8章のまとめ

8章のまとめ

あなたは勉強についての悩みがあってこのサイトを読んでいます。問題を解決するためには、その問題について、よくよく調べる必要があります。

 

勉強がつまらなすぎて集中力が続かないのか、勉強すべき時間に遊んでしまうのか、勉強が難しすぎてやる気が出ないのか、問題の種類によってやるべき対応は異なります。

 

勉強と関係なさそうでも、何か悩みがある場合、それが問題で勉強のやる気に影響が出ているかもしれません。
だから何か悩みがあるときは、何でもそれを取り上げて考えてみてください。それは間接的に勉強と関係あるかもしれません。

 

問題について改めてしっかり考えないと、どう解決すればいいのかわからないことが多いです。
そして問題を取り上げて説明するだけで、目標を思いついて解決することがあります。ちゃんと説明しないと案外問題の解決が分からないことが多いです。

 

問題について詳しく説明することで、解決の糸口がつかめることがよくあります。

 

勉強すべきなのに、ゲームに夢中になってしまってやめられない、という例を挙げて、問題の分析のしかたを見てみましょう(ゲーム以外でも、たとえば漫画や友達とのおしゃべりに夢中になってしまうとかでも同じことです)

 

5W1H

いつどこで問題行動が起こるのか、なぜそれが起きてしまうのか。
「いつ」「どこで」を詳しくすることで、その時間、その場所でだけ問題行動を起こさないように気をつければいいことが分かります。家にいる間いつも気を付け続けるのは大変です。
その時間、その場所でだけ問題行動をやらないように集中すればいいのです。

 

具体的にする

たとえば問題行動が「ゲームや漫画がやめられない」という場合、どのゲームがやめられないのか、ほかのゲームでも同じようになるのかなど、はっきりさせましょう。
そのゲームだけ中毒になってしまうなら、そのゲームソフトを捨てればいいだけです。しかしどのゲームでも中毒になってしまうなら、ゲーム機そのものを捨てなければなりません。

 

未来

もしこのまま続ければどうなるか?もしこれをやめれば?と質問してみましょう。
ゲームがやめられないなら、それを続けたらどうなるか、やめればどうなるか、質問してみます。
具体的に答えが出るまで、答えを探し続けます。それによって問題の深刻さがよく理解でき、解決する動機が得られます。

 

過去

その問題の解決は、以前はできたことはあるか?と質問してみましょう。
もし過去にゲーム中毒が治ったことがあるなら、その時のやり方をもう一度再現してみましょう。

 

 

 

私たちの習慣は、呼吸のように普段は無意識的に行われています。
こういった行動を意識的にコントロールするためには、意識的に認識することである程度コントロールできるようになります。

 

もしゲームがやめられないというなら、毎日ゲームをしようとする直前に意識を向け、集中しなければなりません。
そのとき(ゲームをする直前)どんな感じがするか、何がきっかけでその行動を起こすのか、それはたいてい何時ごろに起こるか、どこで起こるのか・・・明らかにしていきましょう。
それをはっきりさせればさせるほど、その瞬間に意識を集中できるようになります。

 

普段なんとなくやってしまう問題行動は、その解決方法をほとんど意識していません。
問題をはっきりさせたら、解決方法を具体的に出しましょう。
「ゲームやめないとなー」という程度ではいけません。たとえば「ゲームをしばらくどこか見えないところに隠す」とか「このゲームは勉強のこれとこれが終わるまではやらない」とか、具体的に自分の行動を設定します。

 

お知らせ

2017/7/29(土)「関西創作系オフ会」を開催いたします。ご参加お待ちしています。

関連ページ

問題を認識する
勉強の習慣を身に着けるために、勉強できない自分の悩みを取り上げる必要があります。しかし問題の根源は勉強と一見関係なさそうな場合もあります。
一見無関係そうな問題の根源を処理する
悩みを解決するためにはその原因を探る必要がありますが、それは意外な原因であることもあります。自分のストレスの原因がなんなのか説明してみましょう。
問題を詳細に探る
問題が分からなければまず目標を立てて勉強してみます。うまくいかなければこれを分析し、問題行動がなんなのか探っていきましょう。
5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どうやって)
自分の悩みに対して、いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どうやって?と質問してみましょう。問題がはっきりすることで具体的な解決策が見えてきます。
具体化
5W1Hのほかにも、言葉の内容を具体化することで問題の解決がわかったり、不適切な思い込みを治すことができる場合があります。
「もし〜ならば」と問いかけてみる
自分に「もしこのままいくと将来どうなるか」「もしこの悩みを解決したら将来どうなうか」と問いかけてみましょう。それで問題解決の必要性がもっとわかるはずです。
「過去に一度でもできたことはないか?」と問いかけてみる
過去に問題を解決できたことがあれば、その時のことをを詳しく思い出して再現することで問題解決ができます。
他人に説明するときに役立つ「たとえ」
誰かの協力やアドバイスを得るとき、自分の感覚が理解されにくい時にたとえを使って説明すると分かってもらいやすくなります。
思い込みをなくすための「比較・判断・読心術」
ネガティブな思い込みで勉強する気が出ない場合「何と比べて」「誰がそういうのか」「なぜそれがわかるのか」と質問することで誤った思い込みを減らせます。
意識と無意識を理解する
大半の習慣は無意識で行われるため、それを変えようとした場合、問題が起こる瞬間に意識できるようになる必要があります。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会