自由時間がそもそも少ない場合

確保できる勉強時間があまりに少ない場合

これは社会人の方に多いのですが、勉強しようにも、やる気以前にまず自由になる時間が非常に少ないという場合です。
男性の営業社員ですと、毎日夜遅くまでお客様訪問をしたり、資料作りで残業時間が長く、仕事のノルマがきつくて休日にもほとんど出勤している、というような場合があります。
平日はほとんど帰って寝るだけ、朝起きたらすぐ出社してまた帰ったら・・・の繰り返し、休日もなかなか勉強時間が取れないような場合があります。

 

女性の方でも、家に帰ると家事でずっと手が空いておらず、勉強時間を取ることが難しいことがあります。
また試験勉強をするのは何も独身者だけではなく、既婚者の方もおられます。家事育児をすべて一人でこなしたりしていると、とても自分で勉強する時間が取れなかったりします。

 

試験勉強をするにはどうしてもある程度の時間を確保する必要があるので、まずはなんとかしてこの時間を確保しなければなりません。

 

 

本当に時間がないことに気づいていない

毎日なんとなく勉強していると、自分がどれだけの時間を勉強に使っているかわかっていないことがあります。
冷静に自分の使える時間、実際に勉強した時間ではなく、理屈上自由となりうる時間がどれくらいあるのか、一度出してみましょう。

 

仮に現在、毎日30分しか勉強をしていなかったとします。
これでは少ないからもっと勉強しなければと思うのですが、なかなか勉強時間が増やせません。
それでさらによくよく調べてみると、自分の自由になる時間が1日に40分しかない、というような場合です。

 

たとえば毎日自由時間が3時間あるうち、勉強に費やした時間がたった30分だけだったとしたら、それは自分が悪いです。
しかし毎日の自由時間が40分しかないのに、勉強時間が30分しか取れないとしたら、それはもう単なる自分の意志の強さとかやる気のなさとか、そういう問題ではありません。

 

実際、家事やら育児やら、ほかの人のために費やしている時間がかなり多くて勉強時間が取れないというのは、社会人ではよくあることです。
仕事の忙しさのムラが激しかったりすると、合計すると意外にも家にいる時間が少なかったりします。

 

特に社会人の場合はこういうことがよく起こるので、まず勉強時間を数える前に、本当に自由時間がある程度確保できているかどうか確認してみてください。

 

毎日の自由時間が少ないものの、何とかして勉強するための自由時間を増やす方法がないか、いろいろな人のアドバイスなど聞きながら提案してみます。

関連ページ

9章のまとめ
勉強計画を立てるときに最も重要なことは、数字で計画を設定することです。今日一日、どれくらいの時間でどれくらいの勉強をするかはっきりさせましょう。
計画には立て方がある
勉強計画には立て方があります。どんなに気合いを入れても根性を出しても、正しい計画の立て方を知らなければ予定通りにはいきません。
理想的な計画の立て方
理想的な計画の立て方は、長期計画から逆算して1日のノルマを出していく方法です。そして計画が狂ったら、随時修正していきます。
まずは勉強時間を確保する
勉強の習慣をつけるために計画を立てることは非常に重要です。まず明日、今日より少しだけ勉強時間を増やしてみましょう。
勉強内容について
勉強の内容ですが、あれこれ問題集に同時に手を付けるのではなく、一つの問題集だけ集中して終わらせるほうが、学力にかたよりがなく身に着くのでいい結果が出せます。
理論上確保できる時間
勉強時間を計画するとき、まず現在の自分の「自由時間」を出し、その中でどれくらい勉強しているかを数字で出します。そして明日は今日より少し長く勉強するように計画します。
目標の立て方のコツ
目標を立てるときは「今すぐに」「何をすればいいか」をはっきりさせます。それも時間と量、つまり数字で目標を決めます。
時間と量
明日の勉強計画を立てるとき「どれくらいの時間で」「どれだけの量やるか」を決めます。できれば量を設定して終わるまで勉強しましょう。
次の日にやること
1日単位の計画を立てたらその日のうちに結果が分かります。うまくいかなければ計画を立て直します。
何かする直前に頭の中で計画を立てる
勉強する直前に、今日の間にどれくらいの時間かけて、どれくらいの問題をするかの計画を確認しましょう。わずかな頭の中の作業ですがとても重要です。
小さな目標を何度も成功させることで自信がつく
毎日計画を立て、どこかに問題があればその日のうちに修正します。結果が早くわかることで問題も早く訂正できます。
長期的目標を立てる
日単位の計画を達成できるようになったら、今度はもっと長期の計画を立てていきます。そして長期計画も、やった後にどれだけ達成できたかを必ずチェックします。
理想の目標と実際の達成度のずれを訂正する
計画を立てても常にその通りにノルマを達成できるとは限りません。うまくいかなければそのたびに計画を修正します。
情報を集める
試験や受験に合格するために必要な情報を十分集めておきましょう。問題をどれだけやるか、試験で目指す偏差値はいくらか、しっかり把握しておきましょう。
勉強時間を確保できないときの対処
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処・問題別
他人の影響で自由時間を確保できない場合、勉強時間を確保できるように彼らに頼んでみましょう。一人だけで何とかやろうとするよりも効果的なことが多いです。
どうでもいいことを省いて時間を作る
普段の生活を振り返ってみると、緊急だけれども重要でないことをやっていることがあります。これは省略できます。その分勉強時間に回しましょう。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会