勉強時間を確保できないときの対処・問題別

自由時間を確保する方法を、ここでは問題別に対処法を考えてみます。

 

 

他人のどうでもいい干渉で時間を取られる場合

友人がラインでやたら絡んでくるとかは、学生にもよくあることです。また毎日長電話してしまい、合計すると結構な時間になっていることもあります。こういうことは女性に多いようです。
友人関係というのは大事なものですが、しかし他人の人生を悪くしかねないような友人関係、いわば足を引っ張られるような人間関係というのは、たいてい最後には破綻します。

 

もし本当に相手が良い友人であるなら、自分が勉強に集中したいので、あまり長い通話やラインでのやり取りは控えるよう、話し合ってみましょう。
それでも話にならないようであれば、その相手と付き合う必要はありません。世の中、切ったほうがいい人間関係というのもあります。

 

その関係を続けて、最終的に自分の人生がどうなるかをよく考えてみてください。
こういうものは友人だけでなく、家族や恋人関係でも同じです。まったく協力する気がない、問題があっても改善しようともしないような人とは、付き合っていても自分が悪くなる一方で、進展がありません。しまいに重大な問題につきあったとき、家族関係が破たんします。

 

世の中、付き合わないほうがいい人間もいます。本当に良い人間関係というのは、惰性でズルズルと作られるものではありません。自分で選んでいくことが必要です。

 

 

家事などで時間を取られる

家事で時間を取られてしまう場合、機械で効率化できないか考えてみてください。
洗濯に時間を取られるなら、乾燥機のついた全自動洗濯機を購入してみるとか、洗い物なら食洗機を買うとか、検討してみます。
それはお金がかかるから嫌だと思うかもしれませんが、一時的な出費で資格が買えるならたいてい安い買い物です。

 

いわば「金で時間を買う」のです。
まったくお金に余裕がないならどうしようもありませんが、出費できるならどんどん時間を買ってしまいましょう。

 

あるいは機械でなくても、家事なら他人に頼むという方法もあります。
既婚者なら配偶者に頼むことができますし、子供がいれば子供にやらせることもできます。
家事を家族で分担すれば、自分の時間は増えます。無理して自分だけで済まそうとせず、遠慮なく他人に頼ってみてください。意外と協力してくれるものです。

 

何でも自分一人でやろうとする性格の人がいますが、特に仕事をするときなどは、それは悪い癖となります。
仕事は多数の人間でやるからうまくできるので、逆に何でも一人でやろうとすると失敗します。
頼るべき時に頼ることが、仕事でも勉強でもうまくやり遂げる秘訣です。

 

 

人を雇う

もしあなたが会社の経営者であれば、仕事を早く終わらせるために、新たに人を雇うという選択肢もあります。

 

もし家事が忙しくてどうしても時間を確保できない場合、家政婦を雇うことも考えてみてください。

 

ただこれらは人を雇う、いわば給料を出して他人にやってもらうということなので、当然かなりのお金がかかります。
そこは可能な範囲でやってください。しかしお金に余裕があるなら、その投資によって資格を一つ得る、というように考えればいい選択になりえます。
少なくとも、時間がないと嘆きながら、いつまでたっても資格が取れないままだらだらと何年も過ごすよりはマシではないでしょうか。

お知らせ

2017/7/29(土)「関西創作系オフ会」を開催いたします。ご参加お待ちしています。

関連ページ

9章のまとめ
勉強計画を立てるときに最も重要なことは、数字で計画を設定することです。今日一日、どれくらいの時間でどれくらいの勉強をするかはっきりさせましょう。
計画には立て方がある
勉強計画には立て方があります。どんなに気合いを入れても根性を出しても、正しい計画の立て方を知らなければ予定通りにはいきません。
理想的な計画の立て方
理想的な計画の立て方は、長期計画から逆算して1日のノルマを出していく方法です。そして計画が狂ったら、随時修正していきます。
まずは勉強時間を確保する
勉強の習慣をつけるために計画を立てることは非常に重要です。まず明日、今日より少しだけ勉強時間を増やしてみましょう。
勉強内容について
勉強の内容ですが、あれこれ問題集に同時に手を付けるのではなく、一つの問題集だけ集中して終わらせるほうが、学力にかたよりがなく身に着くのでいい結果が出せます。
理論上確保できる時間
勉強時間を計画するとき、まず現在の自分の「自由時間」を出し、その中でどれくらい勉強しているかを数字で出します。そして明日は今日より少し長く勉強するように計画します。
目標の立て方のコツ
目標を立てるときは「今すぐに」「何をすればいいか」をはっきりさせます。それも時間と量、つまり数字で目標を決めます。
時間と量
明日の勉強計画を立てるとき「どれくらいの時間で」「どれだけの量やるか」を決めます。できれば量を設定して終わるまで勉強しましょう。
次の日にやること
1日単位の計画を立てたらその日のうちに結果が分かります。うまくいかなければ計画を立て直します。
何かする直前に頭の中で計画を立てる
勉強する直前に、今日の間にどれくらいの時間かけて、どれくらいの問題をするかの計画を確認しましょう。わずかな頭の中の作業ですがとても重要です。
小さな目標を何度も成功させることで自信がつく
毎日計画を立て、どこかに問題があればその日のうちに修正します。結果が早くわかることで問題も早く訂正できます。
長期的目標を立てる
日単位の計画を達成できるようになったら、今度はもっと長期の計画を立てていきます。そして長期計画も、やった後にどれだけ達成できたかを必ずチェックします。
理想の目標と実際の達成度のずれを訂正する
計画を立てても常にその通りにノルマを達成できるとは限りません。うまくいかなければそのたびに計画を修正します。
情報を集める
試験や受験に合格するために必要な情報を十分集めておきましょう。問題をどれだけやるか、試験で目指す偏差値はいくらか、しっかり把握しておきましょう。
自由時間がそもそも少ない場合
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
どうでもいいことを省いて時間を作る
普段の生活を振り返ってみると、緊急だけれども重要でないことをやっていることがあります。これは省略できます。その分勉強時間に回しましょう。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会