心理カウンセラーとしてふさわしい態度

心理カウンセラーとしてふさわしい態度

心理カウンセラーとしてふさわしい態度というものがあります。
その態度というのは

 

信頼関係をもとに他人に影響を与えられる態度

 

ということでもあります。
(ただしこれは理想的な心理カウンセラーの態度であり、実際のカウンセラー達が常に理想的な態度を取っているとは限りません)

 

理想的な心理カウンセラーの態度というのは、俗な言葉でいえば「強さと優しさ」です。優しさだけでは不十分です。
それは少し前のページでも説明したように、会社のような場では優しいだけの人間は全く役に立たず、優秀で仕事ができることが絶対に必要です。

 

心理カウンセラーは俗に「愚痴を聞く仕事」と思われていることもあり、何でも話を聴いてくれる、とても優しい人がやっているのだと思われることが少なくありません。
実際、うつ病の患者や心にトラウマを抱えた人などを「癒す」という仕事内容なので、そう思われるのも自然なことです。

 

しかしながら、うつ病やトラウマなど、自分の心の傷と向き合い、それを克服するというのは大変なことです。
信頼できる人と話し合う場が用意されることも重要ですが、自分の心のあり方を変えるには、相当の決断力、強さ、勇気も必要になります。
それはただの優しさ、というより、ただ甘やかしているだけでは治ったりはしません。

 

自分の心のあり方を変えるには、仕事をするのと同じく、強い指導者のもとでのアドバイスが必要になります。
会社で仕事をするときは、優しいけれども弱い人に相談しても失敗します。自分が成長できず、その仕事自体も失敗に終わるでしょう。

 

 

心理カウンセラーの強さと厳しさ

心理カウンセラーはよく「相手のすべてを受け入れなさい」などといわれます。それは聞こえはいいのですが、ただ受け入れるだけでは何も変わりません。
巷でしばしば「カウンセラーに相談しても何にもならなかった」といわれることが多いのですが、これをカウンセラー自身が勘違いしていることもよくあります。
つまりカウンセラー自身が、ただ相手のいうことを聞いて、すべてを受け入れればそれで仕事が終わりなのだ、と思っている場合です。

 

カウンセラーには厳しさも必要です。
もちろんあまりに厳しい態度を取って、相談者が自力で回復する気力を失っては、効果はありません。

 

カウンセラーは相手の心のあり方を変えるという仕事ですが、これは自分で自分を変えるときにも同じことが当てはまります。
つまり自分一人で自分の気持ちや行動を変えるという場合、自分自身がカウンセラーとなり、自分に向かってアドバイスするようなものだと思ってください。

 

そのときただただ自分を甘やかしているだけでは何も変わりません。むしろ自分一人で解決しようとする場合、自分に対してただただ厳しい態度が必要になるでしょう。怠惰を許さず、何としてもやり遂げる決意と行動が必要になります。

 

しかし強さといっても、自分の弱さを認めることも必要です。
自分の弱さがあれば、これに向き合い、正していく態度が求められるでしょう。

 

 

心理カウンセラーの派閥

少し余談になりますが、日本の心理カウンセラーには派閥のようなものがあります。
ロジャーズ派とかユング派とか、認知行動療法とか無数にあります。

 

これらは当然すべて同じようなやり方をするわけではなく、派閥によっていろいろな方針、手法が異なります。

 

しかしこれらどの派閥を取っても、相談者との信頼関係を重要視し、相談者の話をよく聞くことについては共通しています。
信頼関係や共感的傾聴の姿勢は、人に影響を与えるための態度として間違いない部分であるという認識は、ほぼ間違いないということです。

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

7章のまとめ
勉強するのに他人は関係なさそうな気がしますが、自分のものの考え方や行動も周囲の人たちとの影響を強く受けています。人間関係についてみていきましょう。
信頼関係がないと協力してもうまくいかない
誰かと協力して勉強しようというとき、あなたがその人に信頼されており、あなたもその人を信頼していなければあまり効果が出ません。
人間関係は私たちの価値観に絶大な影響を及ぼす
私たちの価値観(物事の良しあしを判断する基準)は周囲の人々から強い影響を受けており、自分から人々に働きかけることである程度自分の価値観をコントロールできます。
家庭内では性格は補い合うが価値観は同じ
家庭環境は人の価値観を形成するもっとも重要な環境要因です。子供は親を選べませんが、親の影響が強く子供に作用することは覚えておいて損はないでしょう。
周囲の人間が変わると自分も変化する
家族や友人関係では、メンバーの変更(追加されたりいなくなったり)があるとほかのメンバーも全体の均衡を取るために性格が変わったりします。
家庭環境の影響とその有利不利について
自分の周囲で勉強熱心な人がいない場合、もっと勉強熱心な人たちの輪に入ることでその「やる気」をもらうことができます。自分で有利な環境を選んでいきましょう。
人間は信頼している人からより強く影響を受ける
人は信頼している人から最も影響を受けます。信頼は誠実さや優しさだけでなく、強さや優秀さも必要です。
心理療法家は信頼できる人でないとできない
あなたが誰かと一緒に勉強するときは自分が信頼に値する人間であり、相手も信頼できる人でなければなりません。心理療法でも同じです。
人間関係のストレスはいろいろな問題を生み出す
普段からあまりストレスの強い生活をしていると勉強に集中できないことがあります。自分のストレスがどこにあるか探ってみましょう。
健全な人間関係を持っている人は心理的な病気にかからない
普段から良好な人間関係に恵まれている人は心理的な病気にかからず、ストレスが低いです。勉強に集中できる環境を作るため、周囲との人間関係を大切にしましょう。
伝統的な心理療法のやり方
伝統的な心理療法は相談者の話を聴くことを最重要視していますが、勉強や中毒の治療ではそれだけでなく、行動を促すためのアドバイスが必要です。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会