目標の立て方のコツ

目標の詳細度とやる気

目標の立て方というのがあります。
そして目標の立て方を間違っていると、何をすればいいかわからないだけでなく、まったくやる気が出ません。

 

目標の立て方によってやる気が出たりでなかったりします。

 

重要なことは「今すぐ、何をすればいいかはっきりしている」ことです。

 

2点、重要なことがあり、「明日(あるいは今すぐ)」「何をすればいいか具体的に」わかっていることです。

 

 

明日何をすればいいかを具体的に書く

目標の設定期限が、すぐ近くの未来にすることが大事です。
今すぐとか、明日中にとか、そういう表現にしてください。

 

計画づくりに慣れればずっと後のことも計画するのですが、まず慣れていない現在は、すぐ後のことをまず書くようにします。

 

これがあまり後のことだったり、長期的な期限だとやる気が出なくなります。

 

たとえば「1か月後には毎日3時間勉強できるようになる」などです。
あなたが一番コントロールしやすい時間は、できるだけ今より近い未来、つまり「今すぐ後」です。
計画を立ててから、できるだけすぐ未来のことのほうが、達成する可能性が高いです。

 

あまり後のことを計画すると、たとえば「1か月後に○○をする!」などといっても、1か月後には今の気持ちを忘れているかもしれないしれません。
これと決めたらできるだけ早い時期のほうが実行できる可能性が高いです。

 

長期的な目標を立てると、必然的に内容もあいまいになります。
たとえば「将来医者になる」とか「○○大学に受かる」とかです。
いつまでに何をやればいいか全くわかりません。

 

さらに目標を立てるときは「具体的に」というのが重要です。具体的というのは、数字で表すということです。
今すぐ未来でも、内容が具体的でないとやる気が出ません。

 

たとえば「今すぐ医者になるための努力をする」といっても、何をすればいいかわかりません。

 

「明日この問題集を頑張ってやる」というのもいけません。
「頑張ってやる」では、どこまでやればいいかよくわからないからです。

 

「明日30分勉強する。そしてこの問題集の○問〜○問までやる」というふうに目標を設定してください。

 

そしてちゃんと数字で目標を出すようにします。
たとえば「○○問、問題をやる」とか「○ページテキストを読んで理解する」というふうにです。
数字で設定しないとあいまいになってしまい、どれくらいやったら終わるのかわからなくなってしまいます。

 

数字で課題を出していくことで、「これだけやったら終わり」というのが出せ、それまで耐えられるようになります。

 

 

長期的な目標が別にあってもよい

ただし、長期的な目標を持ってはいけないのかというと、そういうことはありません。
あなたが将来医者になることを目指しているのなら、「医者になる!」という目標はあってもいいし、重要なことです。

 

しかしそれはあくまで最終的なゴール、夢であり、「計画を伴う目標」ではないので注意してください。
こういうあいまいで長期的な目標は、具体的に何をすればいいかわからないので、次の行動につながりません。

 

目標は、行動につながらなければ意味がありません。

 

ごろごろ寝ていながら「医者になる!必ず医者になる!!」と、どんなに強く念じても意味はないのです。
強く念じてもだめです。勉強しないと医者にはなれません。

 

医者になるという夢があれば、それはそれでいいのです。
それとは別に、ちゃんとした具体的な計画を立てましょう。

 

 

具体的な目標で「行動」する気になる

人間、具体的に「何をすればよいか、どう行動すればいいか」がわかっていれば、計画を行動に移しやすいものです。

 

この「行動する」ことが重要です。勘違いしやすいところですが、

 

やる気が出る = 行動できる

 

わけではありません。

 

あいまいな目標を定めても、「やる気」は出ることがあります。

 

たとえば本気で医者になりたいので「将来医者になる!}という目標を設定したとします。
これでなんとなく「やる気」はでるのです。テンションが上がり、さらに自分が医者になって活躍しているところを想像したりすると、さらにテンションが上がります。
なんとなく、すごく「やる気」が出るような気がするのですが、勉強はしないのです。

 

これは最初の章でも言ったことですが、人間は感動したり、心の中で強く念じたからといって、習慣が変わるわけではありません。
強く思っても行動は変わりません。少しは変わることもありますが、でもあまり効果がないでしょう。

 

「思いが世界を変える」とか、そういう言葉にだまされないように注意してください。
そんなもので世界が変わったら、誰も苦労はしません。

 

成績を上げるためには、勉強するという「行動」を起こすしかありません。
そして行動を起こすためには、「行動」の内容をしっかりわかるように、具体的に設定することが必要なのです。

 

「1日10分この机に座って勉強し、この問題を1問解く。そして答え合わせをし、間違っていれば解答を見て理解する。それで終わり」のように設定します。

 

関連ページ

9章のまとめ
勉強計画を立てるときに最も重要なことは、数字で計画を設定することです。今日一日、どれくらいの時間でどれくらいの勉強をするかはっきりさせましょう。
計画には立て方がある
勉強計画には立て方があります。どんなに気合いを入れても根性を出しても、正しい計画の立て方を知らなければ予定通りにはいきません。
理想的な計画の立て方
理想的な計画の立て方は、長期計画から逆算して1日のノルマを出していく方法です。そして計画が狂ったら、随時修正していきます。
まずは勉強時間を確保する
勉強の習慣をつけるために計画を立てることは非常に重要です。まず明日、今日より少しだけ勉強時間を増やしてみましょう。
勉強内容について
勉強の内容ですが、あれこれ問題集に同時に手を付けるのではなく、一つの問題集だけ集中して終わらせるほうが、学力にかたよりがなく身に着くのでいい結果が出せます。
理論上確保できる時間
勉強時間を計画するとき、まず現在の自分の「自由時間」を出し、その中でどれくらい勉強しているかを数字で出します。そして明日は今日より少し長く勉強するように計画します。
時間と量
明日の勉強計画を立てるとき「どれくらいの時間で」「どれだけの量やるか」を決めます。できれば量を設定して終わるまで勉強しましょう。
次の日にやること
1日単位の計画を立てたらその日のうちに結果が分かります。うまくいかなければ計画を立て直します。
何かする直前に頭の中で計画を立てる
勉強する直前に、今日の間にどれくらいの時間かけて、どれくらいの問題をするかの計画を確認しましょう。わずかな頭の中の作業ですがとても重要です。
小さな目標を何度も成功させることで自信がつく
毎日計画を立て、どこかに問題があればその日のうちに修正します。結果が早くわかることで問題も早く訂正できます。
長期的目標を立てる
日単位の計画を達成できるようになったら、今度はもっと長期の計画を立てていきます。そして長期計画も、やった後にどれだけ達成できたかを必ずチェックします。
理想の目標と実際の達成度のずれを訂正する
計画を立てても常にその通りにノルマを達成できるとは限りません。うまくいかなければそのたびに計画を修正します。
情報を集める
試験や受験に合格するために必要な情報を十分集めておきましょう。問題をどれだけやるか、試験で目指す偏差値はいくらか、しっかり把握しておきましょう。
自由時間がそもそも少ない場合
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処・問題別
他人の影響で自由時間を確保できない場合、勉強時間を確保できるように彼らに頼んでみましょう。一人だけで何とかやろうとするよりも効果的なことが多いです。
どうでもいいことを省いて時間を作る
普段の生活を振り返ってみると、緊急だけれども重要でないことをやっていることがあります。これは省略できます。その分勉強時間に回しましょう。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会