エネルギーの正体

何でもできる人と何もできない人がいる?

世の中にはすごく元気?な人がいて、何でも頑張ってやる人がいます。
学校でも勉強ができ、スポーツもでき、それでいて生徒会長をやっているような人がいます。

 

逆にいつも無気力で、何もやる気の出ない人もいます。
勉強もできず、運動もできず、何にも打ち込めない人、無気力、無関心。

 

あの人はものすごくいろんなことに頑張っているのに、かたや何にもやる気が出ず、無気力で自堕落な毎日を過ごしている人もいる。

 

何が違うのでしょうか?これこそ「才能」みたいなものがあって、生まれつきのものなのでしょうか?
こういうのを人によっては「あの人はエネルギーが多いから」「私はエネルギーが少ないから」みたいな言い方をすることがあります。
エネルギーってなんでしょうか?「やる気」のことでしょうか?

 

先のページで、「やる気」の正体は体の中を駆け巡っている化学物質の違いだといいました。
そしてそれは気分によってどれだけ出るかが変わるともいいました。

 

このわかりにくい「エネルギー」の正体は、体の中にある科学的物質の量の違い、といってもいいと思います。

 

 

うつ病患者の化学的状態

うつ病というのはよく言われる病気ですが、これは何も「やる気が出ない」「疲れている」とか、そういう状態を指すための言葉ではありません。

 

うつ病の患者というのは、体内の化学物質の出方が普通の人と違う状態になっています。
やる気を出すような物質が、長期間のストレスなどによって慢性的に出なくなってしまうような状態です。

 

単に「やる気が出ない」「無気力である」というのと、「うつ病である」というのは全く違います。
健康な人でも一時的に落ち込んだりしてやる気が出ないことはあります。でもしばらくすると元に戻ります。
これが元に戻らないのがうつ病です。「健康な人が落ち込んでいる」のとは全然違う状態なのです。

 

 

健康な人でも体内の化学的状態は異なる

しかしながら、そういった化学的状態というのは、人によっていつもやる気ホルモンが出ぱなっしみたいな人から、病気ではないけど慢性的にあまり出ていない人もいます。普段からの心理的状態に左右されます。
たとえば仕事で、ほとんどの時間ストレスもなく楽しくて仕方がない仕事をしている人と、ほとんどの時間が苦痛でいやいやながら仕事をしている人では、化学的状態の違いによるやる気の違いというものが出てきます。

 

普段から苦痛なことばかりしている人は、やる気の出ない状態に慣れており、楽しいことがあってもあまり楽しく感じなかったりします。普段からやる気ホルモンのようなものが出ない状態になっています。
これがあまりひどくなるとうつ病のような病気にかかり、普段からもずっと「やる気ホルモン」が出ない状態になってしまいます。できればこういうことにならないよう、普段からストレスは適度に解消していたいものです。

 

 

しっかり結果を見ながら自分の行動を決める

これらエネルギーと呼ばれるものは、必ずしも思った方向には作用しないことがあります。
たとえば今、勉強しなければならないと思っていても、ほかに楽しいことがあるとそちらにハマってしまうことがあります。

 

私は高校生の頃、勉強そっちのけで音楽ばかりやっていたのですが、このエネルギーをもっと勉強のほうにむけることができたら、もっといい大学に進学できていたと思います。
エネルギーがたくさん有り余っているけれども、どうしても「こうしたい」という方向に向かってしまい、「こうすべき」と計画した方向に行かない場合、自分で計画したようにはなりません。
しかしだからといって、なるがままにしていては自分の思うような結果が出なくて困るので、少しずつ方向を変えていく必要があります。

 

そのためには、まず冷静になって、常に「それによって出る結果」を予測しながら、今から何をやるかを決めることが必要になります。衝動の赴くままに行動してしまうと、その時は楽しくてもまとまった結果が出ません。
そして衝動を抑えることに慣れてくると、それも次第に苦痛でなくなってきます。結果の出せる「勉強」に、ずっと集中できるようになってきます。

 

衝動を抑えるために鎮静剤を飲んだりする必要はありません。エネルギーの量はそのままでいいのです。その方向を、少しずつ「勉強」というものに変化させていくだけです。

お知らせ

2017/7/29(土)「関西創作系オフ会」を開催いたします。ご参加お待ちしています。

関連ページ

12章のまとめ
できないという思い込みやその時の気分は、勉強のやる気に大きく影響します。この段階を改良する方法をいくつか紹介します。
できないという思い込みに対処する
できないという思い込みやその時の気分は、勉強のやる気に大きく影響します。この段階を改良する方法をいくつか紹介します。
過去にうまくいった状況を再現する
過去に勉強に集中できたことがあれば、それを再現することで同じ結果が期待できます。全く同じでなくても、部分的に再現するだけでも効果があります。
問題が起こらない場合を再現する
問題行動を治すため、問題が起こらないときの状態を再現しましょう。思い切った生活の変化が悪癖を治します。
「再刷り込み」で過去のトラウマを克服する
過去の成功体験を再現する方法は「再刷り込み」という心理療法の技術が元になっています。ここでは再刷り込みの原理について説明します。
生理的状態変えるという方法について
勉強のやる気があるのに行動に移せていないことがよくあります。このときはやる気を出す以外のことをしなければなりません。
気分が乗らなくても勉強できる場合がある
あなたの行動を変えるために、必ずしもやる気を出さなければならないというわけではありません。さまざまなアプローチにより行動は変化させられます。
誰かになりきるという思考
どんな学習でも上手な人のやり方を真似ることは効果的な学習になります。ただ彼らになりきるだけでも気分を変える効果があります。
モデリング学習を実践する
勉強できるようになるためには、勉強できる人に教えてもらうのが効率的です。できる人の真似をどんどんしていきましょう。
架空のストーリーを利用する
勉強の休憩時間にちょっと漫画や小説を読んでみてもいいでしょう。気晴らしにもなります。
ストーリーとサイコドラマ
自分が共感できるような漫画な小説などを読むことで、ストレスを減らすことができます。
試験に受かった後のことを考える
試験に受かって具体的にどういいことがあるかを想像しましょう。それでやる気が出ることがあります。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会