何かする直前に頭の中で計画を立てる

計画を忘れてはいけない

先生や親に言われて計画表を立て、「今日は何時から何時まで勉強する予定!」と計画したにもかかわらず、いつの間にか遊んで終わる、というようなことは誰でも経験があると思います。

 

計画表を立ててもなかなか思い通りにいかない理由の一つして、「計画を忘れてしまう」というのがあります。これを防がなければなりません。
この「忘れないようにする」というのは、単に計画表の内容を思い出すだけではありません。

 

 

勉強開始直前に今日の時間と量をチェックする

まず行動を、つまり勉強する前に、計画表を見直して「今日はこの時間からこの時間までに勉強するんだった」と確認する必要があります。
別に計画表を見直さなくても、内容を覚えていればそれで問題ありません。

 

大事なことは、勉強する前に「この時間までに何問終わらせる」というような、数字で目標を改めて確認しておくことです。
ちょっとしたことですが、とても重要です。

 

勉強計画は、立ててしまえばそれで終わりと思うかもしれませんが、本来は計画を立てることで自分を監視しながら自分自身に注意するのが目的です。
紙に書けば終わりではなく、計画から外れないように常に注意し続けなければ書いた意味がありません。

 

勉強を始める前に、ほんの数秒でいいので、時計を見て

 

「この時間からこの時間まで勉強し、何問終わらせる」

 

と思い出してください。
ほんのわずかな確認作業ですが、この確認をしっかりしておくことで成功率がずっと上がります。
そして勉強しながら時々時計をチェックし、計画が順調に進んでいるかを見ます。今日の勉強が終わるまでそれを続けます。

 

 

昨日計画した「数字」と「やる気」を思い出す

私たちはどうしても時間とともにいろいろなことを忘れていきます。
目標や計画自体は紙やデータに残しておけば見直すだけで思い出せますが、計画を立てたときの「決意」や「やる気」までは記録されていません。

 

昨日に習慣を変えるための技法を使っていたとしても、今日はそれを忘れているかもしれないのです。忘れていけばいつもと同じことが起こってしまい、うまくいきません。

 

計画表を見直すと同時にやる気や決意も思い出せると思います。特に計画は、自分で頑張って作ったものなら、見るだけでもたいていその時の決意がよみがえってくるはずです。
計画を他人に作ってもらったりすると、やる気は出ません。計画は必ず自分で作るようにしてください。

 

 

無意識の阻害

私たちの習慣行動は、そのほとんどが無意識的に行われています。
何も考えずにいつもの調子でいると、いつもの悪いパターン、つまり勉強しないパターンが行動として出てきます。

 

行動を変化させるときには、意識を集中して「昨日はこれだけの計画を立てたんだった」と思う必要があります。
時計を見ながら「この時間までに○問」と確認します。この過程が必要です。

 

 

「数字」と「やる気」を思い出す

心理学と行動の話ですが、人間はなぜか計画が具体的になればなるほど行動できます。
そして具体的とは「数字」のことです。

 

たとえば「今日は一生懸命勉強するぞ!」よりは「今日は30分勉強するぞ!」のほうが、その通りに勉強する可能性はずっと高いのです。
さらに「今日は9時から9時半まで勉強するぞ!」と開始時刻まで設定したほうがよく、さらに「今日は9時から9時半まで、この問題集の第12問目から第16問目までやるぞ」のほうがさらにいいです。

 

目標は詳しくすればするほど行動できる可能性が上がります。
そして間違えないようにしてほしいのですが

 

やる気が出る(あるいは感動する、強く念じる) = 行動できる

 

わけではありません。
実のところ、数字で目標を立ててもそれほどやる気が出るわけではありません。感動もしません。
しかし確実に行動はしやすくなります。数字があいまいだと怠けてしまいます。
人間、何かつらいことをやろうとするときは、数字によって自分の時間を縛り付けないとうまくいきません。

 

スポーツ選手のように、毎日勉強する前に「気合」なんてものを入れる必要はありません。
派手なパフォーマンスや聞こえのいい言葉は必要ありません。やる気を出すために何かに「感動」とかする必要はありません。

 

本当の学力は、毎日静かに身についていきます。

 

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

9章のまとめ
勉強計画を立てるときに最も重要なことは、数字で計画を設定することです。今日一日、どれくらいの時間でどれくらいの勉強をするかはっきりさせましょう。
計画には立て方がある
勉強計画には立て方があります。どんなに気合いを入れても根性を出しても、正しい計画の立て方を知らなければ予定通りにはいきません。
理想的な計画の立て方
理想的な計画の立て方は、長期計画から逆算して1日のノルマを出していく方法です。そして計画が狂ったら、随時修正していきます。
まずは勉強時間を確保する
勉強の習慣をつけるために計画を立てることは非常に重要です。まず明日、今日より少しだけ勉強時間を増やしてみましょう。
勉強内容について
勉強の内容ですが、あれこれ問題集に同時に手を付けるのではなく、一つの問題集だけ集中して終わらせるほうが、学力にかたよりがなく身に着くのでいい結果が出せます。
理論上確保できる時間
勉強時間を計画するとき、まず現在の自分の「自由時間」を出し、その中でどれくらい勉強しているかを数字で出します。そして明日は今日より少し長く勉強するように計画します。
目標の立て方のコツ
目標を立てるときは「今すぐに」「何をすればいいか」をはっきりさせます。それも時間と量、つまり数字で目標を決めます。
時間と量
明日の勉強計画を立てるとき「どれくらいの時間で」「どれだけの量やるか」を決めます。できれば量を設定して終わるまで勉強しましょう。
次の日にやること
1日単位の計画を立てたらその日のうちに結果が分かります。うまくいかなければ計画を立て直します。
小さな目標を何度も成功させることで自信がつく
毎日計画を立て、どこかに問題があればその日のうちに修正します。結果が早くわかることで問題も早く訂正できます。
長期的目標を立てる
日単位の計画を達成できるようになったら、今度はもっと長期の計画を立てていきます。そして長期計画も、やった後にどれだけ達成できたかを必ずチェックします。
理想の目標と実際の達成度のずれを訂正する
計画を立てても常にその通りにノルマを達成できるとは限りません。うまくいかなければそのたびに計画を修正します。
情報を集める
試験や受験に合格するために必要な情報を十分集めておきましょう。問題をどれだけやるか、試験で目指す偏差値はいくらか、しっかり把握しておきましょう。
自由時間がそもそも少ない場合
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処・問題別
他人の影響で自由時間を確保できない場合、勉強時間を確保できるように彼らに頼んでみましょう。一人だけで何とかやろうとするよりも効果的なことが多いです。
どうでもいいことを省いて時間を作る
普段の生活を振り返ってみると、緊急だけれども重要でないことをやっていることがあります。これは省略できます。その分勉強時間に回しましょう。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会