どうでもいいことを省いて時間を作る

どうでもいいことを省く

よくよく考えてみると、割とどうでもいいことがたくさん時間を消費していることがあります。

 

あなたの1日の生活を振り返ってみて、何をしているかを書き出してみてください。
そしてそれらを、「重要度」と「緊急度」で評価してみます。

 

たとえば家に帰ってからやっていることが、家事、食事、友人との電話、ジョギング、勉強、だとしましょう。

 

これらにそれぞれ、緊急度と重要度を設定してみます。10段階で評価してみましょう。1がもっとも重要あるいは緊急でない、10がもっとも重要あるいは緊急です。たとえば

 

  • 家事 緊急度10 重要度10
  • 食事 緊急度10 重要度10
  • 友人との電話 緊急度10 重要度3
  • ジョギング 緊急度2 重要度4
  • 勉強 緊急度2 重要度8

 

だとします。これらの中で、省いても構わないものがないかどうか調べます。

 

1.緊急かつ重要
家事や食事はこれに相当します。どうしてもやらなければならないことです。これは省略できません。
これは抜け落ちると生活が成り立たなくなったりするので、普段からどうしてもやらざるを得ないはずです。

 

2.緊急だが重要でない
上の例では、友人との電話はこれに相当しています。
電話はかかってきてすぐに取らざるを得ないものなので、緊急度は高いです。しかしこれは重要とは限りません。
そして重要ではないものというのは、省略できます。この「緊急度が高いが重要度が低いこと」というのは、省略できるにもかかわらず、ついやってしまいがちなものが多いです。

 

友人の電話が邪魔であれば、友人と話し合って時間を取られないようにしてください。
友人だけでなく、ほかのことでも「緊急だけど重要でない」ものがないかどうか、振り返ってみてください。それは省略できる可能性があります。

 

3.緊急ではないが重要である
上の例では「勉強」がこれに当たります。
勉強は非常に重要であるにもかかわらず、緊急ではないので先延ばしにされやすいのです。
このカテゴリーのものは、「省略したくなるけど本当は省略してはいけないもの」です。
勉強はこのカテゴリーに属するので注意してください。特に上の「緊急だが重要でない」ものの犠牲になってしまっていることが多いので、チェックしてみてください。

 

4.緊急でも重要でもない
上の例では「ジョギング」がこれに相当します。
運動不足を補うためか何かはわかりませんが、ジョギングはふつう重要なことではありません。しかも緊急でもありません。
これはもうどうでもいいことなので、すみやかに省略しましょう。

 

 

やるべきことに優先順位をつける

どうしても外せない重要なことがいくつもある場合、優先順位をつけ、その順番通りにやっていきます。
たとえば家の家事はみんなあなたがやっているとしたら、これを省略することはできません。生活が破たんしてしまいます。

 

重要なことがたくさんある場合、優先順位をつけて優先順位が高いものから順番にやっていきます。
このとき、重要度の高い課題が全部終わるまで、それ以外のことをしないようにします。終わったら次の重要度の課題を始めます。

 

こうして順番にやるべきことを整理してこなしていくことで、重要なものの「見逃し」を防ぎやすくできます。
これは上の緊急度や重要度とも関係があるのですが、普段なんとなく生活していると、緊急度の高いものを優先的に処理しがちです。
そうではなく、冷静に重要度だけで課題を評価し、重要なものから順番にやっていくことで、本当に重要なものを後回しにする癖を防ぎやすくなります。

 

何も考えずに生活していると、たとえば「部屋の片づけ」をしてから「勉強」を始めるかもしれません。
しかし重要度を見た場合、明らかに勉強のほうが重要です。部屋は少々散らかったままですが、勉強の犠牲にすべきではないと確認することで、後で後悔せずに済みます。
そして生活の質が変わったことが実感できるようになるでしょう。散らかった部屋を見て、「自分にとって部屋の散らかりよりも勉強のほうが重要なのだ」と確認してください。

 

課題に優先順位をつけるのは、仕事をしていると普通にやることです。
重要な仕事を後回しにして、どうでもいい仕事に時間を使っているようでは、優秀な社員とはいえません。

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

9章のまとめ
勉強計画を立てるときに最も重要なことは、数字で計画を設定することです。今日一日、どれくらいの時間でどれくらいの勉強をするかはっきりさせましょう。
計画には立て方がある
勉強計画には立て方があります。どんなに気合いを入れても根性を出しても、正しい計画の立て方を知らなければ予定通りにはいきません。
理想的な計画の立て方
理想的な計画の立て方は、長期計画から逆算して1日のノルマを出していく方法です。そして計画が狂ったら、随時修正していきます。
まずは勉強時間を確保する
勉強の習慣をつけるために計画を立てることは非常に重要です。まず明日、今日より少しだけ勉強時間を増やしてみましょう。
勉強内容について
勉強の内容ですが、あれこれ問題集に同時に手を付けるのではなく、一つの問題集だけ集中して終わらせるほうが、学力にかたよりがなく身に着くのでいい結果が出せます。
理論上確保できる時間
勉強時間を計画するとき、まず現在の自分の「自由時間」を出し、その中でどれくらい勉強しているかを数字で出します。そして明日は今日より少し長く勉強するように計画します。
目標の立て方のコツ
目標を立てるときは「今すぐに」「何をすればいいか」をはっきりさせます。それも時間と量、つまり数字で目標を決めます。
時間と量
明日の勉強計画を立てるとき「どれくらいの時間で」「どれだけの量やるか」を決めます。できれば量を設定して終わるまで勉強しましょう。
次の日にやること
1日単位の計画を立てたらその日のうちに結果が分かります。うまくいかなければ計画を立て直します。
何かする直前に頭の中で計画を立てる
勉強する直前に、今日の間にどれくらいの時間かけて、どれくらいの問題をするかの計画を確認しましょう。わずかな頭の中の作業ですがとても重要です。
小さな目標を何度も成功させることで自信がつく
毎日計画を立て、どこかに問題があればその日のうちに修正します。結果が早くわかることで問題も早く訂正できます。
長期的目標を立てる
日単位の計画を達成できるようになったら、今度はもっと長期の計画を立てていきます。そして長期計画も、やった後にどれだけ達成できたかを必ずチェックします。
理想の目標と実際の達成度のずれを訂正する
計画を立てても常にその通りにノルマを達成できるとは限りません。うまくいかなければそのたびに計画を修正します。
情報を集める
試験や受験に合格するために必要な情報を十分集めておきましょう。問題をどれだけやるか、試験で目指す偏差値はいくらか、しっかり把握しておきましょう。
自由時間がそもそも少ない場合
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処
自分の自由になる時間がないと勉強する時間も作れません。自由時間が少なすぎないかどうか振り返って確かめてみましょう。
勉強時間を確保できないときの対処・問題別
他人の影響で自由時間を確保できない場合、勉強時間を確保できるように彼らに頼んでみましょう。一人だけで何とかやろうとするよりも効果的なことが多いです。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会