問題を詳細に探る

問題がよくわからなければまずは目標作りから

いきなり「自分の問題について話せ」と言われても、よくわからないかもしれません。
「問題って、勉強ができなくて困ってるんだけど」「やる気が出なくて勉強できない」くらいしか思い浮かばないかもしれません。

 

問題がよくわからない場合とか、なんとなく勉強できないという場合は、問題を取り上げる前に目標を作り、やってみてください。
それでうまくいかなかったら、どういうふうにうまくいかなかったのかを分析し、問題を取り上げて解決していきましょう。

 

目標の作り方については次の章で説明しています。
明日の勉強時間を今日よりも少し増やし、決めた時間に勉強します。
その時勉強する量も決めます。問題集を何問やるとか、詳しく設定します。

 

明日の何時から勉強を始め、何分間勉強をして問題を何問終わらせるという感じで決めます。

 

 

問題行動がわかってきた場合

問題行動がある場合、それを具体的に認識することで、その理由や根本の原因を明らかにしたりできます。
したがって問題について考えるとき、何か問題を具体的にするようなマニュアルがあるとやりやすいです。

 

これについて、心理療法の技法のひとつで、「メタモデル」というものを紹介します。
難しそうに聞こえるかもしれませんが、私たちが普段使っている話の方法の一つです。特殊なテクニックとかではありません。

 

心理療法の現場では、相談者は問題についてあいまいなまま口にしたりするものです。
これを詳細化し、問題をより詳しく認識させるため、治療者がどんなふうに質問したらいいか、というのをまとめたものをメタモデルと呼んでいます。

 

何でも具体的に、詳細な内容を探るための質問集みたいなものです。
これは問題行動だけでなく、行動や勉強内容の目標・計画を立てるときにも役に立ちます。

 

自分の問題について、これらの手法で自身に質問してみましょう。

 

例を挙げながら説明していきます。
次のページから、「勉強すべき時にゲームばかりしてしまう」という例を取り上げてみましょう。

 

ただ、ここではゲームをやめるという例を挙げていますが、ほかの問題行動がある場合でも同じです。
「何もせずにだらだら過ごしてしまう」「アルコールがやめられない」「動画ばかり見て時間を無駄にしてしまう」というような問題行動があった場合にも同じようなやり方で問題を明らかにしていきましょう。

 

関連ページ

8章のまとめ
この章では問題を具体化し、詳しく分析・認識することで問題の具体的な解決を探る方法を学んでいきます。
問題を認識する
勉強の習慣を身に着けるために、勉強できない自分の悩みを取り上げる必要があります。しかし問題の根源は勉強と一見関係なさそうな場合もあります。
一見無関係そうな問題の根源を処理する
悩みを解決するためにはその原因を探る必要がありますが、それは意外な原因であることもあります。自分のストレスの原因がなんなのか説明してみましょう。
5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どうやって)
自分の悩みに対して、いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どうやって?と質問してみましょう。問題がはっきりすることで具体的な解決策が見えてきます。
具体化
5W1Hのほかにも、言葉の内容を具体化することで問題の解決がわかったり、不適切な思い込みを治すことができる場合があります。
「もし〜ならば」と問いかけてみる
自分に「もしこのままいくと将来どうなるか」「もしこの悩みを解決したら将来どうなうか」と問いかけてみましょう。それで問題解決の必要性がもっとわかるはずです。
「過去に一度でもできたことはないか?」と問いかけてみる
過去に問題を解決できたことがあれば、その時のことをを詳しく思い出して再現することで問題解決ができます。
他人に説明するときに役立つ「たとえ」
誰かの協力やアドバイスを得るとき、自分の感覚が理解されにくい時にたとえを使って説明すると分かってもらいやすくなります。
思い込みをなくすための「比較・判断・読心術」
ネガティブな思い込みで勉強する気が出ない場合「何と比べて」「誰がそういうのか」「なぜそれがわかるのか」と質問することで誤った思い込みを減らせます。
意識と無意識を理解する
大半の習慣は無意識で行われるため、それを変えようとした場合、問題が起こる瞬間に意識できるようになる必要があります。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会