長期的目標を立てる

長期目標を立てる時期

日単位の計画が達成できるようになったら、次はもっと長期の目標を立てて達成できるようになりましょう。

 

ただし長期目標を立てるのは、あくまで日単位か、あるいは短い期間の目標を達成できるようになってからです。
それもある程度、繰り返して成功できるようになってからです。短期計画に慣れていないうちは、長期計画を作ってもうまくはいきません。

 

計画というのは、期間が短ければ短いほど簡単で成功しやすいからです。
短いほうでうまくいかないのに、長いほうでうまくいくはずはありません。

 

安定して短期の目標が達成できるようになったら、次に長期の目標を立てるようにします。

 

 

いきなり長すぎる目標を立てない

長期目標を立てるといっても、いきなり長すぎる計画を立てるとやはりうまくいきません。
1日単位で達成できるようになったら、次は1週間とか2週間程度の目標を立ててみましょう。長くても2週間〜1か月くらいの計画を立ててみます。
これくらいの長さでも無事に目標が達成できるかどうか見てみます。

 

 

長期計画の立て方

長期計画の立て方ですが、基本的には目標とすべき問題集やテキストを終える時期から逆算して出します。

 

たとえばあと半年でこの問題集の問題を200問解かなければならないとしましょう。
半年は180日くらいなので、1日1問だと少し足りません。1日2問やれば余裕で終わるでしょう。

 

最初は短めに取って、たとえば「1週間でこの問題集を30問終える」とか「1か月でこの問題集を100問終える」というふうに設定します。
このとき必ず逆算で、1日に終えるべき問題の数も出します。テキストなら1日で読むべきページ数を決めます。そうでないと「今すぐ何をすればいいか」がわからず、何もせずに終わってしまいます。

 

長期計画を立てる目的は、そこから「1日にすべき問題の量を逆算して出す」ことです。人間、結局はすぐ目先の計画分量を数字で出さないと、何もできないものです。
1週間で30問なら1日5問くらいです。1か月で100問なら1日3〜4問です。必ず1日にやるべき数を出します。

 

そして実際にそれができたかどうかを後で検査しなければなりません。

 

 

目標の検査

仮に1週間の目標を立てみたとします。たとえばある問題集を、1日当たり5問やれているなら、1週間は7日なので、合計35問できるはずです。
この単純計算で、実際に35問やれているかを見ます。

 

35問やれたなら問題ありません。そのままもっと長期の、半年や1年単位の目標を作りましょう。

 

では35問やれなかったらどうでしょうか?実際やってみると20問しかできなかったとします。
1日5問しっかりやっていれば35問終わるはずですが、たとえば日曜や土曜は気が抜けて勉強しなかったとか、1週間に2日くらいはどうしても気が抜けてやる気が起きなかったのかもしれません。

 

このように長期目標を立てたときは、単純計算どおりにいかないことがよくあります。
この場合だと、ほとんど1日5問はできているものの、実際には1週間では20問しかできないことになります。
したがってこの段階ではまだ、「1日5問」ではなく「1週間で20問」でさらに長い計画を立てないといけません。
1日5問で半年とか1年単位の長期計画を立てると、計画が少しずつ狂って、1年後には大きな狂いになって不足分ができてきます。その不足分のために受験や資格試験に落ちるかもしれません。

 

1週間で35問できたとしても、1か月で35×4=140問できるとは限らず、実際には100問くらいしかできていない可能性もあります。

 

このように計画を立てたら、その長さにかかわらず、必ず後で見直すようにします。
そして計画と実際の達成度とのずれがあれば、計画を修正する必要が出てきます。さもないと予定通りに終わらないかもしれないからです。

 

自分の頭の中の理想の達成度で計画を立てるのではなく、「実際にできた量」を参考に長期計画を立てるようにします。

 

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

9章のまとめ
勉強計画を立てるときに最も重要なことは、数字で計画を設定することです。今日一日、どれくらいの時間でどれくらいの勉強をするかはっきりさせましょう。
計画には立て方がある
勉強計画には立て方があります。どんなに気合いを入れても根性を出しても、正しい計画の立て方を知らなければ予定通りにはいきません。
理想的な計画の立て方
理想的な計画の立て方は、長期計画から逆算して1日のノルマを出していく方法です。そして計画が狂ったら、随時修正していきます。
まずは勉強時間を確保する
勉強の習慣をつけるために計画を立てることは非常に重要です。まず明日、今日より少しだけ勉強時間を増やしてみましょう。
勉強内容について
勉強の内容ですが、あれこれ問題集に同時に手を付けるのではなく、一つの問題集だけ集中して終わらせるほうが、学力にかたよりがなく身に着くのでいい結果が出せます。
理論上確保できる時間
勉強時間を計画するとき、まず現在の自分の「自由時間」を出し、その中でどれくらい勉強しているかを数字で出します。そして明日は今日より少し長く勉強するように計画します。
目標の立て方のコツ
目標を立てるときは「今すぐに」「何をすればいいか」をはっきりさせます。それも時間と量、つまり数字で目標を決めます。
時間と量
明日の勉強計画を立てるとき「どれくらいの時間で」「どれだけの量やるか」を決めます。できれば量を設定して終わるまで勉強しましょう。
次の日にやること
1日単位の計画を立てたらその日のうちに結果が分かります。うまくいかなければ計画を立て直します。
何かする直前に頭の中で計画を立てる
勉強する直前に、今日の間にどれくらいの時間かけて、どれくらいの問題をするかの計画を確認しましょう。わずかな頭の中の作業ですがとても重要です。
小さな目標を何度も成功させることで自信がつく
毎日計画を立て、どこかに問題があればその日のうちに修正します。結果が早くわかることで問題も早く訂正できます。
理想の目標と実際の達成度のずれを訂正する
計画を立てても常にその通りにノルマを達成できるとは限りません。うまくいかなければそのたびに計画を修正します。
情報を集める
試験や受験に合格するために必要な情報を十分集めておきましょう。問題をどれだけやるか、試験で目指す偏差値はいくらか、しっかり把握しておきましょう。
自由時間がそもそも少ない場合
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処・問題別
他人の影響で自由時間を確保できない場合、勉強時間を確保できるように彼らに頼んでみましょう。一人だけで何とかやろうとするよりも効果的なことが多いです。
どうでもいいことを省いて時間を作る
普段の生活を振り返ってみると、緊急だけれども重要でないことをやっていることがあります。これは省略できます。その分勉強時間に回しましょう。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会