スカイプ交流会

次回予定

次回のスカイプ交流会は
2018年5月26日(土)午後8時〜
です。
この時間帯に会議通話をONにしておきます。入退出はいつでも自由です。

 

スカイプ交流会

関西創作交流会は会議室などに集まる会合ですので、予定の合わない方はなかなか来られないという問題があります。
そこでオンライン(インターネットを使って)で、交流会の代用ができるような仕組みを作りました。
スカイプ(インターネットを使ってチャットや会話ができるアプリ)を使うことで、自宅にいながらチャットや会話、ファイル交換などもできます。

 

内容

どちらかというと本交流会のサブ的な感じで、いつものしっかりした発表会、というのは想定していません。
「ちょっとおしゃべりするだけ」という軽い感じで、入退出も自由です。
もちろん話が盛り上がって、制作中の作品をオンラインでアップロードして見てもらうのもいいでしょう。その時の流れに任せます。
一瞬挨拶して終わり、くらいでもかまいません。過去に1回来ただけで以降なかなか参加できない方は、ここで少ししゃべってくれるだけでも皆と接触するいい機会になると思います。
一度も来ていない方、初参加の方も歓迎します。いきなり交流会に来るのが不安な方は、ここで少ししゃべっておくと、入りやすくなるかもしれません。

 

オンラインにするメリット

オンラインならではのメリットがあります。
たとえばピアノの演奏を生中継で発表したいとか、大掛かりな絵画道具を使いたいとか、家から本交流会に持ち込めない道具を使って作品を発表することもできます。
そこはアイデアしたいですので、工夫して楽しくしていきましょう。

 

通話について

基本的には映像のない音声通話を想定しています。でも声で話すのが恥ずかしいとか嫌という場合、チャットのみでも全然かまいません。
スカイプはウェブカメラで映像をリアルタイムで映すことができますが、ビデオはインターネット回線への負担が大きいため、使わない予定です。
会議通話というものですが、何人かの人と同時に電話しているような感じです。

 

必要となるインターネット回線速度

ご自分のインターネット回線の速度があまりに遅い場合、一言おっしゃってください。負担を減らすように努力します。
回線への負担は参加人数が多いほど大きくなります。「回線速度」「測定」などで出てきたサイトで速度を測ってみて、ここで出てきた数字が100kbps以下であればキツいかもしれません。

 

どんな感じになるの?

これを聞いてみてください。ためしにヴァレーとメルサイアがスカイプでしゃべってみたものです(地理的には120kmくらい離れています)

 

参加のしかた

あなたのスカイプのIDかお名前を私ヴァレーに教えてください。連絡先は

 

skype個人名 ヴァレー
skype個人ID valleysan
メール sosumeikyu@sosumeikyu.net
LINE ID valleysan
twitter @sosumeikyu

 

のどれかにお願いします。そこから交流会のグループに招待状を送るので、そこから入ってください。
初参加歓迎いたします。興味ある方、連絡ください。

 

とにかく機械が苦手でわけわからない!

という方は、スマホでスカイプをインストールし、メールアドレスなど入れてアカウントを作り、後はスカイプを起動して机の上にでも置いて普通にしゃべるとそれで通話できます。関西創作交流会に出るには、あなたのスカイプの名前を教えてください。

 

準備(スカイプについて)

スカイプの使い方をご存知の方は、以下は読む必要はありません。
またスカイプを使ったことがなく、設定などどうしたらいいかわからない、パソコンの設定とか苦手という方は
とりあえずスマホでスカイプを使うほうが簡単
です。パソコンは音質をよくできますが、設定が難しいです。

 

スカイプとは?

スカイプはマイクロソフト製品のアプリケーションで、これを使うとパソコンやスマートフォンでビデオチャット(テレビ電話)ができます。
ビデオチャットは必ずしも映像を映す必要はなく、音声だけで電話のように話すこともできます。
ビデオチャットだけでなく、ただのチャット(文章のやり取りのみ)やファイルのアップロード、ダウンロードもできます。パソコンであれば画面の共有もできます。

 

スカイプのインストール

パソコンの場合「スカイプ」「skype」でグーグル検索すればだいたいトップに出てきますので、ソフトをインストールしてください。
スマートフォンの場合、アプリのストアで検索すれば出てきます。そのまま指示に従ってインストールしてください。
※スカイプを始めるにはアカウントの設定が必要です。メールアドレスの登録など必要です。

 

動画を見ると分かりやすいかもしれません。
パソコンでスカイプを導入
https://www.youtube.com/watch?v=Oz7RADW09gI
スマホでスカイプを導入
https://www.youtube.com/watch?v=elBLSWjZxOw

 

スマートフォンでスカイプを使う場合の準備

スマートフォンでスカイプをインストールしたら、そのまま使えます。音声は通話と同じ場所でできますので、細かい設定をする必要はありません。
音声通話はそこそこデータ量を必要としますので、できればWIFI環境を作っておいてください。ただ最近のスカイプは技術が向上しており、音声通話しててもあまりデータ通信量を必要としないようになっているようです。WIFIが絶対に必要というわけではなさそうですが、できればあったほうがいいでしょう。
また電話の要領で長時間通話し続けるのは疲れます。机の上にでも置いてしゃべったほうがいいでしょう。さらに音質をよくしようとした場合、スマホ用のヘッドセットマイクを使うと便利です。こちらもamazonで1500円程度で買えます。

※WIFI

ワイファイと読みます。家庭用のインターネット回線を引くと、そのLANケーブルを直接パソコンに差し込むとインターネットができるようになります。しかしそれを「WIFIルーター」という装置(amazonで3000円以内で買えます)にいったん差し込むと、そこからさらに何本もLANケーブルを引いて多数のパソコンにLANケーブルを差しこめます。多数のパソコンで同時にネットが使えるようになります。
さらにWIFIルーターには無線装置も付いています(WIFIとはもともと無線の規格のことです)ので、この状態でスマホのWIFIをONにし、WIFIルーターについているパスワードをスマホに入れると、スマホでインターネットが使えるようになります。
スマホでWIFIを使うと、何もしない状態よりもはるかに回線速度が速く、さらにスマホでよくある通信量の制限がありません。つまりWIFIを使うことで、動画などの大量のデータ通信量を必要とするものでもストレスなく見ることができ、さらにデータをいくら使ってもデータ制限に引っかかりません。

 

※スマホ用ヘッドセットマイク

スマホ用のヘッドセットマイクがあります。最近のものはBlueTooth(ブルートゥース)という無線規格のものが多く、スマホもBlueToothに対応しているものが多いです。
スマホがBlueToothに対応している場合、ヘッドセットマイクのBlueToothスイッチをオンにし、同時にスマホのBlueToothもオンにすると、(パスワードが必要になるかもしれません)それだけでイヤホンとマイクとして使えるようになります。無線で音声を通信している状態になります。

 

パソコンでスカイプを使う場合の準備

スマホには最初から通話部分のマイクがありますが、パソコンにはそれがありません。音声通話するならマイクが別途必要です。ただし音声通話せず、チャットだけでやる場合はマイクもいりません。
マイクを買う場合、amazonなどで「パソコン用マイク」で検索してみてください。500円程度のマイクでも十分です。
マイクには入力する端子がそれぞれあり、マイク入力端子に接続できるものとUSB端子に接続できるものがあります。たいていのパソコンにはその入力端子がありますので、そこに差します。
パソコンによってはたくさんの端子があるかもしれません。「マイク入力」あるいは「ライン入力」の端子に入れてください。どこにあるかわからない場合、Windowsのタスクバーにある「録音デバイス」あるいは「サウンドコントロール」など(パソコンのOSによって異なるかもしれません)で、録音デバイスでその入力がオンになっているかどうか確かめます。なっていなければオンにします。
さらにスカイプ上の設定を調整して、マイクの音声がスカイプ上で使えるようにする必要があります。オーディオの設定項目で、音声入寮と出力の設定を、いま音が出ている所に設定します。
設定がわからなくて困っている方は、とりあえずスカイプをインストールしてヴァレーに連絡ください。スカイプ上のチャットで設定のしかたを説明します。また音声を聞くためにはパソコンの音をスピーカーで音声を出せるようにする必要があります。

 

雑音を減らすには?

スカイプをやっていると音声がとぎれとぎれになったり、声が聞こえなくなることがあります。

スカイプをしながら動画サイトを見ている場合

インターネットのデータ通信量が多いとスカイプ音声に使われるデータ量が減ってしまい、雑音になったりします。
スカイプの音質が悪い場合、別のデータ通信をなくすときれいになります。動画サイトはデータ通信量が非常に多いため、雑音が入りやすいです。

部屋の別の音が入ってしまう場合

スカイプ用のマイクがあなたの声以外の別の音を拾ってしまうことがあります。
ヘッドホン型のマイクは口のすぐ前にマイクが来るようになっています。マイクと口の距離が近いと別の音を拾いにくくなり、音質が上がります。