5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どうやって)

5W1H

5W1Hとは、英語の疑問詞のことです。Whwn,Where,Who,What,Why,Howのことです。
つまり問題に対して「いつ、どこで、誰が?」「何を、なぜ、どうやって?」と尋ねることです。

 

たとえば問題が「私は家で勉強しないんです」と言っている場合、「どのように勉強しないのか?」と尋ねてみます。
すると「勉強すべき時間にゲームをしてしまう」という答えが出てきたとしましょう。

 

またそれは、「いつ、どこで」起こるものでしょうか?
たとえば「午後9時くらい、自室で」などと答えが返ってくるかもしれません。

 

問題を詳しくすることで、我慢すべき時間が明らかになります。
この場合、午後9時くらいに自室でゲームをしてしまうのですから、ほかの時間、ほかの場所では「ゲームをしないでおこう」とは思わなくていいわけです。
家に帰ってから寝るまで常に「ゲームしないぞ!」と念じ続けながら生活するのはしんどいです。心が持ちません。
こうして詳しくすることで、その瞬間、その場所でだけ我慢すればいいので、心的な負担が少なくて済みます。

 

さらに質問を続けましょう。
「誰が?」「何を?」というのは、「自分自身がゲームをしてしまう」です。この質問は今は必要ないでしょう。

 

そして「なぜ?」という質問です。これは少し難しいかもしれません。
ついゲームをしてしまう理由は、単に退屈だから、面白いことがしたいからという理由かもしれません。

 

しかしたとえば、休日はあまりゲームしないのに平日はしてしまうという場合、学校でのストレス発散のためにしているのかもしれません。
また学校でストレスをためていないことに本人自身も気づいていない場合もあります。
「なんとなく学校から帰るとやりたくなる」という感じかもしれません。

 

それはそれでいいのです。無理に理由を作る必要はありません。ほかの質問をしているうちに、原因が明らかになることもあります。

 

さてここまで質問したことで「午後9時に自室でゲームをして遊んでしまう。しかもその原因は学校でストレスがたまっているから」ということがわかったとしましょう。
この場合、まずは午後9時に自室でにいるときに意識を集中し、ゲームをしないように我慢します。
さらに学校のストレスが原因なので、そのストレス解消手段を別に用意しておくといいでしょう。たとえば友人や親、兄弟にその悩みをしゃべるとすっきりするかもしれません。
この場合、勉強する前にちょっと友人や親や兄弟とおしゃべりの時間を作るなどし、勉強前にストレスを発散するといいでしょう。

 

このようにして、ストレスを最小限に抑えつつ、問題行動が起こるときに意識を集中させ、我慢できるように自分を持っていきます。

 

さらにほかの質問を見ていきましょう。次のページへ行きます。

関連ページ

8章のまとめ
この章では問題を具体化し、詳しく分析・認識することで問題の具体的な解決を探る方法を学んでいきます。
問題を認識する
勉強の習慣を身に着けるために、勉強できない自分の悩みを取り上げる必要があります。しかし問題の根源は勉強と一見関係なさそうな場合もあります。
一見無関係そうな問題の根源を処理する
悩みを解決するためにはその原因を探る必要がありますが、それは意外な原因であることもあります。自分のストレスの原因がなんなのか説明してみましょう。
問題を詳細に探る
問題が分からなければまず目標を立てて勉強してみます。うまくいかなければこれを分析し、問題行動がなんなのか探っていきましょう。
具体化
5W1Hのほかにも、言葉の内容を具体化することで問題の解決がわかったり、不適切な思い込みを治すことができる場合があります。
「もし〜ならば」と問いかけてみる
自分に「もしこのままいくと将来どうなるか」「もしこの悩みを解決したら将来どうなうか」と問いかけてみましょう。それで問題解決の必要性がもっとわかるはずです。
「過去に一度でもできたことはないか?」と問いかけてみる
過去に問題を解決できたことがあれば、その時のことをを詳しく思い出して再現することで問題解決ができます。
他人に説明するときに役立つ「たとえ」
誰かの協力やアドバイスを得るとき、自分の感覚が理解されにくい時にたとえを使って説明すると分かってもらいやすくなります。
思い込みをなくすための「比較・判断・読心術」
ネガティブな思い込みで勉強する気が出ない場合「何と比べて」「誰がそういうのか」「なぜそれがわかるのか」と質問することで誤った思い込みを減らせます。
意識と無意識を理解する
大半の習慣は無意識で行われるため、それを変えようとした場合、問題が起こる瞬間に意識できるようになる必要があります。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会