問題が起こらない場合を再現する

問題が起こらないときを再現して問題行動を治す

前のページでは「過去にうまくいった経験を再現する」といいました。
もしあなたに何か問題となる困った行動があるなら、「それが起こっていないときの状態」を考えてみます。これを再現します。
問題が起こっていないときの状況を再現するので、これを使えば問題行動は防げるはずです。

 

例を挙げてみましょう。

 

あなたがゲームが大好きでやめられないとします。勉強をさぼってゲームばかりしているとします。
でもあなたの自由時間すべてをゲームに費やしているのでしょうか?よく振り返ってみると、自由時間だけれどもゲームしない時間があるかもしれません。

 

それはどういうときでしょうか?たとえば「今持っているゲームすべてに飽きてしまった時」だとしましょう。
新しく面白いゲームが発売したら、それに夢中になってしまう。しかしやりこんで飽きてしまうとゲームをしなくなり、また新しいゲームを買うとそれに夢中になって勉強せずに・・・と繰り返しているのであれば、今後受験や試験が終わるまで、一切新しいゲームを購入しなければよい、となります。

 

どうしても新しいゲームをやりたいなら、ゲームを購入して1週間だけ遊び、1週間たったら中古ショップに売ってしまうといいです。
何も永久にそのゲームができなくなるわけではありません。受験や試験が終わったらまた購入すればいいのです。

 

問題行動が起こっていないということは、うまくいっているときです。それを参考にして再現します。

 

さらにほかの例を挙げてみます。あたなが毎晩、友達とのラインに夢中になって勉強をさぼっていたとします。
では自由時間なのにラインに夢中にならない時間はあるでしょうか?それがたとえば「早朝」だったとします。
さすがにラインの会話は相手がいなければできません。朝5時などの早朝には友人が寝ているので、ラインの会話ができません。
つまりこの場合、早朝に勉強すればいいということになります。

 

対処法として、思い切った生活リズムの変更を行います。たとえば家に帰ってきてから夜の8時から9時くらいにはもう布団に入って寝てしまい、朝の3時か4時ごろに起きて勉強するのです。
朝起きるのは少し大変かもしれませんが、うまくいけばこの悪い癖を次の日から完全に治すことができます。

 

 

悪癖を治すために生活パターンを変化させる

悪癖というのは実際のところ、生活リズムを大きく変化させるとあっという間に治ることが多いものです。
学生では難しいかもしれませんが、たとえば一人暮らしをしてみるとか、帰宅時間や起床時間を大きくずらしてみるとか、そんなことでよくなることが多いです。

 

思い切った行動で大きな変化を起こすと、一気に生活パターンが改善したりします。
ゲームを売ったり朝3時に起きるとか、ずいぶん大胆なことに見えるかもしれませんが、それくらい思い切ったことをやるからこそ悪癖が治ります。

 

「やめなければ!やめなければ!」と心の中で念じているだけでは、たいてい何も変わりません。

 

お知らせ

2017/7/29(土)「関西創作系オフ会」を開催いたします。ご参加お待ちしています。

関連ページ

12章のまとめ
できないという思い込みやその時の気分は、勉強のやる気に大きく影響します。この段階を改良する方法をいくつか紹介します。
できないという思い込みに対処する
できないという思い込みやその時の気分は、勉強のやる気に大きく影響します。この段階を改良する方法をいくつか紹介します。
過去にうまくいった状況を再現する
過去に勉強に集中できたことがあれば、それを再現することで同じ結果が期待できます。全く同じでなくても、部分的に再現するだけでも効果があります。
「再刷り込み」で過去のトラウマを克服する
過去の成功体験を再現する方法は「再刷り込み」という心理療法の技術が元になっています。ここでは再刷り込みの原理について説明します。
生理的状態変えるという方法について
勉強のやる気があるのに行動に移せていないことがよくあります。このときはやる気を出す以外のことをしなければなりません。
エネルギーの正体
私たちの中にあるエネルギーは、時には勉強以外のことに方向が向いていることがあります。これも少しずつ勉強という方向に変化させていきましょう。
気分が乗らなくても勉強できる場合がある
あなたの行動を変えるために、必ずしもやる気を出さなければならないというわけではありません。さまざまなアプローチにより行動は変化させられます。
誰かになりきるという思考
どんな学習でも上手な人のやり方を真似ることは効果的な学習になります。ただ彼らになりきるだけでも気分を変える効果があります。
モデリング学習を実践する
勉強できるようになるためには、勉強できる人に教えてもらうのが効率的です。できる人の真似をどんどんしていきましょう。
架空のストーリーを利用する
勉強の休憩時間にちょっと漫画や小説を読んでみてもいいでしょう。気晴らしにもなります。
ストーリーとサイコドラマ
自分が共感できるような漫画な小説などを読むことで、ストレスを減らすことができます。
試験に受かった後のことを考える
試験に受かって具体的にどういいことがあるかを想像しましょう。それでやる気が出ることがあります。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会