理想の目標と実際の達成度のずれを訂正する

途中で怠けた日があったら?

毎日必ず一定のペースで勉強できるとは限りません。人によっていろいろな事情があります。
特に社会人であれば、仕事が終わってから家に帰る時間は日によって違うかもしれません。夜遅く帰ってきて、入浴してすぐに就寝、朝起きたらすぐに出社、というようなこともありえます。
学生でも、人によっては部活動やアルバイトがあり、帰宅時間が一定でないかもしれません。

 

それでどうするかというと、勉強できない日があったら、次の日に2倍勉強して昨日できなかった分を取り返すようにします。
あるいは平日に取り返す時間がないなら、休日に一度にやってしまう手もあります。

 

たとえば問題集を1日5問やり、1週間で35問するものとします。
周の真ん中あたりで1日さぼってしまい、その日は全く問題をやらなかったら、次の日に10問やって昨日できなかった分を取り返します。
これができない場合は、休日などの時間の余っているときに10問やって、取り返します。これで1週間で35問の課題を達成できます。

 

もしこれができず、1週間でどうしても30問くらいにする場合、長期目標もこれに合わせて修正しなければなりません。
1週間35問なら1か月に約140問、3か月で420問程度になりますが、1週間30問のペースだと同じ問題数(420問)をやるのに3.5か月かかります。
1週間20問のペースでは420問やるのに5か月と1週かかります。
こういう「ずれ」が、場合によっては致命傷になりうるので、間違いなく指定期間内に終わるよう、計画を変更しなければなりません。
試験というのは割とぎりぎりで受かる場合が多く、いくつかの問題の取り逃しで試験に落ちる、という可能性も十分考えられます。油断はできません。

 

 

60%計画?

計画を立てるときは、頭の中で考えている進度の60%くらいに計画しておくのがよい、という教えがあります。
たとえば問題集を、1週間で50問やれるかな?と思っている場合、実際にはその60%くらいしかできないことが多いので、1週間で30問程度に計画しておいたほうが現実的ですよ、という意味です。

 

これは特に社会人が仕事の量を推測するためには都合がいいようです。
学生だと外から邪魔が入ることはほとんどないと思いますが、社会人の仕事だと、突然仕事が入ったり、突然予定外の付き合いやクレームなどが入ったりします。
この予定外というのを考慮した場合、だいたい元の計画の60%くらいの量しかできない、ということのようです。

 

この60%というのはあくまで一般的な社会人の目安であり、絶対60%でないといけないというものではありません。人によって違います。
あまり外部の干渉のない仕事ではもっと多めの割合でもいいかもしれませんし、突然の仕事がものすごく多い仕事では、50とか40%くらいの予定にした方が現実的かもしれません。学生ならもっと時間が取れそうです。

 

いずれにしても、計画を少し実行してみたときに、「頭の中で予定した量」と「実際にできた量」に差があることが多く、たいていは予定した量に追いつかないものです。

 

この差をなくすため、計画には随時変更が必要になります。
計画が予定よりも狂い始めたら、やれなかったノルマを次の日かその週のうちに取り戻すか、取り戻せそうにないなら計画自体を変更しなければなりません。
面倒がって計画をそのままにしておくと、理想の計画と実際にこなした量に差が開いてきて、今日やるべき数字を見てもやる気が出なくなってきます。

お知らせ

2017/7/29(土)「関西創作系オフ会」を開催いたします。ご参加お待ちしています。

関連ページ

9章のまとめ
勉強計画を立てるときに最も重要なことは、数字で計画を設定することです。今日一日、どれくらいの時間でどれくらいの勉強をするかはっきりさせましょう。
計画には立て方がある
勉強計画には立て方があります。どんなに気合いを入れても根性を出しても、正しい計画の立て方を知らなければ予定通りにはいきません。
理想的な計画の立て方
理想的な計画の立て方は、長期計画から逆算して1日のノルマを出していく方法です。そして計画が狂ったら、随時修正していきます。
まずは勉強時間を確保する
勉強の習慣をつけるために計画を立てることは非常に重要です。まず明日、今日より少しだけ勉強時間を増やしてみましょう。
勉強内容について
勉強の内容ですが、あれこれ問題集に同時に手を付けるのではなく、一つの問題集だけ集中して終わらせるほうが、学力にかたよりがなく身に着くのでいい結果が出せます。
理論上確保できる時間
勉強時間を計画するとき、まず現在の自分の「自由時間」を出し、その中でどれくらい勉強しているかを数字で出します。そして明日は今日より少し長く勉強するように計画します。
目標の立て方のコツ
目標を立てるときは「今すぐに」「何をすればいいか」をはっきりさせます。それも時間と量、つまり数字で目標を決めます。
時間と量
明日の勉強計画を立てるとき「どれくらいの時間で」「どれだけの量やるか」を決めます。できれば量を設定して終わるまで勉強しましょう。
次の日にやること
1日単位の計画を立てたらその日のうちに結果が分かります。うまくいかなければ計画を立て直します。
何かする直前に頭の中で計画を立てる
勉強する直前に、今日の間にどれくらいの時間かけて、どれくらいの問題をするかの計画を確認しましょう。わずかな頭の中の作業ですがとても重要です。
小さな目標を何度も成功させることで自信がつく
毎日計画を立て、どこかに問題があればその日のうちに修正します。結果が早くわかることで問題も早く訂正できます。
長期的目標を立てる
日単位の計画を達成できるようになったら、今度はもっと長期の計画を立てていきます。そして長期計画も、やった後にどれだけ達成できたかを必ずチェックします。
情報を集める
試験や受験に合格するために必要な情報を十分集めておきましょう。問題をどれだけやるか、試験で目指す偏差値はいくらか、しっかり把握しておきましょう。
自由時間がそもそも少ない場合
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処・問題別
他人の影響で自由時間を確保できない場合、勉強時間を確保できるように彼らに頼んでみましょう。一人だけで何とかやろうとするよりも効果的なことが多いです。
どうでもいいことを省いて時間を作る
普段の生活を振り返ってみると、緊急だけれども重要でないことをやっていることがあります。これは省略できます。その分勉強時間に回しましょう。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会