12章のまとめ

12章のまとめ

本当は勉強すれば成績が上がるのに、自分は勉強ができない、苦手だと思い込んでいると、やる気がなくなってしまい、本当に成績が上がらなくなってしまいます。
できるできないにかかわらず、まずはできるという可能性を持ってやったほうがいい結果が出ます。

 

以前に一度でも長時間勉強したことがあるなら、それを今ここで、できるだけ忠実に再現してみましょう。過去に一度できたことは、今でも同じやり方でできる可能性が高いです。
完全に同じ状況を再現することができなくても、似たような状況を作り出せばそれなりのいい結果が出るだろうと期待できます。

 

過去のうまくいった状況がなかなか再現できないときは、あなたが勉強したという行動の「原動力」は何かを分析して再現しましょう。「なぜ勉強できたのか」を再現します。
あなたの中にある「勉強できたことのある原因」を再び引っ張り出すことで、再び勉強できることが期待できます。

 

問題行動がある場合、その問題が起きたときにどうしようか?とばかり考えがちですが、「問題行動が起きないとき」の状態を分析し、再現しても効果的です。
悪癖は生活リズムを思いっきり変えることで、あっという間に治ることが多いです。「やめなければ!」と思っているだけではたいてい何も変わりません。

 

私たちが「これはできる」「できない」という思い込みは、過去にそれが実際にできたりできなかったりした体験のために出来上がった思い込みであることが多いです。
「もしあのときにうまく対応できていたら・・・」というような想像をめぐらせることで、恐怖体験などを想像で修正していこうというのが再刷り込みという方法です。

 

このサイトを読んでいる時点で、あなたはすでに勉強のやる気は十分にあります。それでも勉強できないとすれば、「やる気はあるけど行動に移せていない」だけです。行動するための方法を学んでください。

 

純粋に心的な意味での「やる気=エネルギー」の正体は、体内の科学的物質によるものです。
エネルギーがあっても、それが「やりたい」ことだけに向いてしまい、本当に結果の出る「やるべきこと」に向かないことがあります。これでは計画通りすべきことをして結果を出すことができません。
思い通りの結果を出すためには、常に「それによって出る結果」を予測しながら、今から何をやるかを決めることが必要になります。そして衝動を抑えることに慣れてくると、それも次第に苦痛でなくなってきます。

 

想像の中で勉強できる人になりきったり、真似をすることで気分の変化が生じ、やる気が出ることがあります。モデリング(模倣学習)といいます。
できる人になりきるだけでも無気力ややる気の問題がある程度改善されますが、もっと具体的に模倣してみましょう。たとえば勉強できる人に直に教えてもらうといいでしょう。それが本来の模倣学習の意味です。

 

お知らせ

次回の「関西創作交流会(主に自分の作品を見せながら雑談する会)」は9月9日(土)寝屋川市で行います。参加費無料なのでぜひご参加ください。

関連ページ

できないという思い込みに対処する
できないという思い込みやその時の気分は、勉強のやる気に大きく影響します。この段階を改良する方法をいくつか紹介します。
過去にうまくいった状況を再現する
過去に勉強に集中できたことがあれば、それを再現することで同じ結果が期待できます。全く同じでなくても、部分的に再現するだけでも効果があります。
問題が起こらない場合を再現する
問題行動を治すため、問題が起こらないときの状態を再現しましょう。思い切った生活の変化が悪癖を治します。
「再刷り込み」で過去のトラウマを克服する
過去の成功体験を再現する方法は「再刷り込み」という心理療法の技術が元になっています。ここでは再刷り込みの原理について説明します。
生理的状態変えるという方法について
勉強のやる気があるのに行動に移せていないことがよくあります。このときはやる気を出す以外のことをしなければなりません。
エネルギーの正体
私たちの中にあるエネルギーは、時には勉強以外のことに方向が向いていることがあります。これも少しずつ勉強という方向に変化させていきましょう。
気分が乗らなくても勉強できる場合がある
あなたの行動を変えるために、必ずしもやる気を出さなければならないというわけではありません。さまざまなアプローチにより行動は変化させられます。
誰かになりきるという思考
どんな学習でも上手な人のやり方を真似ることは効果的な学習になります。ただ彼らになりきるだけでも気分を変える効果があります。
モデリング学習を実践する
勉強できるようになるためには、勉強できる人に教えてもらうのが効率的です。できる人の真似をどんどんしていきましょう。
架空のストーリーを利用する
勉強の休憩時間にちょっと漫画や小説を読んでみてもいいでしょう。気晴らしにもなります。
ストーリーとサイコドラマ
自分が共感できるような漫画な小説などを読むことで、ストレスを減らすことができます。
試験に受かった後のことを考える
試験に受かって具体的にどういいことがあるかを想像しましょう。それでやる気が出ることがあります。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会