理想的な計画の立て方

理想的な計画の立て方

目標とか計画とか説明する前に、まずは理想的な計画の立て方を説明しておきます。
ただ、これはあくまで理想的なやり方であって、今まで勉強計画を立てたことがない、という人には難しいかもしれません。
計画を立てたことがない人は、まずは一番簡単な計画の立て方を試し、できるようになったら長期計画あるいはこの理想的な計画の立て方を実践するようにしてみてください。

 

 

理想的な計画の立て方・手順

理想的な計画の立て方ですが、まずは最終的な結果(受験に受かる、資格試験に受かるなど)を出すために、どのテキストや問題集をどれだけやらなければならないか、という情報を集めます。
このとき、やるべきことを「数字」で出します。そしてそれがどれくらいの時間がかかるかというのも、やはり「数字」で出します。

 

次にそこから逆算し、1日に具体的にどれだけやらなければならないか、を出します。このとき予定通りにならない可能性を見て、少し時間的に余裕を取っておきます。
それが1日の勉強時間内で終わるかどうかを検証します。終わらないようなら、終わるように勉強時間を増やすか、あるいはどうしても不可能なら目標を落とします。

 

そして毎日決めたノルマをこなしていきます。計画よりもずれて遅れて来たら、その都度計画を修正します。

 

やることはこれだけです。
言葉でいえばこれだけですが、本当に実行するのは簡単ではありません。

 

 

このサイトの例

計画の立て方の例として、このサイトの運営のしかたを例に挙げてみましょう。
この記事を執筆している時点で、サイトの記事数は約150ページですが、まだまだやることがあります。

 

やるべきこととそれにかかる時間を挙げてみますと

 

  • サイトを作る(全部で400ページ程度になる予定、現在150ページなので残り250ページ、あと3か月程度かかる予定)
  • メールマガジンを発行する(具体的な行動マニュアル、100ページ程度を予定、2か月程度かかる予定)
  • youtubeで動画講座を作成(200個程度、3か月程度を予定)
  • 無料でメールや電話相談の受付(システムの作成自体は数日で作れる)
  • 店舗経営

 

という手順です。

 

全部足すとおよそ8か月少しかかる予定ですが、ビジネスの立ち上げというのは試験とは異なるので、うまくいかないときの修正なども含めると、もう少し時間がかかりそうです。
その軌道修正のために4か月ほどとっておき、約1年で店舗経営までたどり着くか、という予定です。

 

 

まずは短期目標を立てて試す

この計画のしかたには、やるべきことの数字(何ページつくるとか)が書かれていて、それにかかる時間まで設定してありますが、これは私が自分の文章を書くスピードを知っているからできることです。
もし自分の文章を書く速度が分かっていなければ、予定とまったく違うスピードかもしれません。予定したよりもはるかに遅れるかもしれません。

 

なのでまず、長期計画を立てるときには、自分の勉強スピードを知ることが必要になります。
一日にテキストを何ページ読めるかとか、問題を何問やれるかとかを知っていなければなりません。
しかもそれらは、実際にやってみないことにはわからないことです。頭の中で予想するスピードとは違っていたら、予定通りにいきません。

 

そして自分がどれくらいのスピードか試すためには、まず勉強してみなければわかりません。勉強する習慣がついていなければ、それを計ることすらできないわけです。
そこでまずは目先の目標を設定し、それを何日かこなしてみる、それで自分の速度がわかり、ある程度勉強を続けられるという確信が持ててから、長期計画を立てることをおすすめしています。

 

もちろん目先の目標だけではやる気が出ないから、最初から長期目標を立てようという方はそれでもかまいません。

 

目標を作り、計画を立てること自体が一つの能力です。
そしてそれも、個人それぞれに合った一番いい計画の立て方があります。

 

私は上で示したような、およその数字を期間を決めてやる方法でうまくいきますが、あなたはもう少し別の方法がうまくいくかもしれません。
しかしもし、どの計画の立て方が一番うまくいくかわからないなら、とりあえずは私の提案する方法でやってみてください。
それでうまくいかなければ、自分に合うように改良してみましょう。

 

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

9章のまとめ
勉強計画を立てるときに最も重要なことは、数字で計画を設定することです。今日一日、どれくらいの時間でどれくらいの勉強をするかはっきりさせましょう。
計画には立て方がある
勉強計画には立て方があります。どんなに気合いを入れても根性を出しても、正しい計画の立て方を知らなければ予定通りにはいきません。
まずは勉強時間を確保する
勉強の習慣をつけるために計画を立てることは非常に重要です。まず明日、今日より少しだけ勉強時間を増やしてみましょう。
勉強内容について
勉強の内容ですが、あれこれ問題集に同時に手を付けるのではなく、一つの問題集だけ集中して終わらせるほうが、学力にかたよりがなく身に着くのでいい結果が出せます。
理論上確保できる時間
勉強時間を計画するとき、まず現在の自分の「自由時間」を出し、その中でどれくらい勉強しているかを数字で出します。そして明日は今日より少し長く勉強するように計画します。
目標の立て方のコツ
目標を立てるときは「今すぐに」「何をすればいいか」をはっきりさせます。それも時間と量、つまり数字で目標を決めます。
時間と量
明日の勉強計画を立てるとき「どれくらいの時間で」「どれだけの量やるか」を決めます。できれば量を設定して終わるまで勉強しましょう。
次の日にやること
1日単位の計画を立てたらその日のうちに結果が分かります。うまくいかなければ計画を立て直します。
何かする直前に頭の中で計画を立てる
勉強する直前に、今日の間にどれくらいの時間かけて、どれくらいの問題をするかの計画を確認しましょう。わずかな頭の中の作業ですがとても重要です。
小さな目標を何度も成功させることで自信がつく
毎日計画を立て、どこかに問題があればその日のうちに修正します。結果が早くわかることで問題も早く訂正できます。
長期的目標を立てる
日単位の計画を達成できるようになったら、今度はもっと長期の計画を立てていきます。そして長期計画も、やった後にどれだけ達成できたかを必ずチェックします。
理想の目標と実際の達成度のずれを訂正する
計画を立てても常にその通りにノルマを達成できるとは限りません。うまくいかなければそのたびに計画を修正します。
情報を集める
試験や受験に合格するために必要な情報を十分集めておきましょう。問題をどれだけやるか、試験で目指す偏差値はいくらか、しっかり把握しておきましょう。
自由時間がそもそも少ない場合
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処・問題別
他人の影響で自由時間を確保できない場合、勉強時間を確保できるように彼らに頼んでみましょう。一人だけで何とかやろうとするよりも効果的なことが多いです。
どうでもいいことを省いて時間を作る
普段の生活を振り返ってみると、緊急だけれども重要でないことをやっていることがあります。これは省略できます。その分勉強時間に回しましょう。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会