勉強時間を確保できないときの対処

早朝に起きて勉強時間を確保する

いつもより30分〜1時間早く起床し、この時間に勉強します。このやり方は特に、子供さんがいらっしゃるときに有効です。
なぜかというと、特に小さい子供は就寝時間が親につられる傾向があるからです。

 

親が遅くまで起きて勉強していると、子供もつられて遅くまで起きています。それで子供の相手をしてしまい、結局勉強できずにただ夜遅くまで起きていただけ、ということがよくあります。
親が早く寝てしまうと子供も一緒に寝てしまいます。それで自分だけ早朝に起き、勉強するというわけです。

 

既婚者では特に、配偶者や子供の世話をして時間を費やしてしまいます。
家族間の交流は大事なことだと思いますが、彼らが起きている限り、割とどうでもいいようなことで自分の時間をつぶされたりします。
親が夜遅くまで起きていて、つられて子供も夜更かしすると、健康にもよくありません。それくらいならいっそ、早く起きてしまったほうが得です。

 

これは朝が弱い人にはきついかもしれません。あまりにも続きそうになかったら、別の方法を考えるといいでしょう。

 

 

通学・通勤時間を使う

通学あるいは通勤時間は、合計してみるとかなりの時間になっていることがあります。
郊外から都市部へ通勤しているような場合、片道で2時間近く通勤に使っていることもあります。この時間は無駄にはできません。
テキストを読んだり問題を解くのに、特に筆記道具が必要ないことも多いです。通勤時間だけで合格するのに十分な勉強時間を確保できることもあります。

 

よくよく考えてみると、特に社会人の通勤時間というのは周囲が他人ばかりなので、干渉される心配がほとんどありません。
家にいるよりも集中できる環境である場合が少なくありません。
通勤時間だけでは少し物足りないと思ったら、帰りにちょっと喫茶店によるとか、図書館で30分勉強に使うとか、そういう方法もあります。

 

ただ車通勤とかだとこういうことはできません。
しかし車通勤で何時間も使っているというのはもったいないことです。可能であれば、試験に受かるまでは電車通勤にしてみてはどうでしょうか?

 

 

休日に一気にやる

平日はあまりに忙しく、仕事して帰って寝るだけ、勉強時間など、どこをどう見てもこれっぽっちもない、ということも少なくありません。
それでも何とか休日は自由になるという場合は、やはり休日に一気に勉強するしかないでしょう。

 

休日に頑張りすぎて次の日に疲れ切っているというのも考え物ですが、それでも資格の試験となると長期的には自分の生活にかかってきます。
確保できる時間がない以上、休日に一気にやるしかありません。

 

あまり疲労が激しいようなら、強力な栄養剤を使ってみるのも一つの手です。薬局あるいは医師に相談してみましょう。意外と体が楽になり、仕事も勉強も効率が上がったりします。

 

緊張状態が続いて夜眠れなくなったりしたら、医師に相談して睡眠導入剤を処方してもらいましょう。
「睡眠薬」というとなんだか危険な感じがするかもしれませんが、病院で処方される睡眠導入剤は非常に安全なもので、長期にわたって服用していてもほとんど副作用がありません。
無理をして疲労を蓄積させるよりも、薬を使って疲労をなくすほうが健康的です。

 

関連ページ

9章のまとめ
勉強計画を立てるときに最も重要なことは、数字で計画を設定することです。今日一日、どれくらいの時間でどれくらいの勉強をするかはっきりさせましょう。
計画には立て方がある
勉強計画には立て方があります。どんなに気合いを入れても根性を出しても、正しい計画の立て方を知らなければ予定通りにはいきません。
理想的な計画の立て方
理想的な計画の立て方は、長期計画から逆算して1日のノルマを出していく方法です。そして計画が狂ったら、随時修正していきます。
まずは勉強時間を確保する
勉強の習慣をつけるために計画を立てることは非常に重要です。まず明日、今日より少しだけ勉強時間を増やしてみましょう。
勉強内容について
勉強の内容ですが、あれこれ問題集に同時に手を付けるのではなく、一つの問題集だけ集中して終わらせるほうが、学力にかたよりがなく身に着くのでいい結果が出せます。
理論上確保できる時間
勉強時間を計画するとき、まず現在の自分の「自由時間」を出し、その中でどれくらい勉強しているかを数字で出します。そして明日は今日より少し長く勉強するように計画します。
目標の立て方のコツ
目標を立てるときは「今すぐに」「何をすればいいか」をはっきりさせます。それも時間と量、つまり数字で目標を決めます。
時間と量
明日の勉強計画を立てるとき「どれくらいの時間で」「どれだけの量やるか」を決めます。できれば量を設定して終わるまで勉強しましょう。
次の日にやること
1日単位の計画を立てたらその日のうちに結果が分かります。うまくいかなければ計画を立て直します。
何かする直前に頭の中で計画を立てる
勉強する直前に、今日の間にどれくらいの時間かけて、どれくらいの問題をするかの計画を確認しましょう。わずかな頭の中の作業ですがとても重要です。
小さな目標を何度も成功させることで自信がつく
毎日計画を立て、どこかに問題があればその日のうちに修正します。結果が早くわかることで問題も早く訂正できます。
長期的目標を立てる
日単位の計画を達成できるようになったら、今度はもっと長期の計画を立てていきます。そして長期計画も、やった後にどれだけ達成できたかを必ずチェックします。
理想の目標と実際の達成度のずれを訂正する
計画を立てても常にその通りにノルマを達成できるとは限りません。うまくいかなければそのたびに計画を修正します。
情報を集める
試験や受験に合格するために必要な情報を十分集めておきましょう。問題をどれだけやるか、試験で目指す偏差値はいくらか、しっかり把握しておきましょう。
自由時間がそもそも少ない場合
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処・問題別
他人の影響で自由時間を確保できない場合、勉強時間を確保できるように彼らに頼んでみましょう。一人だけで何とかやろうとするよりも効果的なことが多いです。
どうでもいいことを省いて時間を作る
普段の生活を振り返ってみると、緊急だけれども重要でないことをやっていることがあります。これは省略できます。その分勉強時間に回しましょう。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会