受けているストレスが減れば、家に帰ってからの自分の行動も、より調整しやすいようになるでしょう。

 

それは難しいことに見えるでしょうが、もしその原因が人間関係のもの、たとえば嫌いな人と付き合わなくてはならないとか、孤立しているとかであれば、自力でそのストレスを減らすことができるかもしれません。
人間関係を減らすのは難しいかもしれませんが、新しい人間関係を作って孤立を和らげたり、楽しみを増やせば、それだけでかなりのストレスを減らせることが多いです。

 

人間関係を調整することにより、さらに勉強するための動機を得られる可能性があります。
特に勉強のやる気のある人と付き合うようになると、自分も勉強する気が出ることが多いです。
しかし逆の可能性もあります。人間関係は、勉強のやる気をなくさせることもあります。

 

もし勉強がまったくやる気がなく、遊ぶことばかり考えている人と新しく付き合うようになったら、あなたも勉強したくなくなる可能性が高いです。

関連ページ

7章のまとめ
勉強するのに他人は関係なさそうな気がしますが、自分のものの考え方や行動も周囲の人たちとの影響を強く受けています。人間関係についてみていきましょう。
信頼関係がないと協力してもうまくいかない
誰かと協力して勉強しようというとき、あなたがその人に信頼されており、あなたもその人を信頼していなければあまり効果が出ません。
人間関係は私たちの価値観に絶大な影響を及ぼす
私たちの価値観(物事の良しあしを判断する基準)は周囲の人々から強い影響を受けており、自分から人々に働きかけることである程度自分の価値観をコントロールできます。
家庭内では性格は補い合うが価値観は同じ
家庭環境は人の価値観を形成するもっとも重要な環境要因です。子供は親を選べませんが、親の影響が強く子供に作用することは覚えておいて損はないでしょう。
周囲の人間が変わると自分も変化する
家族や友人関係では、メンバーの変更(追加されたりいなくなったり)があるとほかのメンバーも全体の均衡を取るために性格が変わったりします。
家庭環境の影響とその有利不利について
自分の周囲で勉強熱心な人がいない場合、もっと勉強熱心な人たちの輪に入ることでその「やる気」をもらうことができます。自分で有利な環境を選んでいきましょう。
人間は信頼している人からより強く影響を受ける
人は信頼している人から最も影響を受けます。信頼は誠実さや優しさだけでなく、強さや優秀さも必要です。
心理療法家は信頼できる人でないとできない
あなたが誰かと一緒に勉強するときは自分が信頼に値する人間であり、相手も信頼できる人でなければなりません。心理療法でも同じです。
健全な人間関係を持っている人は心理的な病気にかからない
普段から良好な人間関係に恵まれている人は心理的な病気にかからず、ストレスが低いです。勉強に集中できる環境を作るため、周囲との人間関係を大切にしましょう。
伝統的な心理療法のやり方
伝統的な心理療法は相談者の話を聴くことを最重要視していますが、勉強や中毒の治療ではそれだけでなく、行動を促すためのアドバイスが必要です。
心理カウンセラーとしてふさわしい態度
心理カウンセラーの理想の態度は、普通の仕事のできる人と同じです。優しさだけでなく、強さと厳しさも必要です。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会