気分が乗らなくても勉強できる場合がある

神経言語プログラミングの5段階

心理療法の一派に「神経言語プログラミング」というものがあります。英語でNeuro Linguistic Programmingなので、略してNLPと呼ばれます。

 

NLPの中には、「レベルのネットワーク」という概念があり、人の行動や考え方を変えるために作用する「段階」の定義です。

 

  • 1.環境
  • 2.行動
  • 3.能力
  • 4.価値観・思い込み
  • 5.感情・気分

 

これらは相互に関係しており、ある段階に何か変化を及ぼすと、別の段階にも影響するということです。

 

ちょっとわかりにくいので例を出してみましょう。

 

 

さまざまな段階から行動に影響を与える

あなたの今の目的は、勉強をすることです。勉強をするという「行動」をするのが目的です。これをやるために、ほかの段階からアプローチすることができます。

 

たとえば環境を変化させます。家では勉強に集中できないけど、図書館でなら集中できるかもしれません。
環境を変化させることで、行動にも影響が出るわけです。

 

生理的状況というのは、いわばこれの「感情」の部分です。何らかの方法で気分を高め、やる気にさせることで勉強するという行動を引き起こすこともできます。

 

毎日小さい目標を立てて達成することで、あなたは「自分はできるんだ」という自信を取り戻していきます。できるという「思い込み」が生じることでやる気が出て、勉強するという行動を引き起こします。

 

ここで私がいいたいことは、勉強するという「行動」を引き起こすためにはさまざまな段階から引き起こせるということです。
何もやる気という「気分」だけが勉強という行動を引き起こすだけではありません。

 

やる気という「気分」がまったくないのに、勉強を始めることすらあります。
たとえば試験が近づいてきて、周りのみんなが必死で勉強し始めたので、自分もつられて勉強している、というような場合です。
別に自分の内面で「勉強するぞ!」と気合を入れたわけでもないのに、周囲が頑張っているという「環境」に影響されて、なんとなく自分も勉強を始めた、ということです。

 

私がこのサイトで説明していることは、これら5段階のさまざまなところからアプローチしています。環境を変えたり気分を変えたり、いろいろあります。
一つの方法にこだわらず、いろいろ試してみてください。あなたにぴったり合う方法がどこかにあります。

 

お知らせ

2017/7/29(土)「関西創作系オフ会」を開催いたします。ご参加お待ちしています。

関連ページ

12章のまとめ
できないという思い込みやその時の気分は、勉強のやる気に大きく影響します。この段階を改良する方法をいくつか紹介します。
できないという思い込みに対処する
できないという思い込みやその時の気分は、勉強のやる気に大きく影響します。この段階を改良する方法をいくつか紹介します。
過去にうまくいった状況を再現する
過去に勉強に集中できたことがあれば、それを再現することで同じ結果が期待できます。全く同じでなくても、部分的に再現するだけでも効果があります。
問題が起こらない場合を再現する
問題行動を治すため、問題が起こらないときの状態を再現しましょう。思い切った生活の変化が悪癖を治します。
「再刷り込み」で過去のトラウマを克服する
過去の成功体験を再現する方法は「再刷り込み」という心理療法の技術が元になっています。ここでは再刷り込みの原理について説明します。
生理的状態変えるという方法について
勉強のやる気があるのに行動に移せていないことがよくあります。このときはやる気を出す以外のことをしなければなりません。
エネルギーの正体
私たちの中にあるエネルギーは、時には勉強以外のことに方向が向いていることがあります。これも少しずつ勉強という方向に変化させていきましょう。
誰かになりきるという思考
どんな学習でも上手な人のやり方を真似ることは効果的な学習になります。ただ彼らになりきるだけでも気分を変える効果があります。
モデリング学習を実践する
勉強できるようになるためには、勉強できる人に教えてもらうのが効率的です。できる人の真似をどんどんしていきましょう。
架空のストーリーを利用する
勉強の休憩時間にちょっと漫画や小説を読んでみてもいいでしょう。気晴らしにもなります。
ストーリーとサイコドラマ
自分が共感できるような漫画な小説などを読むことで、ストレスを減らすことができます。
試験に受かった後のことを考える
試験に受かって具体的にどういいことがあるかを想像しましょう。それでやる気が出ることがあります。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会