このサイトの目的は勉強する習慣を身に着けること

自力で勉強できるようになるのが目的

自力で勉強できるようになる、のが目的です。そのための情報を詰め込んでいます。

 

このサイトの大半は、勉強する習慣をつけることを目的にしています。
特に高校・大学受験や、社会人の資格試験の勉強に向けて作ってあります。
教員採用試験や公務員試験などにも役に立つでしょう。

 

現在のあなたの学力は関係ありません。
たとえあなたがテストで毎回0点ばかり取るような人でも、100点ばかり取るような人でも、関係ありません。
今より少しでも学力を上げたい、という人に向けて書いてあります。

 

以下の人にはこのサイトは大いに参考になります。

 

  • 勉強のやる気が出なくて困っている
  • 勉強しなければならないと分かっているのに遊んでしまう
  • 机に向かってもすぐに疲れて別のことをしてしまう
  • 宿題が山積みになって途方に暮れている
  • 勉強しなければならないのに、ゲームやラインばかりして時間をつぶしてしまう
  • いい高校・大学に行きたいのに、勉強量が追い付かない
  • 仕事でどうしても取らなければならない資格があるが、勉強する習慣がなくてやる気が起きない

 

などなど。

 

逆に、次のような方は読んでもあまり意味がありません。

 

  • 勉強する習慣はついているが、どの問題集をやればいいかわからない
  • 予備校の講習を受けたいが、どの予備校の講習がいいのか迷っている

 

ここは主に「どのように勉強する習慣をつけるか」を教えているもので、「何を」するかについてはあまり触れていません。
どの問題集がいいとか、どの教材がいいとか、どの先生がいいとか、そういう問題は予備校や資格学校の講師や、学校の先生が一番よく知っておられます。

 

ただし問題集とか教材とかにも、一切触れない、というわけにもいきません。
なぜなら、やる気を出すためには明確でわかりやすい目標が必要だからです。

 

問題集の内容には触れませんが、問題集を取り出してきて、「明日までにこれをやる」というような計画は重要になります。

 

 

気合と根性が重要か?

よく学校の先生や塾の先生が「お前は気合が足りない」「危機感が足りない」だから勉強できないのだということはありませんか?

 

気合や根性が足りない、やる気が足りない?

 

そもそも「やる気」ってなんなのでしょうか?
勉強しないと将来大変なことになる、という危機感?
「勉強したい!」「勉強しよう!」という、心の中の「衝動」の強さが足りないのでしょうか?
勉強のできる子は、その衝動の強さや危機感が強いから勉強ができるのでしょうか?

 

それは多分違います。

 

確かに気合いやら根性やらも、ないよりはあったほうがいいのですが、これらだけでは不十分なこともあり、しかも根性や気合がないからといって勉強ができない、ということもないのです。

 

「やる気」や「危機感」があっても勉強が手に着かないことが非常に多くあります。
というより、手に着かないことがほとんどでしょう。

 

しかし実は、やる気や危機感がなくても勉強ができる人がたくさんいます。
やる気がなくて、当然勉強のできない人もたくさんいます。

 

いったいどういうことでしょうか?

 

人間の心や行動というのはとても複雑にできています。
それについて詳しく知っていればいるほど、自分の行動をコントロールできるようになっていくでしょう。

 

 

勉強の効率を上げるのは勉強する習慣がついてから考える

ここでは勉強の効率を上げることも目的にしています。
特に「記憶」に関しては、かなり詳しく取り上げています。

 

このようにいうと「記憶術」のようなものを思い浮かべられるかもしれません。
確かに記憶術というのも世の中にはあり、それが効果を発揮する場合もあります。

 

しかしその前に、まずは勉強する習慣をつけることに全力を注いでください。

 

理由は簡単で、どんなに効率のいい勉強法を身に着けても、実際に机に向かって勉強しなければ意味がないからです。
勉強する習慣が全くないのに、効率を2倍にする勉強法を身に着けても、結局やらずに終わってしまいます。

 

また効率のいい勉強法というのは、効率を上げる代わりに問題が出ることも多いのです。
たとえば英単語を暗記するときに記憶術が使えるのですが、これらを思い出すのには少々時間がかかる場合があります。
記憶術を使って覚えた項目は、思い出すときに時間がかかるのです。

 

受験の英語の問題では「単語テスト」のようなものはほとんどありません。
大半は長文などの読解問題が多く、長文読解では1つの単語の意味を思い出すのに時間をかけていられません。
単語を見たらすぐに意味が分からないとだめなのです。

 

このような都合で、記憶術でとりあえず単語を覚えても、長文で思い出す時間がないために意味がない、というようなことがよくあります。

 

 

効率だけ追求してもうまくいかない

このサイトでは勉強の効率を上げる方法についても詳しく述べていきますが、そこだけ読んで実践する、ということはしないでください。
あくまでそれらは勉強する習慣が身に着いた上で考えることです。

 

時間をかけて地道に勉強をすることこそ、最も学力を上げる秘訣だということです。
安易に効率だけを追い求めないようにしてください。効率だけ上げようとして、かえって成績が落ちることがあります。

 

まず第一に、勉強する習慣を身に着けることが重要です。

 

お知らせ

2017/7/29(土)「関西創作系オフ会」を開催いたします。ご参加お待ちしています。

関連ページ

1章のまとめ
受験や資格試験で成績を上げるためには勉強する習慣をつけなければなりません。毎日勉強できるようになるのがこのサイトの目的です。
勉強時間を増やすには?
ここは勉強の習慣を身に着けるためのサイトです。成績を上げるためには家での勉強時間を増やさなければなりません。
習慣を身に着けるためのサイト
ここは勉強だけでなく、習慣を身に着けるためのサイトです。たばこやダイエット、アルコールなどの中毒の治療にも役に立ちます。
ベースは心理療法
予備校、塾、学校では勉強の習慣の身に着け方は教えてくれません。ここではそれを皆さんに教えていきます。そのベースとなる技術は心理療法です。
心理学の中の専門分野
心理療法の技術はそれぞれ個人に合った最適な方法を探っていきます。「この方法をやれば誰でもできるようになる!」というような方法は存在しません。
読むだけでなく実行することが絶対に必要
このサイトを読んでも行動して勉強できなければ意味がありません。読んで満足してもあなたの勉強時間が増えなければ、その時間は無駄だったということです。
習慣を身に着けるという能力を身に着ける
習慣を身に着けることが一つの能力なので、これ自体の能力を身に着けるのに少し時間がかかります。しかし習慣は人生の質を決めるほど重要です。
市販の勉強本は効果がありますか?
書店で売られている勉強本の類、「勉強できるようになる本」などは、はっきりいって効果がないので読む必要はありません。時間の無駄です。

トップページ サイトマップ サイト内検索 管理人プロフィール 関西創作系オフ会