第3回・関西創作交流会

第4回・関西創作交流会レポート

 

日時 2017年11月25日(土)
場所 京都北文化会館
参加費用 500円
参加人数 4人

 

場所は京都北文化会館といい、北大路ビブレの中にあります。北大路ビブレはこのあたりではよく知られています。
今回はメルサイアさんが風邪でお休みだったので、ヴァレー、中さん、mk-2さん、うっちー2号さんの4人で行いました。

 

うっちー2号さんは絵を描かれるのですが「マジックで手の動きのままに描く」という即興型のスタイルで、興味深くその描画を見せていただきました。

 

絵を描くとき、「指の動きで記憶する」という概念があります。
絵は目で見るものですが、描画に慣れると指の動きである程度描けるようになります。
この、視覚と指の動きの感覚と、2つをどれくらい混ぜて描くか、ということですね。人によって違うと思います。

 

音楽でも似たようなことがあり、即興演奏ではすべてが聴覚イメージに従って作れるものではなく、ある程度は手の動きに任せるところがあります。
即興を嫌う派の人もおり、いわゆる五線譜に音符を描いていくスタイルの人もいます。人によって得意なやり方があります。

 

私は断然、指の動きに頼らない派で、絵を描くときは計算して完璧な外郭を取ってから描きますし、作曲するときはできるだけ楽器を使わず、紙の上で済ませるようにします。

 

それで異なるスタイルの人の作業は、いつも気になるものです。
どんなふうにしてどんなものができあがるのか、「即興型の人にしかできない作品はどんなものか」など。
即興型でない、計算型の人の特徴は自分がよく知っているので、そうでない人の作り方が気になるわけです。

 

絵画でいう「タッチ」というような特徴は、指の動きに頼るところが多いように思います。
反対に、3DCGのような作品ではタッチというものが存在しないため、非即興型の人に向いているかもしれません。

 

あと即興型は作品の制作速度が速いです。これは特に有利な特徴ですね。

 

謎の絵を見せられて、「これが何に見えるか」という質問がありました。
私はサイかワニのような絵に見えたのですが、人によって解釈が異なるようでした。

 

さて、いつものようにラジオでレポートも作りました。

 

第4回レポートラジオ

 

最初は自己紹介をして、そのまま各自自由に雑談して1時間くらい消費。
その後、当交流会で使用するためのチラシを皆で作っていました。
いろいろなアイデアを絵にして意見交換をするという、このサークルでは珍しくまとまった作業をしておりました。
その後はラジオをとって、で終わりました。

 

今回はほとんどおしゃべりだけで終わりましたね。それくらい話すことがたくさんあったということですが。
あとの内容はラジオの中でどうぞ。

関連ページ

定期交流会
定期的に交流会(オフ会)をしています。次回交流会の情報です。
告知サイト
イベントを告知させていただいているサイトの紹介です。
この交流会について
関西創作交流会は、「創作仲間を作ること」「作品を発表して反応が得られる場を作ること」を重要な目標としている社会人サークルです。
お問い合わせ
交換お絵かき
3分漫画回し
3行ストーリー回し
リクエストキャラクター作り
交換絵日記
第1回目・関西創作交流会
第2回目・関西創作交流会
ファミレス会(2017年9月23日)
第3回・関西創作交流会
関西創作交流会・自由に作業回
歌わなくていいカラオケ会(2017年12月30日
第5回・関西創作交流会
作業会(2018年2月24日)
記事

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作交流会